アドセンスクリック率が低い!誤解や失敗原因

アドセンスでクリック率が低いのが悩みのタネ!

アクセスはあるのに、クリックがないから稼げない。

記事に広告は配置しているのになぜクリック率が下がるの?

アドセンスを実践しているアフィリエイト初心者の中には、稼げない原因はクリック率が悪いからだ!

このように考えてる方も非常に多いです。

私自身もアドセンスサイトを複数運営していく中で、妙にクリック率に違いがあることを実感した事があります。

このサイトは、私が会社員副業、30代妻帯者と言う環境で人生を変えたいと思ったことから実践して成功と言えるだけの経験を積み重ねてこれたアフィリエイト実践について備忘録のようにご紹介をしています。

サイト管理人錦織大輝と申します。

アドセンスのクリック率というのは、どうすれば変わるのか?

こんな悩みを持つ方に多い誤解や注意点を以下の項目でご紹介していきます。

アドセンスクリック率で悩む初心者に多い誤解

アドセンスクリック率アップ目的が失敗する典型例

アドセンスクリック率アップはいつから考えるべき?

アドセンスで稼ぐためにも、当然クリック報酬型である以上、クリックがなければ稼げない?

こんなことばかりにとらわれている方は参考にして下さい。

アドセンスクリック率で悩む初心者に多い誤解

アドセンスクリック率を高める方法ターゲット設定

アドセンスで稼ぐ方法を知りたい!

アドセンスで記事を増やしたのに、稼げない!

この原因は、いろいろありますが、今回はクリック率という対象に的を絞りながら、まずは誤解や注意点をご紹介していきます。

アドセンスクリック率が低いことへの初心者の関心の視点

クリック率が極端に低い。

この答えを何から見ているのか?

Googleアドセンスの管理画面には、RPMという数字があります。

この数字を見るという習慣の中で、0.2%という数字を見ている方は、平均値としても低いと考えるべき数字!

グーグルアドセンスは、0.1%変わるだけでも、クリックが減ったと感じるほどの変化になります。

時期により、減少する事はあったとしても、0.3%下がったりしているなら、注意が必要です。

アドセンス広告のクリック率はディスプレイの種類?

アドセンスは、ディスプレイ広告。

種類の中には、テキスト広告と画像広告と言う種類があります。

この2つは、あくまでも関連性により、Google側の入札単価の高い広告が表示されます。

単純にこの種類の影響を受ける可能性があるのは、かなりのアクセス等の見込みが安定している時期。

初心者にとっては、ワードプレスを採用しているなら、スマホユーザー向けの最適化も対応しているはず。

しかし、細かな視点では、背景色が悪い、同化出来ていない?等というサイズや位置よりもカラーなどに必死になっている方もいます。

サイトに合わせるマッチポイントは、こうしたミスマッチが低下の原因にもなるのです。

 

アドセンスクリック率アップ目的が失敗する典型例

adsenseクリック率低い対策

アドセンスのクリック率を高くするために、改善を図ろうとする初心者がよくやる失敗パターンもあります。

アドセンスの広告数の改善が悪い結果に!

アドセンスの広告数は、過去には上限3つという条件がありました。

しかし、最近はこの3つの上限が解除されています。

サイズや位置のポリシー違反は以前残っていても、数があるというのは、クリック率改善になるのではないか?

対策を考える初心者にとっては、数も財産。

こんな考え方を持つ方もいますが、決してこの改善が、クリック率低下の防止策になるというのは、なかなか少ない。

引き上げる目的を果たそうとしても、こうした極端な動きを採用する事は、グーグル・アドセンスの広告表示そのものへの不信感を高めることにも単純につながるリスクがあります。

アドセンス広告を記事の目立つ位置に貼る

アドセンス広告は、主にサイトの記事の中に配置されています。

代表的なのは、以下のような配置場所。

見出し(H2)等の近く。

記事の終わりの横並び。

more付近や直下に貼る。

本文に紛れさせる。

全体の真ん中に配置する。

Simplycity等のアフィリエイターに人気のワードプレスの場合は、記事下に2つが並べて表示可能になってきたテーマも増えています。

センスよく見せることも重要かもしれない。

しかし、グーグル・アドセンスはそもそも何の為に貼られているのか?

低下対策とは、最近の傾向で言えば、スマホユーザーに何が行動をするきっかけになるのか?

この答えが引き上げる対策と言えます。

あくまでも目立つことが主たる配置になることが改善とは言えないのが現実です。

Googleアドセンスの目安にこだわる!

