ワードプレスカテゴリ設定方法賢威画像付|SEO対策のコツ

WORDPRESS初心者が最初に行う事カテゴリ設定の数やタイトルの付け方

このページをご覧頂きありがとうございます。

サイト管理人 錦織大輝と申します。

ワードプレス初心者が最初にやるべきことを手順書として順に解説しています。

このページでは、中でもカテゴリ設定について以下の内容にて解説していきます。

ワードプレスでカテゴリ設定をする際の成功法

ワードプレスでカテゴリ設定をする際の失敗例と対策法

ワードプレスでカテゴリ設定が重要な理由

ワードプレスで実際にカテゴリ設定をする作業方法画像付

以上の3点について、解説していきますので、簡単に見えて奥が深いカテゴリ設定をまずはしっかり構築していきましょう。

ワードプレスでカテゴリ設定をする際の成功法

ワードプレスカテゴリ設定成功法

カテゴリ設定の成功事例をまずは解説していきます。

なかなかできている方も少ないですし、私自身もまだまだ最初の頃の設定を修正していますので、最初から完璧を求めすぎず、今できる最良の選択肢の材料としてご覧ください。

ワードプレスカテゴリ設定成功法1 並び

ワードプレスでカテゴリ設定が上手だなと思う事例は、並びが違います。

・工程表通りになる並び

・ジャンルをバラバラにしていながら、ある程度塊が見える並び

・狭いジャンルの中でもよく見ると何を主として上から並んでいるのか解る並び

こうした並びが綺麗なカテゴリなら、サイトに訪れた方がジャンルごと探しやすい状況を作りやすいですよね?

私のこのHPもこの事を最大限意識して作るように心がけています。

ぜひあなたのカテゴリ設定の参考にしてください。

ワードプレスカテゴリ設定成功法2 数

ジャンルが広がれば広がるほどカテゴリを増やすという考え方もあまりオススメ出来ません。

その根拠は失敗例で解説していきますが、この場は、成功例をまずは紹介していきます。

カテゴリ設定が上手な方は、最大数を20程度にまとめて仕上げています。

なぜ20程度が見やすいのか?

理由は簡単。

サイドバー表示への影響。

カテゴリは書いてある内容を知ってほしいために配置されていますよね?

このカテゴリ数が少なければ少ないほど、まとまりがある構成が見て取れるのです。

必ずサイトを作る時は、全体蔵を意識したカテゴリ設定を行い、15程度まで作り、5つの予備枠を用意しておきましょう。

ワードプレスカテゴリ設定成功法3 色分け

ワードプレスの特徴を活かしたカテゴリ設定をしていくなら、おすすめしたいのは、色分け。

最新記事一覧などを出す際にも、カテゴリ表示をしている時、どんな内容が書いてあるのか?

ひと目でカテゴリの色分けで区別できるとユーザー目線で考えても非常にわかりやすい。

こうしたカテゴリ設定は、一つ一つがユーザーへの配慮とつながるのです。

では、カテゴリ設定をただ付け足した失敗例も解説していきます。

成功例と逆ではなく、この点も気をつけて欲しい内容としてご覧ください。

ワードプレスでカテゴリ設定をする際の失敗例と対策法

失敗例

ワードプレスサイトでカテゴリ設定の失敗例となりやすいケースを解説していきます。

ワードプレスカテゴリ設定失敗例と対策法1 タイトルの長さ

ワードプレスのカテゴリは、通常サイドバーに表示されます。

その時、

タイトルが短すぎたり、長すぎたりしている方も多いのです。

例えば、

・女優

・男優

・子役

この2文字だけが羅列されたサイトではスマホ端末などで文字を小さめにしている方へはほとんど見向きもされません。

行うなら、

・注目されている女優

・最近売れてる?男優

・天才?逸材?子役

等、

「何かキャッチコピー+主タイトル」

としてこうしていくことを心がけていきましょう。

ワードプレスカテゴリ設定失敗例と対策法2 絞込みが足りない

もっとまとめて欲しいサイトというのもありませんか?

「雑誌」というカテゴリがある中で、

・男性用

・女性用

・子供向け

くらいなら、わかりやすいかもしれませんが、年号、更に下層ページに続くカテゴリ設定。

これでは、ユーザーはどこを見ていいのかわかりません。

もっと、わかりやすいまとまりのあるカテゴリ設定を行う。

細分化したい部分は、記事としてまとめページで細分化する。

この点を意識して失敗対策をしていきましょう。

ワードプレスカテゴリ設定失敗例と対策法3 ワード選択

キーワードを意識しすぎたあまり、カテゴリ名がスモールワードに近くなったケース。

例えば、

・メンズファッションを書きたかったはずが、

・メンズファッション 

・男性服装

・男の身だしなみ

こうした類似ワードの中で、検索件数が少ないキーワードをカテゴリに設定してしまったケース。

カテゴリは、ビッグワードとなる主ワードで構成していくことが重要。

自分が書きたい事は大きくまとめるなら何か?

