アドセンス審査画像使用注意点2018代行通過経験報告

アドセンス審査に向ける準備をしたい。

アドセンス審査って厳しいのかな?

審査の基準で画像を使うとか使えないとか!

アドセンス審査用画像使用注意点

アドセンス審査の画像使用対策や注意点について、この記事にご訪問いただきありがとうございます。

アドセンス審査。

この言葉に、私も最初に挑戦した時は、まだ無料ブログで日記程度の記事を書くだけで合格が出来た時代だった。

リンクって何?

画像をそもそ記事内部に貼る作業の情報が先!

こんなことをびくびくしながら実践していたのが今では懐かしい。

今までにも法人のアドセンス審査通過代行、個人にも数多くの代行をやってきました。

実際にアドセンス審査については、以下のような記事も書いています。

アドセンス審査に落ちた

アドセンス審査になかなか通らない

こうした現実について、以下のようなコンテンツも用意しています。

グーグルアドセンス審査2018通らない原因コンサル生通過感想付

アドセンス審査通過後についてもご紹介しています。

アドセンス審査通過後収益化実現に必要な情報はサイズや数ではない?2018

私のサイトは、30代会社員副業、妻帯者という環境でアフィリエイトに出会う。

人生をやり直したい一心で、自分らしくありのままでお金を稼ぐ方法を探し続けた。

個別コンサル,企画参加,ツール,情報商材,ワードプレステーマ。

累計100万から200万を投資。

中には、騙されたと思う事も。

しかし、全て良い経験だったとして、這いつくばるように粘って前だけ向いてやってきた。

実際に以下のような経緯を経て、今に至る。

錦織大輝プロフィール2015年1月トレンドアフィリエイトでアドセンス参加。

2015年3月月収14万円を達成。

2015年9月物販アフィリエイトasp商品案件取扱い開始。

2016年2月アフィリエイト個人コンサルを開始。

2017年リアルなビジネスにおける会社のWebマーケティングコンサルタントとして、seo対策、ホームページ制作、集客戦略を提供開始。

2017年10月12月東京池袋、新宿でアフィリエイトセミナーを開催。

2018年4月東京池袋でアフィリエイトセミナー開催。

現在は、地域密着で以下のような活動もしている。

Web制作会社。

seo対策業者。

コンテンツ、コラム代行業。

LPライティング代行。

Web集客マーケティングコンサルタント活動。

ビジネスの世界でもアフィリエイトの手法は必ずスキルとして活かせる。

そして、アフィリエイトはあくまでネットの上でのビジネスである。

会社の商品を扱わせていただく。

顧客には会社の趣旨や情熱を誤解なく届ける必要がある。

この懸け橋ができてこそ、初めてアフィリエイトで稼ぐという言葉が成立する。

ただ独りよがりなお金を稼ぐ方法としてとらえてる人にはまず見えていない現実でもある。

自分らしくありのままで何を飾るでもなく、本音で語ろうをコンセプトに運営しています。

サイト管理人錦織大輝と申します。

この記事では、アドセンス審査に画像使用をする際に使っていいか悪いかということを含めて以下の項目でご紹介しています。

アドセンス審査に画像は解禁時代

アドセンス審査に画像を使う注意点

私の配信する情報は、アドセンス審査代行を2018年に実施した際に通過させた時の環境を軸にした情報。

広告は使っていいの?

こういう事を今後の準備を含めて気にしてる方も多い時代。

だからこそ、まずは軸となる画像使用からご紹介していきます。

アドセンス審査に画像は解禁時代

アドセンス審査と画像

自分の使った画像がガイドラインに抵触して何か問題があったのかな?

自分が使ってる画像が無料画像だったから?

