アドセンスクリック率が低い原因2018

アドセンス広告の表示はされている。

でも広告のクリック率が低いと思う。

記事の設置場所や配置が悪いのが理由?

サイト内のブログのネタがまとめ系だから?

adsenseクリック率が低い

アフィリエイト実践中の人の中には、アドセンスをブログサイトで運営してる人も多い。

しかし、一方でせっかく審査を通過したのに、収益を稼ぐ為に必要なアフィリエイト広告のクリック率の改善を必要としている人も多い。

ページの何を改善したら稼げるようになるのか?

クリック率の高いネタを扱うのは難しい。

無料の情報提供者の公開された内容を最近見て傾向を探っている。

コメント等の内容も見てきたがなかなかわからない。

adsenseクリック率が低い改善

このように、ジャンルやネタという言葉がアドセンスを用いるアフィリエイトに定着している事で注目が集まっています。

アドセンスクリック率が低い悩みについて、数あるサイトの中から、この記事をご覧いただきありがとうございます。

私のサイトは、30代会社員副業,妻帯者という環境から、アフィリエイトに出会い、人生をやり直したいを実現した備忘録として運営しています。

実際に、以下のような関連情報を伝えています。

2015年1月トレンドアフィリエイトアドセンス実践開始。

2015年9月物販アフィリエイトasp案件扱い開始

2016年2月アフィリエイトコンサルティング指導開始。

2017年地域密着のseo対策業者,Webマーケティングコンサルタント事業開始。

2017年10月12月アフィリエイトセミナーを東京池袋、新宿で開催。

2018年はアフィリエイター、ビジネスコンサルタント、アフィリエイトコンサルタントという3つの活動でさらにジャンルを広げていきたいと思っています。

サイト管理人錦織大輝と申します。

アフィリエイトの中でもアドセンスは、ジャンル数はほぼ無限状態の中にいます。

しかし、アドセンスはGoogle管理下サービス。

だからこそ、設定や単価、関連コンテンツ等さまざまなサイト使用者の責務もあります。

ポリシー違反の注意だけでなく関連情報をダウンロードしたりして運営していく必要があります。

でも、今の時点で、adsense違反を感じる原因がないのであれば、そこまで心配もありません。

まずは、しっかり自分がサイトでadsense使用者であることに責任を背負う覚悟で取り組むことが大切です。

そして、今回の悩みであるアドセンスクリック率が低いという課題については、以下のような項目でご紹介していきます。

アドセンスクリック率が低い時の原因

アドセンスクリック率が低い判断基準

アドセンスクリック率が低い注意要素

これからコンテンツを数多く作り出すうえで、月収を多く稼ぐだけを考えるのではない。

少しでも後にしっかり今の自分の悩みを受け入れる事。

そして、報酬の為ではなく、まずはアクセスを集めるユーザーの為。

さらには、広告出稿をしてくれている広告主の看板の名前に泥を塗らないために、ご覧ください。

アドセンスクリック率が低い時の原因

アドセンスクリック率が低い理由

アドセンス広告が全くクリックされていない気がする。

月収10万、20万、30万の実績を期待していたのに全くその可能性を感じられない。

こんなadsense掲載許可をもらっただけの状態から、あっという間に月日が経過してしまったという感じの方も多い。

私のアフィリエイトコンサルにお申込みいただく方も2016年からアドセンス審査を通過して色々と新しいサイトを立ち上げてきた。

こんな声も決して珍しくありません。

まずは、稼げていない時の実績作りに必要な内容をご紹介していきます。

アドセンスクリック率が低い原因1.明確性

アドセンスクリック率が低い要因

私は2015.2016.2017.2018年と3年間のgoogle adsenseを実践してきた中でやはり実績からも気付く事があります。

それは、ジャンルやネタはやはり重要であること。

そもそもアクセスを集めるネタやジャンルはいろいろある。

アドセンス審査通過というのは、あくまでも広告主の広告出稿可能サイトの選択肢の1つに入ったというだけの状態。

その先であなた自身がトレンド、ショートレンジ、ロングテール、特化型などを自由に内容を選択します。

そして、より報酬の確率論的にも可能性があると感じた対象のカテゴリーに属します。

その先に、記事上や下や記事中等適切な配置位置を選択していけば自ずと気を遣う必要もなく投稿数に乗じて徐々に稼ぎが発生するのが本来。

もちろん、ジャンルが定まらないトレンド等のワードプレスサイトの場合は、以下のようなリスクを背負います。

ホーム画面においても何系のサイトなのかわからない。

運営目的は?

