• アドセンスでは稼げない
  • クリック単価が低い
  • アクセスが集まらない(検索順位上位にもいかない)

多くの人が自分のサイトの中で何が悪いのかが見えない畳チア。

でも必ず原因はある。

私はアドセンスについて、以下のようなコンテンツもご紹介しています。

アドセンスクリック単価を上げる方法|ジャンル関係なし!

アドセンスクリック率平均値がこんなに違う?

アドセンス広告数が4つに?いくつ貼る?

アドセンスクリック率低い原因はジャンルやネタ?

アドセンスで稼ぐのはネットサーフィンしても無駄?シンプルな方法

このサイトは、Webconsulからアフィリエイター人材育成を目的に情報配信を行っております。

私は、会社員時代から累計15年以上にわたってWebマーケティングコンサルタント業務をおこなってきました。

アフィリエイト活動は以下のとおり。

錦織大輝

2015年1月トレンドアフィリエイトアドセンスを開始

2015年3月月収14万円を達成

2015年9月楽天やa8などaspの併用資産サイトに着手

2016年2月アフィリエイト個別コンサルタント活動開始

2017年2018年にはアフィリエイト初心者向けセミナーを多数開催

2019年地域密着のWeb制作会社、seo対策、PPC広告運用代行業務を実施。

2020年は、企業の人材確保や新人、幹部候補育成の講師なども務めています。

こうした活動の中で、現在のクライアントへのアフィリエイトによる集客方法をご提案するために人材育成をしております。

現在は、企業や法人向けに以下のようなサービスも提供しています。

PPC広告運用代行

Webサイト制作

SEO対策

YOUTUBE動画制作

マーケティングコンサルタント業務

新人、リーダーなどの人材育成研修講師

サイト管理人錦織大輝と申します。

 

今回の記事では、アドセンスが稼げない原因を以下の項目に沿って解説していきます。

アドセンスが稼げない原因は3つ

アドセンスが稼げない原因と対策

アドセンスが稼げない対策の根拠

まずは、自分のサイトの情報をきちんと1つ1つ確認することが重要。

アフィリエイトに限らず、Webマーケティングの基本は、データの分析や解析。

サーチコンソールやgoogleアナリティクスの情報の中に表示される内容からさまざまなヒントが出ている。

記事を書く前に今の状況から何を意識しなければいけないのか?

アドセンスが稼げない原因は3つ

アドセンスクリック率を高める方法ターゲット設定

まずは主な原因を3つの項目からご紹介していきます。

キーワード選定

キーワード選定を間違えると、以下の影響が出ます。

  1. 時間が経過してもアクセス数が増加しない。
  2. 広告の表示が少ない
  3. 稼げるネタやジャンルにたどり着けない

私も初期はトレンドアフィリエイトを実践。

この時、多くの人に見てもらえることという視点を考えなければいけないことを学ぶ。

しかし、以下の点が次の課題になる。

  1. クリック単価が安い(1クリック5円から10円等)
  2. クリック率が低い(1%前後では低すぎる)

こうなると、たとえ100PVあっても結果として自分の収益にならない。

まずは、アクセス数とクリック率、クリック数。

この3つのバランスで稼げるキーワードを見つけ出す必要があります。

その方法は、次の対策でご紹介していきます。

 

seo対策

2020年1月にもgoogleのアルゴリズム変動がありました。

多くの人が、2018年、2019年、2020年といずれの年にも以下のような発言をしている。

  • アフィリエイトは終わった(オワコン)
  • 詰んだ
  • 衰退した
  • 引退

これらは、過去に稼げる手法以外には特にseo対策関連の知識がなかった人達だと私は感じる。

私を含めてビジネスのseo対策やコンサルティングを実施している人は、毎年の恒例行事のように感じている。

企業や法人のコンテンツ作成も実施しているからこそ、何を意識しなければいけないのか?

この点を記事を書いていく中で、時代の変化に沿った見方を求められる。

  1. 自分の型もない
  2. なんとなく記事を作成
  3. タイトルも31文字程度という曖昧な考え方

このような流れで実践していませんか?

最初の頃と経験を積み重ねた今が変わらない。

こういうタイプの人はやはり稼げない。

ジャンルやネタ

アフィリエイトでもクリック報酬型でもサイトを運営する上で収入を得るというのは、あくまでビジネス。

自分がどんな内容を扱うべきか?

この選び方の基準は、キーワードを選ぶもっと大きな枠として、知識と経験を求められている。

一昔前からひどかったのが、以下のような動き。

  • リライトをする
  • 他社のサイトに掲載されている内容をまとめる

こんなことをやって、自分の収入を増やすことを考える人があまりにも多かった。

これはビジネスではない。

それと、最近の健康や医療系のアップデートでもこんな文字がよく出てくる。

「僕(私)は、「健康系」が大好きです」

好きだからか始める。

これも間違いです。

問題にされているのは、知識があるかどうか!

この見方が大きく変わってきたのです。

好きだからと言って始めた人のサイトは実際に何を記載したのか?

商品の紹介ページから抜粋しただけの記事。

こんなやり方がユーザー的にも以下のような評価に変わっていった。

  • トレンドブログはうざい
  • トレンドブログは邪魔

あげく、調べたけど分かりませんでした。

こんなことを平気で実践する人がまだいる。

こういう人が上位に表示することを阻止するにはどうすればいいのか?

