会社員副業をアルバイトとネットで稼ぐ在宅ワーク比較体験記

会社員会社員副業アルバイトより儲かる方法を差額比較

会社員会社員副業でアルバイトしようか考えてる

会社員会社員副業でアルバイトをしているが稼げない

こんな悩みや現状への不安を抱えてる方へ私自身の体験談を通じて、

会社員会社員副業でアルバイトをしても儲からないと思った現実

会社員会社員副業でアルバイトと在宅ワークを比較するコツ

会社員会社員副業でアルバイトより儲かる在宅ワーク体験談を紹介

以上の項目でご紹介していこうと思いますので、ぜひ会社員副業をアルバイトで考えている方は参考にして下さい。

会社員副業でアルバイトをしても儲からないと思った現実

副業のアルバイトが儲からない根拠体験談

アルバイトという仕事の背景には、儲からないと言える根拠が支払い時の対応等を含めて多数あります。

会社員副業でアルバイトは儲からない根拠1.税金

特に、日払い制のアルバイトに多いのですが、この時に引かれている所得税と言うのは、実は月収時より多く引かれています。

これは、税務上のケインサン式で正しいのです。

しかし、

このせいで、日雇いバイトなどは更に収入額を減らされているのが現実。

儲からない根拠1は、こうした税金の仕組みを理由として、稼げない形になっているのです。

会社員副業でアルバイトは儲からない根拠2.ムラが多い

会社員副業をアルバイトで行う事の中で特に、多いのがこの収入のばらつき。

私自身が2度人生でダブルワークとして、アルバイトを行いました。

しかし、

いずれのバイトもムラが大きく結果的に続ける価値がどうしても薄くなります。

よって、

しっかり定期的な収入を確保するというのは、アルバイトには難しいため、儲からないという位置づけに結論つきました

会社員副業でアルバイトは儲からない根拠3.何の経費も無いバイトは少ない

会社員副業でアルバイトをするなら、少しでも自分のお金になる事を増やすのも重要なポイント。

しかし、

週1日でも可能なアルバイトでは、

・アパレル

・飲食店

などが代表的ですが、こうしたバイトでは、働いた分をそのまま貰える機会は非常に少ないのも難点

具体的には、

アパレルなら、自社商品を社割有りとは言え購入する必要がある

飲食店なら、まかないと言いながら、食事代を支払う必要がある

こうした事を繰り返していては、実質的に自分の稼げる金額はいつまでたっても、満額もらえません

こうした3つの要素から、会社員副業で行うアルバイトは儲からないと心から思えました。

続いて、会社員副業でお金を稼ぐという事を考えるなら私は、在宅ワークをオススメしたいと思う一人。

その根拠をご紹介していきます。

 

会社員副業でアルバイトと在宅ワークを比較するコツ

副業アルバイトと在宅ワークを比較

会社員副業を探している方に、アルバイトという探し方にこだわらず、まずは在宅ワークを含めて比較するコツをご紹介していきます。

会社員副業のアルバイトと在宅ワーク比較ポイント1.1ヶ月のトータル稼働時間

在宅ワークとアルバイトを比較する上で大切なポイントは、移動時間を含めたトータル時間を稼働時間として、在宅ワークの収入と比較すること。

何故か?

アルバイトというのは、職場に移動する時間を含めて拘束時間といえます。

在宅ワークは、そもそも移動時間が有りません

よって、

最後に月収として考える時の基準には、そのトータル時間で比較する必要があるのです。

会社員副業のアルバイトと在宅ワーク比較ポイント2.継続しやすい可能性

アルバイトにしても在宅ワークにしても、会社員副業を要する環境にあることを考えると、続けていけるかを考える事も重要。

アルバイトの場合は、

・店舗が閉店になる可能性

・人員削減の可能性

・体力的な問題

・昇給システムの少ない会社が多い現状

などが課題になります。

対して、在宅ワークの場合は、

・慣れていくことでこなせる数と質が上昇

・依頼主から指名で依頼される可能性

・特別価格による報酬アップの可能性

・仕事は自分の体力で調整可能

このようにアルバイトに比較した際の自分の環境次第による調整と実績からの収入アップも可能となります。

どちらがより継続しやすいのかをよく考えてから、取り組みましょう。

会社員副業のアルバイトと在宅ワーク比較ポイント3.将来への可能性

あなたが会社員副業という言葉を意識している時点で、本業を抱える状況での仕事探し。

であるなら、将来へのリスク回避的要素を考える必要もあると思います。

具体的にはアルバイトなら、

・辞める人が増えたせいで、入って欲しい日数の増加

この点が一番心配要素。

続けたいと思っても、今の自分にできる範囲で働きたいのが会社員副業。

しかし、

企業は、アルバイトを雇うというのは、より自分たちが望む人材確保が優先。

よって、

自分の本業が忙しくなるに連れて、できなくなる機会が増えれば増える分、解雇の可能性も考えなければいけなくなります。

対して在宅ワークは、

・もともとが、やれる人に依頼される仕事である

・もし自分が仕事をしなくても解雇の可能性は無い

・自分のスキルを付ければ、独立して、事業立ち上げも可能

このような将来設計をしていく上でのリスクも考慮の上で、在宅ワークとアルバイトどちらを会社員副業で選択するのか?を大きく差別化して考える必要があるのです。

では最後に、私自身が、アルバイトも経験した結果で、会社員副業の在宅ワークも行い、結論に至った儲かるホウホウをご紹介していこうと思います。

 

会社員副業でアルバイトより儲かる在宅ワーク体験談を紹介

私も会社員でサラリーマン生活をしながら、生活費のためにアルバイトをした経験を持つ一人。

その私が、在宅ワークに切り替えてから、あっという間に、会社員副業から起業までたどり着いてしまった仕事をご紹介していきます。

会社員副業でアルバイトより稼げた在宅ワーク1.ネットで稼ぐ

会社員副業で開始している時点で、持てる知識の範囲内で出来る時間の範囲で行う。

このような厳しい条件下の中で探さなければいけない仕事。

ですが、

この心配を全く不要に出来る仕事がネットの中には存在します。

それが、

ネッで稼ぐアフィリエイトという世界。

アフィリエイトとは?

をご覧いただければ、いかに簡単で、こんなことで稼げるんだ!

という感覚を持っていただけると思います。

私は、正直人に使われる事も使うこともあまり好きではない性格。

でも、

ネットビジネスは、その両方を贅沢な願いとせずに叶えてくれました。

きっとあなたにも自由で簡単に稼げる会社員副業として可能性を感じて貰えると思います。

是非一度同じステージの生活にたどり着ける方法をしる機会として御覧ください。

それではあなたが素敵な人生を過ごせる収入源を探せる事を願ってこの記事を終わりにしたいと思います。

最後まで、ご覧頂きありがとうございました。

 

当サイト人気コンテンツ

人生やり直したいがアフィリエイトのきっかけNo1ワードプレス記事内画像挿入方法物販アフィリエイトとはトレンドアフィリエイトアクセスアップアフィリエイトコンサルの全貌

コメントを残す

サブコンテンツ

応援ありがとうございます。

Facebookページ

最近のツイート

このページの先頭へ

FX ブログ