自分にとってのクリック率の目指すラインはあるかもしれません。

しかし、あくまでも数字を追うその場の対策というのは、ナンセンス。

裏技もなければ、特別な方法があるわけでもない。

あくまでも稼げるサイトの保有者は、ロジックに当てはめて、そのとおりにしていることが重要。

アドセンスは、情報配信を目的としてるブログ本文を見てもらう事が主になっている人が稼ぐ。

これは、2015.2016.2017全ての年代に共通していると思います。

7月8月10月11月等の決算時期に最高や最低を考えるのもおかしい。

目安というのは、あくまでもブログの総PVが増えてからの問題。

あまり最初から、自分の理想ばかり追いかけていてもコンテンツの不揃いから話をすり替えていると言えるのです。

 

アドセンスクリック率アップはいつから考えるべき?

 

アドセンスクリック率を高める設定内容

アドセンス初心者は、検索した結果に表示された情報から、単に選択して、可能性の高そうな物を選んでいる。

これが最近のアフィリエイト実践者に多く見られる行動。

しかし、SEOを考慮して、最近の傾向から何が対策なのかを注意して欲しいのは、運営してきた時期にも関係があるのです。

改善する時期はネットビジネスはすぐではない!

誰もが下がる、低下等の文字を見れば、早期に改善をしたくなる。

しかし、ネットビジネスは全体的に言えるのは、じっくり待つというのも大切。

FX

せどり

こうした内容でも利益をおい続ける人ほど、設定などもすぐに変えようとしている傾向が目立ちます。

しかし、自分の思い当たる部分の改善というのは、レスポンシブに最適化された画面の中ではかなり限定されている。

ジャンルによる特性や実績を掲載するサイト等ジャンルや内容により、見え方も魅せ方も変えていかなければいけない。

なのに、お金を稼ぐ事に執着されてしまうと、Wordpressという対象でしか興味がわかない。

このような考え方ではなかなか結果を見極める目安もまとまらないのです。

低下しても様子を見ることが最も重要

クリック率が低下していても、テクニック等に目を向けるのではなく、淡々と更新作業を続ける。

1日の最後には日当の確認をしているかもしれない。

でも、アクセス数の時間の流れや物販のキャンセルなどは?

シェアの数は?

このような視点を二の次にしてサイズや配置、クリック率?

下がってからでも、1ヶ月以上様子を見るくらいの対応が必要になる

私は自分の経験からもこう感じています。

アドセンスは稼げます。

しかし、2017年以降2018年2019年という流れの中で、どんな設定が出て来るかはWordPressのテーマの進化などにもよって変わってくる。

こうなると、一過性の情報だけで、自分のサイトにも必ず当てはまるというのは、かなり少ないです。

だとしたら、王道と言えるような方法を知る事が最も重要になります。

小手先のテクニックや設定方法は、正直必要ありません。

それよりも、ユーザーの傾向等見えてる情報に目を配ることの方が大切なのです。

私はアドセンスについて、以下のようなコンテンツもご紹介しています。

アドセンスクリック単価を上げる方法|ジャンル関係なし!

アドセンスクリック率平均値がこんなに違う?

アドセンス広告数が4つに?いくつ貼る?

アドセンスクリック率低い原因はジャンルやネタ?

アドセンスで稼ぐのはネットサーフィンしても無駄?シンプルな方法

あなたの悩みに当てはまる情報があれば、併せてご覧ください。

私は、どんなジャンルやネタであっても、アドセンスで稼げないということは無いと今では確信しています。

私は現状のサイトで、アドセンスと物販併用サイト運営術を実践しています。

「もうひとりで実践するのは限界かもしれない!」

こんなマイナスな気分になっている方がいたら、私と一緒にネットビジネスを楽しみませんか?

アフィリエイトコンサル生募集|月収3万円又は5万円保証プラン

アフィリエイトを少しでも多くの方に認知して欲しいと思い、私は今後はリアルなセミナーも開催して行こうと思ってます。

2017年12月アフィリエイトセミナー無料開催詳細もご紹介しています。

あなたが自分で悩みこみながらも、実際にコンサルを知らない人から受ける事に恐怖感を持っているなら、セミナーという会場で会いませんか?

あなたが今後も企業のためにも、ユーザーのためにもアドセンスでクリック率低下を抜け出せることを願っています。

 

 

アフィリエイトコンサル生随時少数募集中

アフィリエイト初心者コンサル生募集中
アフィリエイトコンサルや高額塾経験者限定
Googleアドセンスアカウント取得審査代行
決済が完了した方は、下のフォームからでもご連絡可能です。
アフィリエイトスカイプ音声希望日連絡フォーム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