常に全体像をチャートにできるように意識付けをしてからカテゴリ設定をするようにしていきましょう。

なぜこんなにカテゴリ設定のことを中心に書いているのか?

こんな疑問を持つ方もいると思いますので、私が体験した中で感じたカテゴリ設定の重要性について解説していきます。

 

ワードプレスでカテゴリ設定が重要な理由

重要性

ワードプレスのカテゴリ設定を成功と失敗に分けるほど重要視する理由や根拠を解説していきます。

カテゴリ設定失敗を痛感した体験談1 サイト循環率

私が無料ブログでサイトを作り始めた頃、訪れたユーザーが訪問したページ以外のページに動く流れが全くできていませんでした。

その頃は全くこうしたカテゴリ設定の意識もなく、ただ闇雲に作り続けていました。

そして、

私が他のサイトを作り始めて数ヶ月経過後、ふとそのサイトを見て気づいたのは、「見づらい」

・1記事のキーワード選定ばかり意識したページの集まり

・全体的なイメージが伝わりにくい記事以外の構成

こうしたイメージをはっきり伝えてしまっているページであると気付きました。

そこで、修正を加えて、

サイト訪問者の巡回率は、25%改善しました。

記事を変えたのではなく、見栄えを変えた。

これだけで明確な違いを作れる要素になるのが、カテゴリ設定であると私は痛感しています。

カテゴリ設定失敗を痛感した体験談2 パーマリンク設定との相性

もう一つあるのは、パーマリンク設定とカテゴリ設定のバランス。

私は過去にパーマリンク設定に、「/%category%/」を含めていました。

しかし、

この設定が大きく損失を与えました

カテゴリ設定を慎重にしていなかったせいで、修正を重ねるたびに404ページの増加につながる

この経験もワードプレス初心者時代に体験したことで、パーマリンク設定ももちろん慎重にしていますが、カテゴリ設定にも慎重になりました。

以上の2つが私にとって失敗と感じ、更に修正に時間をかけなければならない事態に苦労した体験談となります。

あなたがもしこのカテゴリ設定をただ集まりを作り出すだけの表面的なものと考えているなら、ぜひ私の体験談からもしっかり見直すことをオススメします。

では実際のワードプレスカテゴリ設定の方法について最後に解説していきます。

 

ワードプレスで実際にカテゴリ設定をする作業方法

プラグイン設定方法

では画像付きでワードプレス設定方法を解説していきます。

なお、私が使っているテーマは、賢威という有料晩になりますので、若干表記には、テーマにより違いがある可能性があることをご了承ください。

ワードプレスカテゴリ設定方法

①投稿をクリック

②カテゴリーをクリック

ワードプレスカテゴリ設定方法1

この画像内における設定は以下の通りとなります。

名前 自分の作りたいカテゴリ名を入力
スラッグ URL中の/○○○○/表記ですから短いローマ字がオススメ
カテゴリの所属を子カテゴリという下層にするか親とするかを選択

以上の内容を選択します。

続いて、

ワードプレスカテゴリ設定方法2

この画像にある内容は以下の通りになります。

説明

私は必ず説明書きも入力しています。

何が記事として書かれているのかキーワードを入れておきましょう

文字色 表示させたい文字色をコードで入力します
背景色 個性を出したいなら、背景色も設定しましょう

以上が設定完了したら、「新規糧ガリーを追加」をクリックします。

以上で、ワードプレスカテゴリ設定は完了です。

おつかれさまでした。

最後に、

もしあなたが作りかけているサイトでカテゴリ設定に自信がないなら、お気軽にご相談ください。

必ずあなたのサイトをもっとユーザー目線で見やすいサイトに変えていくことができると思います。

この他、私がワードプレス初心者のための最初に行うべき設定を

ワードプレス初心者が初期設定で行うべき事まとめ

でご紹介していますので、あなたの設定に見落としがないかぜひチェックしてみてください。

このページを最後までご覧頂きありがとうございました。

当サイト人気コンテンツ

人生やり直したいがアフィリエイトのきっかけNo1ワードプレス記事内画像挿入方法物販アフィリエイトとはトレンドアフィリエイトアクセスアップアフィリエイトコンサルの全貌

コメントを残す

サブコンテンツ

応援ありがとうございます。

Facebookページ

最近のツイート

このページの先頭へ

FX ブログ