画像を使った記事をアドセンス審査に出した後に落ちた、通らない、コンテンツ不足なんて回答がある時には、正直いろいろ焦る。

そして、今の自分のサイトは何を見直して再度の申請を勧めればよいのかわからなくなってしまう。

情報は集めた分だけ使っていくべきなのか気になることが増える一方。

でも、決して、サイトに書いてある情報を鵜呑みにしてもまとめられた内容が過去の審査を紹介してるページでは今と全く程度も内容も違う。

アドセンス審査の画像使用が求められる!

私自身が2017年2018年とずっと定期的にアドセンス審査代行の仕事を会社、個人を問わずいただいていた。

自分で人のサイトの記事を書いていくのはとても神経を使って作業をしなければいけない事が多い。

でも、実際に何度も最新の審査に対するコンテンツ作成をしていくと、プロフィールやプライバシーポリシー関連の情報もしっかり確認しながら作業ができる。

文字数や文字の表示状況。

公開ページのURLやパーマリンク設定。

sns等の活用。

具体的な審査対象に扱うネタやジャンル。

全て私がgoogleの審査の結果に対しての確認を含めて多くの内容をテストしながらもやってきた。

やはりそれでも確実に大丈夫と思える話とまだ曖昧になって答えを出し切れていない事もある。

更新をするという作業内容には、いろいろな情報が無料で飛び交っている時代。

当然少しでもパズルのピースを扱うつもりで読んでる人も入るはず。

誰かがシェアしてきたtwitter,facebook等の情報から少しでも出先で情報収集をやっておこうとする人も最近は多いかもしれない。

でも、そんな中で、まだまだ画像について情報を出している人は決して多くない。

そこで、2018年5月に審査通過のご連絡をいただきました方に提供したアドセンス審査対策と画像について答えを伝えます。

それが、画像を最近は必須としている傾向が見える。

googleアドセンスの審査は、引用を多様化しない方が無難というのはポリシー上を考えて確かだと思う。

動画などの取得も同様だ。

当然、他社が作ったコンテンツをそのままコピーして紹介してるだけのサイトには正直あまり価値はない。

本来googleとして、アドセンスを運営していく上で、問題にしなければいけない事は今はコンテンツ作成における個性プラス専門性プラスアルファみたいになってる。

2017年の時に通過をさせた時用いた画像枚数より明らかに2018年の方が多い。

それは、どこに注意をして作ったのかを実際の作業の中での意識からご紹介していきます。

アドセンス審査に画像使用を求める背景

現代では、もう人がPCにどこまでもタイピングをしなくても自動的にしっかりとした文章を打ち込む事が出来る時代になった。

実際、音声認識による入力と言う次の技術が提供され始めている。

ということは?

当然、自動で作ったコンテンツもどこかにはもう存在しているという時代になっている。

逆を言えば、会話を軸にして、趣味の内容をコンテンツ化することも可能になっているのです。

ですが、ここで一つ難題が。

音声認識で作ったコンテンツでは、その音声を使えば、複製コンテンツが容易に実現してしまう現実も実際には考えられる。

ということは、その防止に必要な個別の認識を与えるきっかけが必要になる。

そのポイントこそが、画像を使用するという挿入機能を使うという事。

つまり、昔はあくまで読む事の結果がかなり意識された。

しかし、今はコンテンツとしての意識が機械的ではなかったのか?

人の手を使い、知識や認識を持って読者に役立つコンテンツを作成しているのか?

このような認識を持って、合格コンテンツを求める動きになっているように感じる。

 

