アドセンスクリック率はサイズと配置おすすめの設定

アドセンス初心者稼ぐコツを知りたい!

アドセンスクリック率が低いされない!

私のもとに届くアドセンスについての相談で圧倒的に多いのがアドセンスクリック率の低下。

サイト管理人錦織大輝と申します。

トレンドアフィリエイト実践者にとってアドセンスクリック率は収入の命綱。

このクリック率を高めるための方法として、私が2015.2016で実践した内容を元に、

アドセンスでクリック率を高めるには、サイズが最も重要だった!

アドセンスでクリック率を高めるには、配置にこだわるのは大事?

アドセンスでクリック率が低い時の最善策は?

以上の内容でご紹介していきますので、あなたのアドセンスサイトアフィリエイトの情報源としてお役立て下さい。

アドセンスでクリック率を高めるには、サイズが最も重要だった!

アドセンスクリック率高める方法初心者のやり方

アフィリエイト初心者の方でも簡単にクリック率を高める為のサイズ選びの基本をご紹介していきます。

アドセンスサイトサイズは2つだけでOK

アドセンスサイトで収益化を図るために最も大切なのはサイズをあまり変えないこと。

何故か?

明らかにアンバランスなサイズがバラバラに配置されているとレイアウトに関わります。

何より、

記事より目立つ広告になっては意味がありません。

ですから、

アドセンスサイズは下の中から選んでおくことをオススメします。

  • レスポンシブ
  • 300×250

この2つの配置で十分です。

その根拠は?

スマホやタブレットが検索の7割とも言われている現代。

レスポンシブは自動調整機能を有するサイズ。

300×250は表示としてスマホもタブレットも許可されたサイズ。

この2つがあれば、広告表示はスムーズに表示されやすいのです。

これに対してあまり使うべきではないサイズも有ります。

アドセンスでクリック率だけでなく離脱率にも影響するサイズとは?

スマホやタブレットを主流とされるようになったことでサイズはあっても意味が薄れた物も中にはあります。

それが、

スカイクレバリーという名称で存在するサイズ。

いわゆる縦長横長のサイズ企画。

この企画はなぜ悪いのか?

スマホ、タブレットが主流になったことで、サイドバー情報はメイン記事の下に配置されます。

すると、

スカイクレバリー縦型は使えますが、画面一面に広告しか表示されない状態になります。

これでは、

ユーザーからすれば、「なぜこんなでかい画像貼ってあるの?」と思われても仕方ありません。

誤字脱字なら、まだまあ管理不足と流してくれるユーザーもこうした広告関連にはシビア。

こんな画像があるサイトじゃ見ても操作がめんどくさい。

他の記事を探そうとしたけどこんな表示になるなら見ない

離脱率を高めるきっかけにもなります。

ですから、

・記事コンテンツの幅範囲。

・画面いっぱいになる広告は表示させない。

この2つが重要になるのです。

ではサイズも決まったところでどこに配置すべきか?

についてご紹介していきます。

 

アドセンスでクリック率を高めるには、配置にこだわるのは大事?

アドセンスクリック率を上げる方法配置のコツ

アドセンスクリック率を高める為に、配置はこだわるべきか?

この問に私の実戦経験からご紹介していこうと思います。

アドセンスクリック率高める配置工夫は2つまでで十分

アドセンスクリック率を高める工夫を3箇所全てに施すには限界があります。

その理由は、

記事上部に3つ集めると広告画面が出やすいサイトに見えます。

広告を避けたい人には、しつこい感じに伝わりやすくなります。

ですから、

2つまでの広告配置を考えておけばもう3つ目は記事下などの配置で十分だと思います。

クリック率の高まる配置は、基本は記事の始まりに近い分。

最近は、

ワードプレスプラグインにもアドセンスを簡単に設置できる物があります。

Quick Adsenseというプラグイン。

プラグインだけでも、

記事の始まり

MORE下

最初に出てくる画像の下や上

等の配置選択が可能です。

大抵はこのうちの2つを選択しておくことでクリック率は改善されると思います。

この2つ以外の配置では、3つ目はランダムに適宜変更してテストしてみることをオススメします。

では最後に、

クリック率が悪い時に、すぐにやっておくべきことをご紹介していきます。

 

アドセンスでクリック率が低い時の最善策は?

アドセンスクリック率低下時対策法

アドセンスクリック率が高い時と低い時はあって仕方がない部分もあります

しかし、

0.3%以上の大幅な低下を招いた時には、ぜひ以下のポイントだけを実践してみてください。

  • アドセンスクリック率が高い場所を突き止める
  • アドセンスクリック率が一番低い場所を突き止める
  • 一番悪かった部分の広告サイズを変更してみる

正直、 アドセンスはサイズ展開が違うだけで、広告の数が変わるとも言われています。

クリック単価も勿論変ります。

ですから、

安易に一番クリック率が高い内容を変えてしまう必要はありません

しかし、

クリック率が一番低い物を配置を変えたところでクリック率が変わる可能性よりも、サイズ変更の方が有効と言えます。

最もクリック単価が高い広告は、300×250と言われています。

一番高いのは、一番広告数が多いからでも有ります。

スマホ普及以前からPCにもこのサイズは適応されて表示されているのです。

ですから、

相手の端末を問わず等しく広告表示がスムーズなサイズに戻す。

これが、私がアドセンス実践で感じた最初にやるべき事。

これ以外に明らかな低下を招く要素はアクセスが集まるキーワードの変化なども考えられます。

よって、

サイズ変更だけを行いまずは様子をみることをオススメしたいのです。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

では続いて、

サイズを理解してもターゲット設定を間違えるとクリック率は下がります。

私がごちゃまぜブログ、特化型サイト実践を経て培った貴重な情報をご紹介していきます。

アドセンスクリック率を高める意外な要素実践体験記

にてご紹介してますので、合わせてネタ選定の基準に入れて下さい。

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

当サイト人気コンテンツ

人生やり直したいがアフィリエイトのきっかけNo1ワードプレス記事内画像挿入方法物販アフィリエイトとはトレンドアフィリエイトアクセスアップアフィリエイトコンサルの全貌

コメントを残す

サブコンテンツ

応援ありがとうございます。

Facebookページ

最近のツイート

このページの先頭へ

FX ブログ