wordpressでプロフィールや名前も適当すぎる。

メールアドレスも不明瞭。

このような内容では、当然広告主からしたら、スマホだろうがPCだろうが実際にビジネスとして広告出稿サイトとしても使いにくい。

ジャンルやネタは情報提供内容。

➔あまりにも低い場合は、初心者ユーザーサイトと認識されてしまう。

その場合は、そのサイトに対しては確認後広告配信ブロックという機能があり、配信停止という状態も可能になるのです。

結果的には、ユーザーに人気の広告主の広告が表示されない状態になりかねません。

つまりは、ただ文字入力をすればよいのではなく、広告主とユーザーに対し、情報的価値が提供されていないコンテンツ。

この認識を持たれた場合は、当然出てくる広告も質が悪くなります。

さらに、単価も低く、結果的に稼げないという状態になってしまうのです。

アドセンスクリック率が低い原因2.管理

アドセンスクリック率が低い要素

私は個人的にアフィリエイトに関わらない人生の時から、googleの考え方は好きでした。

その理由は、全てに理由や方向性、対策等の原因も明確性が感じられるから。

そのgoogleの考え方は、決してユーザーに利益を還元しにくいようなこともしていません。

登録メールアドレス宛にメルマガのように情報提供などもしっかりしてくれているサービスを無料で提供してくれています。

だからこそ、こうした細かな情報をチェックして、必ず自分の設定を読んで見直す。

これは、最低限広告を出すという運用を任された私たちのある種仕事。

こうした事をかまけて、必死にただ単に記事投稿画面ばかりに張り付いている初心者も多いのが実態。

これでは、1月から12月迄実践していても、cpc,youtube等実際に稼げる情報が記載されている文字すら見ていないことになってしまいます。

まずは、しっかりgoogleの提供するadsenseユーザー用の情報を興味関心の意識を向けてじっくり確認する。

この行動すらできていない人が、私を含めて実践者だけの情報で稼ごうという認識ではこの先必ず苦労する事になります。

アドセンスクリック率が低い原因3.ビジネス

アドセンスクリック率が低いサイト

googleアドセンスは、あくまでも広告主の立場からすれば、広告経費となる対象物。

つまりは、集客サポートを実際に行う事が私たちの仕事になっている。

Googleアドセンスで表示されているのは、言うまでもなく、リンク型広告バナー。

この広告を使って少しでも広告主は必要なアクセスを獲得したいと思っています。

そして、最後には、ユーザーが商品の意味、価値、効果、特徴を正しく知ってもらい、購入や行動を期待しています。

このような流れに興味関心を寄せて記事を書いている人は、圧倒的に少ないです。

むしろ、興味関心もなく、ただ単に稼げる副業の1つのツールくらいのことを言う人もいます。

これでは、3月5月7月10月等の各社の決算時期で広告を変更して切り替えている会社の努力も踏みにじることになります。

あくまでも記事コンテンツにも広告にも意味がある。

誰にその情報を渡すのか?これがクリック率にも関係する。

購買意欲の高いユーザーに情報を提供すれば、クリック率もアップする。

独自性豊かで専門性も有するサイトであれば、かなり広告のクリック率も高くなりやすい。

その背景は、当然の結果ともいえます。

逆を言えば、検索ユーザーに受けとる情報はただのキーワード合わせにしかなっていないウェブサイトなら?

この場合は、誰がチェックしてもたとえ、ディスプレイ上一番上にある広告ですら、クリックされません。

私は難しいことを伝えたいわけではありません。

一番大事なのは、何のジャンルを扱う使命感を持ち、google adsenseの広告審査に申し込みをしたのか?

この認識も意味も全く考えていない認識の低いユーザーには、まず広告を扱うサイトの中身を確認しなさい。

この言葉を伝えていきたいのです。

 

アドセンスクリック率が低い判断基準

アドセンスクリック率が低いデータ

では実際にアドセンスクリック率が低いというデータはどういう特徴が見える時なのか?

本来のクリック率の意味や特徴をご紹介していきます。

クリック率アップを必要とするアドセンスデータ

アドセンスクリック率が低いブログ

クリック率というのは、アドセンスの管理データの中でいくつか表示内容が違うパターンがあります。

私は、よくスマホやタブレットにアプリを入れて、チェックしています。

その時に表示されるのは、以下のようなデータ。

見積もり収益額

ページビュー

表示回数

クリック数

ページCTR

クリック率

クリック単価

ページRPM

このような項目になります。

以下にその1つ1つのチェック内容をご紹介していきます。

アドセンスアプリ表示項目 チェック内容
ページビュー サイト訪問者数
表示回数 アドセンス広告が何回表示されたのか?
クリック数 そのサイトでクリックされた数。
ページCTR 広告のクリック数÷表示された回数
クリック率 クリック数÷ページビュー数

このような変化になっています。

では実際に何を見て、クリック率が低いと言えるのか?

