お金を稼ぐ仕事をしたい人の探し方と見つけ方のコツ

お金を稼ぐ仕事をしたい人が知るべき働き方を副業~起業体験談でご紹介

お金を稼ぐ仕事に興味を持ち、探し方見つけ方を知る為にこのページをご覧いただきありがとうございます。

サイト管理人 錦織大輝と申します。

私が会社員を過ごしながら、副業さらに起業という経路を見つけ出した体験談を元に、この記事では、

お金を稼ぐ仕事をしたい人の探し方と見つけ方のコツ1.給料の見分け方

お金を稼ぐ仕事をしたい人の探し方と見つけ方のコツ2.生存率

お金を稼ぐ仕事をしたい人の探し方と見つけ方のコツ3.私の選んだ道

以上の内容からご紹介していこうと思います。

是非じっくり自分の仕事とする上での働き方を根底から考える際の資料として参考にして下さい。

お金を稼ぐ仕事をしたい人の探し方と見つけ方のコツ1.給料の見分け方

お金を稼ぐ仕事の探し方と見つけ方

私が過去の会社員時代に職場を変える時、常に意識すべきと上司に教わったお金を稼ぐ仕事の探し方や見つけ方をご紹介していこうと思います。

お金を稼ぐ仕事の条件で給料を見分けるコツ1.時給

お金を稼ぐ仕事を探す際には、

過去にアルバイトを探す感覚を常に会社に務める際にも活かすべき

このように私の先輩は常々言っていました。

その根拠を例をあげるなら、

給料が月給25万円の記載のある会社でも、残業をしなくて済む会社の月収25万円と残業前提の仕事の月給25万円の価値

この違いを常に意識すべきであるということでした。

実際に、

私が働いていた会社でも、

・残業代は、深夜勤務時間にしかつかない会社

・残業代は、即時高い時給計算で出ている会社

・年俸制で、残業代は計算されていない会社

等実に働く際の月給ベースで見る条件だけではかなり不利な条件の会社も多数ありました。

ですから、

お金を稼ぐ仕事を探すには、月給や年俸も大切ですが、特に意識して欲しいのは、時給で最後には自分の働き型を考える

このポイントをしっかりおさえておいて欲しいと思います。

お金を稼ぐ仕事の条件で給料を見分けるコツ2.年収と退職金

お金を稼ぐ仕事を探す給料の条件として、未来を考えておくことも重要な要素。

例えば、

年収300万円台の会社勤務でも、最後には退職金が数百万円出る会社

年収500万円台の会社勤務でも、最後には退職金がゼロの会社

最後に退職した際の給料の総支給額はどちらが高くなるのか?

お金を稼ぐ仕事を探すなら、最後をしっかり見極める事も人生を生きる計画には非常に重要になるのです。

最後には、働く時間を時給に換算した時の効率性を考える。

こうすることで、給料からの選び方や探し方は現実性を増します。

ぜひ、あなたの仕事探しのポイントに入れてみてください。

では続いて、生存率についてご紹介していきます。

 

お金を稼ぐ仕事をしたい人の探し方と見つけ方のコツ2.生存率

お金を稼ぐ仕事の探し方見極め方を生存率で考える

お金を稼ぐ仕事を探す際には、給料を見分けた次に見極めるのは、生存率。

生存率と言うのは、幾つかのポイントが有ります。

お金を稼ぐ仕事を生存率で考えるコツ1.軍資金

まず最初に見極めておくべきは、起業の生存率に関わる部分で最も簡単に表記から見分けるコツとして、資本金があります。

資本金は、職安等の情報とネットなどでの情報と異なることも有ります。(更新等の問題から)

ですから、

資本金が安定している企業を必ず探しだすことも重要な要素となります。

資本金が安定している事が、

不景気による影響を受けた時の倒産リスク

人員削減か、ボーナス査定の影響か?給料への影響力

早熟した展開による新規店舗等の閉店リスク

こうした誰でも考えておくべき未来への影響力として選び方を知っておくべきなのです。

私は、必ず収支報告などがある会社の場合は成長率なども含めて調べました。

企業の業績が出せる会社と言うのは、それだけで信頼度も増しますから。

こうしたポイントは、些細ですが、自分が席をおいてからの将来像への参考にしなければいけないデータだと私は会社員を過ごし痛感しました。

お金を稼ぐ仕事を生存率で考えるコツ2.借金

事業展開が早く、早熟した会社では、表面的な成長率は高い場合もあります。

しかし、

事業展開を早めるきっかけに借金を重ねている会社も決して少なく有りません。

その場合は、

早熟であるために、人件費への還元の可能性は低くなることもあり得ます。

儲かっていると思うのに、自分たち(人件費)に反映してくれない

こうした会社では、お金を稼ぐという言葉に、時給が見合わない可能性が高まります。

業種ではなく、企業で見ていきましょう。

実際、最後に自分の将来への預貯金を管理出来る自分であるために働き方を考える最後は、時給です。

借金のある会社で、高い時給を望むのは難しい

という視点をどこかに持ちあわせておくことが仕事を選ぶポイントだといえます。

お金を稼ぐ仕事を生存率で考えるコツ3.業界の成長率

お金を稼ぐ仕事を生存率で考える最後は、業界における成長率です。

「業界全体が沈みかけている中で、一人勝ちをしている企業なら、安全なはず。」

この考え方はもう古いとも言えます。

その根拠は?

