ワードプレス重い遅いを解消おすすめプラグイン設定方法(画像付)

ワードプレス重い遅い解消プラグイントレンドアフィリエイトワードプレスサイト画像圧縮プラグインで軽量化

サイト管理人錦織大輝と申します。

このページでは、

ワードプレスでサイトが重い

読込速度が遅い

というユーザーの目線からはデメリットになり、SEO対策にも改善が必要な悩みの解消に役立つプラグインを以下の内容でご紹介しています。

EWWW Image optimizerのインストール、設定方法を動画で解説

EWWW Image optimizerのインストール方法を画像付き解説

EWWW Image optimizerの設定方法を画像付き解説

EWWW Image optimizer他画像圧縮プラグインを使うべき理由

以上の内容でご紹介していこうと思います。

あなたがワードプレスの読込速度に悩むなら、まずはこのプラグインを試してみてください。

EWWW Image optimizerのインストール、設定方法を動画で解説

この動画を只今準備中となりますので、もうしばらくお待ちください。

動画で見ながらよりもテキストで画像付きの方が楽。

という方の為に、以下にインストール方法と設定方法に分けて、テキストにて解説していますので、どちらでもお好きな方法でご覧ください。

 

EWWW Image optimizerのインストール方法を画像付き解説

プラグインインストール方法

まずは、EWWW Image optimizerインストール方法を画像付きで解説していきます。

プラグインインストール1

①プラグインにマウスカーソルを合わせる

②新規追加をクリック

EWWW Image optimizerインストール方法画像付

①キーワード横の枠に「EWWW (Image) optimizer」と入力する

②いますぐ更新と書かれている部分がいますぐインストールになっているので、クリック。

インストール2

OKをクリック

EWWW Image optimizerインストール方法画像付2

①インストールしているプラグイン:この画像は、違うプラグインイメージ画像。

②プラグイン有効化をクリック。

以上でインストール作業は完了です。

では続いて、EWWW Image optimizer設定方法について解説していきます。

 

EWWW Image optimizerの設定方法を画像付き解説

プラグイン設定方法

EWWW Image optimizer設定方法を画像付きで解説していきます。

EWWW Image optimizer設定方法画像付

画像圧縮のためのプラグインですから、ダッシュボードのメディアの中にあります。

①メディアをクリック又は、マウスカーソルをあてる

②Bulk optimizeをクリック。

Bulkとは、容量を意味します、optimizeは、できるだけ能率的に活用する

という意味ですから、圧縮をして効率性をあげる意味で表記されています。

EWWW Image optimizer設定方法画像付1

このような表記が出来ていますの、Start optimizingをクリック。

そして最後は、Finishedの文字が出ますので、終了。

たったこれだけで、ページ内にある画像がいっぺんに画像圧縮してもらえるなんて手がかからずに簡単でいいですよね。

読み込み時間が遅くなる、という事がどうして良くないのか?について最後に解説していこうと思います。

 

EWWW Image optimizer他画像圧縮プラグインを使うべき理由

画像圧縮プラグインを使う理由

ページの読込速度が遅い際に、画像圧縮プラグインを使うべき理由を解説していきます。

画像圧縮プラグインを使う理由①離脱率との関連性

「画像の読込が遅いせいで、なかなかページ全体が表示されないサイト」

あなたなら待ちますか?他のサイトに行きますか?

インターネット閲覧者の無意識の中での行動の中に、「3秒ルール」という言葉があります。

3秒以内に自分のほしい情報があるかどうかを流し読みで確認しているという行動心理。

しかし、

画像が重いせいで、ページ自体のスライドが遅ければ、表示されずに離脱される可能性もあります。

ですから、

しっかり画像圧縮による表示速度の安定化を図ることは非常に重要なのです。

画像圧縮プラグインを使う理由②容量の無駄な消耗削減

ワードプレスでHPを作る事は、サーバーを借りて行うことになりますよね?

サーバーにはそれぞれ容量というのが存在します。

徐々に、画像でイメージを伝えるページが増えていく中で、削られていく残容量。

少しでもページを安定的に量産できるようにするには、1ページずつの消化を抑える事も重要。

こうした点からも画像圧縮は重要になってきます。

画像圧縮プラグインを使う理由高速化はSEO効果も有り?

画像圧縮は何もユーザーからの目線だけではなく、Google検索エンジン対策にも重要な要素。

画像による読込が遅い事は、Googleからも圧縮提案される事があります。

そのくらい「ページ表示速度」というのは、SEO効果にも関わる重要な要素。

あなたがもし、ページの速度が遅いままの放置でサイトに新しい記事更新をし続けているとしたら大変もったいない損をしている事が考えられます。

しっかり、プラグインという1クリックで対応可能な内容ですから積極的に取り入れておくことをオススメします。

以上が、重い遅いサイトの対処法ワードプレス編として対策のプラグインEWWW Image optimizerの紹介記事となります。

あなたのサイトをよりユーザーが使いやすい環境に整える為にも、SEO対策のためにも確実に初心者でも取り入れておきましょう。

最後に私自身がアフィリエイト実践中にこの画像圧縮プラグインを使っている使用の頻度についてご紹介していこうとお見ます。

 

ワードプレスでアフィリエイト実践中に画像圧縮をする目安や時期体験記

ワードプレス重い反応が遅いプラグイン対応時期

私が実際にワードプレスでサイト運営をしている時にこのEWWW Image Optimizerを起動させるタイミングをご紹介していきます。

ワードプレス新規投稿10記事を目安に実行

ワードプレス記事を投稿しているサイトで多く見られる構成は、画像を見出しの下に入れてる構成

ということは、

1記事に見出しが多い程画像の数は増加します。

1記事に要する画像枚数 10記事になった時の画像枚数
3枚 30枚
5枚 50枚
7枚 70枚
10枚 100枚

ワードプレスでサイトを作る時は、必然的にサーバーにどんどん蓄積させていく事が最大の特徴。

この分余分な作業時間は減らすことは出来る代わりに、サーバーに不可を与えやすいのも特徴

よって、

10記事程度を入れたら、重くなくても定期メンテナンスをしておくことをオススメします。

さらに、

画像の大きさを一定にしておくことで管理しやすい環境も配慮をしておきましょう。

画像の大きさが大きければ大きいほど当然容量を徐々に増えていきます。

画像の質は、高まり続ける現代。

必然的にサーバー負荷は、ワードプレスだからこそ、上がってしまうのです。

自分でできるメンテナンス管理は、こうした地道な努力が大切。

離脱されないページを作る。

些細な努力は必ずユーザーの反応で返ってきます。

ぜひあなたも作業効率を上げるヒントとして活用して下さい。

この他のワードプレス初心者向けプラグインについては、

ワードプレス初心者の補助ツールになるプラグイン厳選リスト

でご紹介していますので、ぜひ合わせて参考にしてください。

もしご不明な点があれば、お気軽にご相談ください。

当サイト人気コンテンツ

人生やり直したいがアフィリエイトのきっかけNo1ワードプレス記事内画像挿入方法物販アフィリエイトとはトレンドアフィリエイトアクセスアップアフィリエイトコンサルの全貌

コメントを残す

サブコンテンツ

応援ありがとうございます。

Facebookページ

最近のツイート

このページの先頭へ

FX ブログ