アドセンス審査に画像を使う注意点

アドセンス審査画像使用

実際にアドセンス審査に画像を使用するとなった時、読者に役立つという認識がかなり必要になる。

その時、実際に読む側にとってもグーグルにとってもngではない対象を考えなければいけない。

その意識の上で、注意してほしい対象をご紹介していきます。

アドセンス審査合格時の画像への配慮

私が第三者の収益の柱となるアドセンス審査プログラムに対して、しっかり先を見据えたコンテンツを作ろうと考えた先では必ず無料画像で設定してる。

その理由は以下のような認識を持っているからだ。

あくまで説明を求められるような要素が考えられ画像の掲載は控えておくべきと判断した。

ゲーム等を含める画面のキャプチャを用いた投稿もプログラムに著作権が含まれてる事を意識。

だからこそ、記事の投稿に合わせて使用している画像は全て無料配布化されたサイトからしか使っていない。

絶対に文章を基準通りに満たす。

他人の目を意図的にすり抜けるような事を一切考えない。

最後まで一定のバランスを保つ事で、記事コンテンツの価値のムラを防止する。

このような点を徹底的に考えてやっていくようにした。

こうすると、審査はあっという間に通過していく。

現在の経験は100%私が自分で全て作る作業のもとで言っています。

だからまだ私が作業をしていないこと、作る予定がないことは知らないとも言える。

しかし、約1年程度ずっと時間を費やし、記事に求められる質の在り方をコピペなどとは違う完全オリジナルコンテンツで仕上げて感じた答えは、シンプルだ。

アドセンス審査合格時の画像以外への配慮

アクセスをある程度もらっていないとやはり質が認められていないのかもしれない。

こういう事を感じさせられることも審査不合格の通知をもらって気付いたこともあった。

実際に独自ドメインを使って、wordpressサイトを用いてテーマを見つけて承認を待つ。

たったこれだけですが、pv等を含めてadsenseは徐々に独自の解析も達成してるのかもしれない。

不合格の理由や原因というのは、オブラートに包まれた曖昧な状態のまま。

だからこそ、自分の実践して確認ができた事を感想として紹介していく以外に術が無い。

追記したら通過することもあるのか?(文字数や画像ならこんな場合もある。)

しかし、通ってから、実は全く完全に違う画像に乗せ換えたり、審査用の対処では100%使えないとしっかり認識したような画像に乗せ換えてる人もいる。

昔は、一次と二次にしっかり別れていたからこそ、厳しくもあったし、反対に開設も可視化できるような環境も残されていた。

しかし、最近は、誰でも簡単にワードプレスを用いて記事を書いてもらうことができる環境も簡単に手に入れることができる。

だからこそ、最初ならいっそのこと毎日使い方を含めて反復して修正をしていくことが初めだからこそ大切なのかもしれない。

デザインが最低でも関係ない。

ウェブサイトとして、最新記事も過去記事も明確なメインのテーマに沿って運営されてる事が大切。

審査を受けるというのは、あくまで広告主に対して、これらの記事コンテンツの勝ちが伝わるか?

そして、これらの情報が1日のうちに誰かの手に届く段階になれば、当然これらの悩みに対しても明確な回答を出されたサイトにたどり着けたと言えるのか?

こういう状態を考えていくと、私たちはあくまで小説家やライトノベル作家でもなく、あくまでアフィリエイタトサイト運営者にならなければいけない。

誰もが簡単に情報を取得している時代。

だからこそ、ある程度は文字だけでなく、画像も調べたユーザーにとって、価値を認められるべき対象になっていくと考えた方が良いと思います。

この段階まで来てしまうと、正直ただ単にアドセンス審査対策用のコンテンツを作るというのは、自社サイトの運営と大して違いが分からない状態になっていく。

あなたがもし良い悪いも分からない状態でいるなら、出来るだけ審査の前には全てのコンテンツページに画像を使用している状態と目視が出来る?

このような疑問に対して、自らで自答していく作業をしてみてください。

ツイッターなどでは、通った記事数もいろいろ。

審査とブラウザという視点。

2週間で通過したという方。

2ヶ月の審査待ち状態という方も!

はてなブログを使った1ヶ月という時間の体験者

1ヶ月以上審査後待ち続ける人。


19記事で即日通過という方!

ある意味、何がどうなってるのかは本当にいろいろな見方がある。

でも私は昔を知るからこそ、無難な道を歩み続けている。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