この行動に対する対策もseoとして求められている。

そもそも自分がやっていく上で専門的な知識を持っているなら何も影響を心配する必要がないのです。

 

 

 

アドセンスが稼げない原因と対策

adsenseクリック率低い対策

 

では実際にどのようにやっていけば良いのか?

サイト運営の設計図

先ほどのキーワード選定については、以下のような考え方が重要になります。

  • トレンド2割以下
  • ミドルレンジのキーワード3割
  • ロングテールキーワードを3割

このようなバランスを意識したキーワード選定が必要。

残りの2割は何?

この答えは、他の可能性を考慮した以下のようなコンテンツが求められる。

「他のジャンルや関連キーワードとして出てきた内容」

「ユーザーに紹介する価値のある商品の案内」

このように総合的な情報提供を目指すことが大切になります。

安定的なコンテンツ制作

  • 飽きた
  • 長続きしない
  • きつい
  • 記事が思いつかない
  • 何をかけばいいかわからない

このようなネガティブな考え方になる人が非常に多い。

作業を止めてしまう。

一方で、こういう人ほど自由なお金やら自由業といった願望を持つ。

こんな矛盾した自分を生み出さないためには、作業を計画的に行うことが求められる。

  1. ジャンルやネタの明確化
  2. キーワードを細分化
  3. コンテンツ制作のスケジュール管理
  4. 情報の入手経路の確保
  5. 更新ネタのチェックポイント

このような流れを全て事前に計画を立てることが重要。

どんなネタでも稼げるのです。

しかし、それぞれの需要に応じて、コンテンツ制作の記事数や文字数が違うだけ。

seo対策が難しいキーワードはクリック単価が高い。

反対に単価が安いネタは、そこまでスキルを求められない分、単価が低い。

このような違いを含めてどの程度力を入れたら収益化するのかをイメージする。

ネットビジネスとしての視点で事前に計画を立てる。

これができるかどうかでかなりの差が出てくるわけです。

複数のサイトを展開

儲からないとかうまくいかないという人は、ほとんどが以下のようなことを口にする。

  • 書き方がわからない
  • 続かない
  • 難しい

これって全て自分がネットで検索をしないと言葉すら出てこないという対象を扱っている証拠。

逆に私のコンサルを受けている方の中で、きちんと稼ぎが発生している人は以下のようなことを口にする。

  • 楽しい
  • もっとたくさん書きたい(1記事で8000文字以上も出てくる)
  • 複数のサイトに分散させたい

審査を通過させてからの自分の手でコンテンツ作成をする。

この先で、特に参考にするサイトが無くてもどんどん次の記事を書ける。

このような作業になるかどうかが重要なのです。

 

アドセンスが稼げない原因と対策

 

アドセンスクリック率を高める設定内容

 

自分でブログ記事を更新してアクセスを集める。

その先に実際に広告をクリックしてくれたら報酬発生。

この流れを体験するためには自分に興味を持つ人を作る必要がある。

ブランディングが重要な時代

実際に私の存在で例えるととても簡単。

アフィリエイトについて調べる人はたくさんいます。

そして、その時、自分のサイトを見て、まずは情報を見る。

その先は2つに分かれる。

パターン1.

情報や知りたいことだけ持ち帰って終わる人。

パターン2.

サイトに訪れた後に複数のページを閲覧。

その先で、他にもたくさんのページに訪問したいと感じてくれる人。

この後者を私たちはたくさん作っていくことが重要になります。

別に他の人が書いている事と似ている部分があるのは仕方がありません。

その先に少しでもオリジナリティやちょっと違うと感じてもらう事が重要。

これが安定的なコンテンツ制作とアクセス数を獲得することにつながるのです。

当然、たくさんのアクセスがあれば、クリック数も安定しますよね。

モチベーション維持

人と会話をする時のネタ選びと変わらない。

自分が語りたいネタなら、ある意味自然に言葉が出てくるし、具体的な事例をたくさん出せる。

語りつくせないほどのネタが出てくる。

この感覚が非常に重要になる。

当然、自分が初心者の頃は作業に追われることも多い。

しかし、一定の記事が溜まった後にはどうなるのか?

自分の書いた記事も全て見直したくなるか?

その流れが過去記事の存在を放置するかそれとも更新するのかに変わってくる。

外部リンクサイトも構築

会社の中でも自分が毎日行う作業って手順や流れがある。

その一連が終わったらどうする?

余った時間で次のような行動を意識する。

  1. 前にやった内容の見直し
  2. 次にやるべきことの準備
  3. 他の人の作業のチェック

これってまさに自分のまわりを整理するという行動。

これと同じことを実践することが重要。

月収10万円以上を稼げるようになるために何をやるべきか?

この答えとして、外部リンクを育てるようなことも他の人がやることを最低限こなしておくということにつながる。

前にやった記事を見直すのは、リライトとなります。

他の人がやる作業をチェックするのは、ライバルチェック。

このような作業計画を自然にできるかどうかが重要なのです。

何もできない時に、いきなり楽をしようとするのは間違い。

その典型例が外注への投資。

自分一人の記事作成でアクセスが集まらないのに外の人に甘えるというのは間違い。

所詮は管理ができない状態になるのです。

まずは自分のスキルを安定させましょう。

私は、初心者一人ひとりに合わせたオリジナルのメニューでコンサルティングを行っております。

期間は無期限で対応しております。

詳しくは、

YOUTUBE,物販,アドセンス併用アフィリエイトコンサル生募集