キーワードプランナー仕様変更|月間検索件数が表示されない!

キーワードプランナーが使えない?2016年9月から表示方式が変わった!

キーワードプランナー仕様変更について、この記事をご覧いただきありがとうございます。

キーワードプランナー仕様変更を気にしている方の中でも、アフィリエイト実践中の方は以下のような内容に困っています。

・キーワードプランナーが使えない!

・キーワードプランナーの月間検索件数表記が全く違う!

・キーワードプランナーの使い方が分からない!

アフィリエイトを実践している方にとっては、致命傷になっている方もいらっしゃいます。

私のサイトは、アフィリエイトを2015.2016と実践した中で、アドセンス,物販アフィリの実践方法やコンサルについてご紹介してます。

サイト管理人錦織大輝と申します。

キーワードプランナー仕様変更について、私自身も2016年9月9日に気づいたことを画像付きで以下の内容にご紹介していきます。

キーワードプランナー仕様変更|使えないとはどういうこと?

キーワードプランナーが使えない?使うために必要なこと

アドセンス審査やキーワードプランナーが使えない事で気付くべき事

私は、アフィリエイトをこれからも実践していく中で少しでも実践者のヘルプになる情報もご紹介できたらと思います。

キーワードプランナー仕様変更|使えないとはどういうこと?

キーワードプランナー仕様変更

キーワードプランナーの仕様変更って何が起こった?

アフィリエイト実践者にも多大な影響をもたらすキーワードプランナーのありがたい機能。

しかし、仕様変更は、まさに致命的とも思えるような変更がありました。

キーワードプランナー仕様変更|2016年9月急変事情

キーワードプランナー仕様変更になった2016年9月の急変事情は、以下の内容になります。

  仕様変更前 仕様変更後
キーワードプランナー使用権利 誰でも自由 広告主専用
キーワードプランナー使用画面 月間検索件数が明確化 曖昧な概算
アドワーズ用URL 必要なし 必要あり

常にだれでも使える仕様だったキーワードプランナーは、アドワーズ機能だった事から、広告主専用機能となりました。

2016年はアドセンス審査も8月でさらに激変したアドワーズ機能。

広告主の利益貢献をするというのが、アドワーズ。

当然アドワーズの機能の1つであるのだから、広告主になって使ってください。

仕様変更という言葉では、意外性を感じられる方も多いと思いますが、当然の変更ともいえるのです。

では、どうやったら使えるようになるのか?についてご紹介していきます。

 

キーワードプランナーが使えない?使うために必要なこと

キーワードプランナーが使えない方の正しい使い方

キーワードプランナーが使えないままにならないために必要な使い方をご紹介していきます。

キーワードプランナーが使えない問題の解決法1.広告用URL

まずは、広告用URLを準備する必要があります。

1.ペラページでも可能。

2.自分の広告URLを持つ事でキーワードも選ぶ作業を行う。

3.実際に費用を支払う設定等も行う。

こうした作業を行うことで、実際に広告主として活動したことにより、キーワードプランナーを使える環境にしていきます。

キーワードプランナーの使い方2016年以降は料金発生?

「広告を出す」という言葉を聞くと、費用が掛かるなら、いやだ!

アフィリエイト実践者でまだ初心者や稼げない人にとっては、成功前の投資は避けたくなるもの。

しかし、安心してください。

アドワーズ広告というのは、以下の特徴があります。

・広告を設定しても、オンオフを選ぶことで実際に費用が発生する事は避けられる。

➣あくまでも広告投稿を行っている広告主が使うという最低条件であるという認識。

多くのアフィリエイト実践者が費用発生に驚き、戸惑い実際に使うことすらあきらめる方も多いと思います。

しかし、このチャンスを活かすことでさらに、稼げる可能性が高まりますので、しっかり取り組んでいきましょう。

キーワードプランナーの使い方だけではなく、広告主だからこそ気付ける!

より一層、アドワーズという審査対象を知る機会にもつながるのです。

URL準備をしていく中で、アドセンス狩り対策のヒントも手にいれることができるのです。

・意外とアドセンス審査ばかり気にしていた生活とは違う広告主の苦労を知る。

・アドセンスを通じて、どうやったらいい広告主に関連記事として提供できるのかを知るきっかけになる。

➣ただキーワードを選んでいただけでなく、広告主にこたえるサイトの作り方が見えてくる。

実際に、無駄な作業は1つもありませんので、実践から学ぶことをお勧めします。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

今後も、アドセンスについては、仕様変更や審査条件変更はまだまだ続く予想がされます。

では最後に、アドセンス審査やキーワードプランナー仕様変更で、気付いてほしいことをご紹介していきます。

 

アドセンス審査やキーワードプランナーが使えない事で気付くべき事

キーワードプランナー仕様変更で気づくべき視点

キーワードプランナー仕様変更やアドセンス審査の2016年8月以降の変更。

目まぐるしい変更条件に、あきらめようと思っているというコンサル生からの問い合わせも最近急増しています。

アドセンス審査に4度落ちたけどあきらめられない!30代のコンサル生の悩み

実際に2016年9月に私のコンサルを希望された方の中には、こんな相談内容もありました。

アドセンス審査コンサル相談者の声

・アドセンス審査に4回落ちた!

・あきらめたくない!

・コンサルを受けたい!

非常にシンプルなお問合せでしたが、熱意や情熱がひしひしと伝わってきました。

実際に、スカイプ音声をして、意気投合を感じた私。

早速アドセンス審査についてのコンサルを始めていますが、非常に素晴らしい作業報告とリズムでやりがいを感じさせてくれます。

2016年はアフィリエイトにおける仕様変更から、どんどんライバルが減る可能性があります。

初心者があきらめるアフィリエイト。

言葉としては、ビッグチャンスの年であるとも言えます。

2016年9月に書いてるこの記事で、12月というイベントラッシュのキーワードプランナー仕様変更。

広告主を救うためにも、ユーザーへの価値ある情報提供のためにも、さらに、広告主として活動するという限定性。

キーワードプランナーが使えないのではなく、正しい使い手を選ぶようになった。

仕様変更の趣旨を正しく知って、使い方をしっかり知っておくことでさらに収益化は上がります。

今後もアフィリエイトを実践して、どんどん稼ぐだけでなく、人生を楽しみたいと思います。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

当サイト人気コンテンツ

人生やり直したいがアフィリエイトのきっかけNo1ワードプレス記事内画像挿入方法物販アフィリエイトとはトレンドアフィリエイトアクセスアップアフィリエイトコンサルの全貌

コメントを残す

サブコンテンツ

応援ありがとうございます。

Facebookページ

最近のツイート

このページの先頭へ

FX ブログ