この答えは、以下の項目です。

ページCTRが2%以下は要注意!

これが私がアドセンスサイトを実際に運営していて、意識して修正をしようと思う基準値。

少ないという数字は、誰の内容を読んで正しいと思うかによって違うと思います。

場合によっては、5%以上という高い数字をたたき出す人のサイトの情報もあると思います。

この場合、私が間違っているのか?ではなく、扱う商品の質や広告主の数等によっても変わる。

ですから、低いという数字の根拠は、誰もその人のサイトのジャンルが何かチェックしていない状況では明確な答えはない。

この点をしっかり自分の見直しの前に知っておくことが大切です。

アドセンスのクリック率が低いと判断する時期

アドセンスクリック率が低い判断

アドセンスのクリック率というのは、当然記事の更新頻度にもよって大きく変わります。

1日1記事を作成している人が受け取る情報の変化。

1日5記事以上投稿してる運営者の実践確認状況における変化。

この2つでもあくまでもctrの変化は、サイト全体の表示に対するデータとなります。

ですから、同じ広告を設置しても、トレンド記事の爆発のように表示回数は増えた!がクリック率は低い。

こうした日も当然目にすることは多い。

この場合重要なのは、1週間、2週間という時間の感覚をとって全体の変化を見守る事が重要。

少しの変化に戸惑い、判断を早まると結果的には、誤った改善を進めてしまう可能性もあるのです。

 

アドセンスクリック率が低い注意要素

アドセンスクリック率が低い注意点

アドセンスクリック率が低いことを2週間程度経過して実感した際、自分では理由もよくわからず改善したいと焦りを抱く方も多い。

しかし、この場合にも注意してほしいことがあります。

アドセンスクリック率が悪い時サイズ変更は有効?

アドセンスクリック率が低い改善案

この手の改善はかなり多くの方が実践する傾向があります。

実際に単価が高いサイズは?

クリック率が改善した広告配置は?

こんな情報を自分の使用感を元に情報開示している方も多い。

しかし、注意しなければいけないのが、ポリシー違反を把握して設置をしているかどうか?

アドセンスでは、以下のようなサイズに人気があります。

レスポンシブ。

レクタングル大

レクタングル中

確かにいろいろなサイズがあり、種類もあります。

しかし、データの解析などをあまりしないまま現在の背帝をただユニットのタグを変更するだけと思って大きく変えると、表示された内容がポリシー違反だった!

こんな状態になる人も珍しくないのです。

お金を稼ぐことに目がくらみ、できるだけユニット数も増やし、より目立つ位置に導入しよう。

こうした発想では、決してアドセンスのテクニックとは言えません。

むしろ、下がった時ほど、しっかり1つ1つをグーグルでテストを重ねていく。

この方法の方が、停止になったりするリスクを回避する意味でも問題解決への具体的行動としてもオススメできます。

これから長い時間で報酬発生に使う事が理想となるアドセンス広告。

今の収益だけに慌ててテキスト、画像などのタイプなども把握もしないままただ単に貼る枚数や位置にばかりこだわる。

この方法は、決してネットビジネスとしての実践者に推奨できるような行動ではありません。

まずは少しずつテストを重ね、より精度の高いサイズ選びを行う。

広告配置はスマホを基準としてポイントを見極める。

この2つを最低限実践していくことが大切です。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

このほかにもアドセンスクリック率という視点については、以下のようなコンテンツも用意しています。

アドセンスクリック率関連記事

アドセンスクリック率改善法まとめ初心者が安定的に稼ぐコツ

あなたのアフィリエイトを確実に稼ぐ環境に仕上げるために参考にして下さい。

他にもアドセンスについては、以下のような内容もご紹介しています。

アドセンスがクリックされない?

アドセンスのサイズや配置は?

アドセンス広告数は4つ?

アドセンスと物販は少ないアクセスで稼げる?

そういえば、審査ってどんなことを注意したんだったかな?

こんな視点も稼ぐ上では大切なこと。

グーグルアドセンス審査2018通らない原因コンサル生通過感想付

興味がある内容があれば、ご覧ください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

2018年向けの実践についても、ご紹介しています。

2018アフィリエイトジャンル定番関係なし!稼ぐ原点

アフィリエイトジャンル初心者のおすすめ2018に勝ち残る選び方3つの基準

トレンドアフィリエイトネタ元に多い誤解や稼ぎやすい選び方の基準2018

アドセンス審査記事数が落ちた原因?2018通過サポート

アドセンス審査通過後についてもご紹介しています。

アドセンス審査通過後収益化実現に必要な情報はサイズや数ではない?2018

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