大手企業に最後には買収されて継続をする事になっている企業も増えているから。

業界全体が成長していない企業では、一人勝ちの企業でも最後には需要の現象に耐えられない状況になります。

ですから、

資本金や軍資金を含めて、借金のバランスも含めて探しながら、最後には、業界全体を見渡す。

このタイミングでみることが、自分の働き方を決める上では、慎重に失敗後悔しない結果を作るコツだと思います。

こうした仕事を探す際には、どうしても会社そのものの安定性を精査しておく事が伝わったかと思います。

しかし、

もう私はこの将来性を会社員として会社に委ねる生活に恐怖を感じるようになりました。

そこで私がとった行動をご紹介していきます。

 

お金を稼ぐ仕事をしたい人の探し方と見つけ方のコツ3.私の選んだ道

お金を稼ぐ仕事の選び方30代の体験記

お金を稼ぐ目的を前提に仕事を選ぶなかで、30代半ばになった時、私がとった行動についてご紹介していきます。

お金を稼ぐ仕事は独立が良いと思えた背景

私自身も20代では、会社員という場所が安全であり、一生を過ごす社会生活の場所だと思っていた一人。

しかし、

私自身の身内や近い知り合いには、多数の独立起業家が増えてきた中で、彼らを見てふと思ったんです。

自営業や独立なんてそんなに簡単ではないはず

危ない橋をわたるのが好きなんだろうな!

でも、

私がこの意見を変えようと思えたきっかけが30代に訪れます。

調べて解った会社員と自営業者や独立起業家の誤解で目が冷めました。

私が考えていたのは、以下の違いでした。

会社員である事から守られると思った未来 自営業者が損をすると思った事
社会保険加入 国保であること
ボーナスがあること 収益次第であること
厚生年金であること 国民年金であること

この3つの違いから、将来には、どちらにしても国民年金や国保の苦労が増えると思っていました。

しかし、

現代は、会社員の稼ぐための頼みの綱だったボーナスが崩壊してる会社が増えてきた現実

この時、

軌道に乗り始めた自営業は完全に勝ち組との差を広げる事になり始めている事を教えられたんです。

もう一つ、退職金制度の廃止をしている企業の増加

老後を不安に持つ現代の会社員世代をさらに将来に苦しめる課題に対しても、起業家たちは準備を進めています。

結果的に、生涯年収を稼ぎ、将来の安定を作りやすいのは、会社員より自営業者。

こうしたボーダーラインが存在する事を知ったんです。

お金を稼ぐ仕事として独立できる仕事とは?

私が実際に、30代という年齢的にも今後の将来を考えなければいけない世代になって巡り会えたのが、在宅ワーク。

年収は、500万円以上を目指すことが簡単な仕事なのです。

この仕事を私は、最初は、副業から開始しました。

しかし、

開始からわずか1年も絶たない間に、月収は30万以上になってきました。

ボーナス分があれば、年収500万円という軌道に乗れたところで、起業しました。

正直、

何も難しい設備を用意したことも有りません。

在庫も有りません。

フランチャイズ契約なども有りません。

手持ちのパソコン1台のみでこんな稼ぎを得られてしまったのです。

私が今見てる景色では、正直会社員が可哀想になることもしばしば有ります。

あなたがもし、

働き方を迷い、仕事を点々として、結果何をすれば良いのかわからない。

こんな状況であるなら、ぜひ私と同じビジネスをしてみませんか?

もし興味があれば、お気軽にメール相談でご連絡下さい。

きっとあなたに新しい生き方をご紹介できると思います。

生き残りをかける戦いより、自分らしく生きる人生設計。

お金を稼ぐ仕事をこんな言葉で紹介できる仕事だと私は今のビジネスに感謝しています。

ぜひあなたの働き方の情報源として参考にして下さい。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

この記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

当サイト人気コンテンツ

人生やり直したいがアフィリエイトのきっかけNo1ワードプレス記事内画像挿入方法物販アフィリエイトとはトレンドアフィリエイトアクセスアップアフィリエイトコンサルの全貌

コメントを残す

サブコンテンツ

応援ありがとうございます。

Facebookページ

最近のツイート

このページの先頭へ

FX ブログ