アドセンスは高単価,高額キーワード選びが稼げるコツ?

アドセンスで稼げない人が独学でハマる落とし穴!

アドセンス高単価キーワードについて、私のサイトをご訪問頂きありがとうございます。

アドセンス高単価高額キーワードを知りたいアフィリエイト実践者の中には、こんな言葉が多い現代。

アドセンス高単価キーワードをツールで探せば稼げそう!

アドセンス高額キーワードが手に入れば勝ち組だ!

アドセンス高単価にシフトして記事を書けば稼げるはず。

アドセンスで稼ぐ事をコツやツールという言葉に頼る方にはこのような思考も多いように見えます。

私のサイトは、2015.2016のアフィリエイト実践【アドセンス,物販アフィリ併用】、アフィリエイトコンサル実践から見えた現実についてご紹介してます。

サイト管理人錦織大輝と申します。

アドセンス高単価高額キーワードについて、この記事では以下の内容をご紹介してます。

アドセンス高額,高単価キーワードとは?仕組み

アドセンス高額、高単価キーワード選びメリット、デメリット

アドセンス高額、高単価キーワード選定の注意点

以上の内容について、ご紹介していますので、アフィリエイト実践だけではなく、これからの企業,会社の集客等についてもお役立て下さい。

アドセンス高額,高単価キーワードとは?仕組み

キーワードプランナー使い方激変

私自身もアドセンスを実践していく中で、気付き興味を頂いた事がある高単価、高額キーワード。

しかし、高単価、高額キーワードを使えば稼げるという安易な発想は失敗挫折の原因となります。

根拠を画像付きでご紹介していきます。

アドセンス高単価,高額キーワードの調べ方

まずは、アドセンスの高額,高単価キーワードという存在について画像付きでご紹介していきます。

アドセンスの高単価,高額キーワードの調べ方は、キーワードプランナーを使います。

キーワードプランナーと言うのは、Googleが提供するアドワーズという広告サービスの1つです。

キーワードプランナーを使うと、以下のようなデータを出すことが出来ます

キーワードプランナー使い方

※キーワードプランナーは、広告を入稿しない状態ではこの画面が見られなくなりました!

上記画像の画面内におけるデータは以下の通りとなります。

キーワードプラナーに表記される内容 アドセンス実践における意味
キーワード キーワード選定の方法の1つとして使用可能。
月間平均検索ボリューム 1年間の平均検索数が出ています。
競合性 広告入札者が多い事を示しています。
推定入札単価 アドワーズ内最下位表記での入札単価になります。

以上のデータを確認して置くことで、1クリックにおける高額,高単価キーワードを見つけ出すことは可能となります。

アドセンスの高額,高単価キーワードの特性とは?

アドセンスの高額,高単価のキーワードについて、考え方を紹介していきます。

 

アドセンスの高額,高単価のキーワードになるというのは、企業が利益を得やすい人気キーワードという見方になります。

アドセンスは、グーグルアドワーズのディスプレイ広告の表示先。

ですから、人気のキーワードは、表示させたい企業も多い事になります。

よって、表示させたい競争率が高まり、単価も高額化する

アドセンスの高単価,高額のキーワードというのは、こうした仕組みで高まっていくのです。

では続いて、アドセンスの高額,高単価のキーワードは稼げるコツなのか?をご紹介していきます。

 

アドセンス高額、高単価キーワード選びメリット、デメリット

アドセンス高単価,高額キーワードの選び方

アドセンスを実践していく中で、どうしても高単価、高額キーワードを狙う気持ちは楽をしたい気持ちと交錯します。

私自身が2015.2016とアドセンス実践で気付いた事をご紹介していきます。

アドセンス高額,高単価キーワード選定のメリット

クリック単価とクリック数で報酬額が変わっていくのが、アドセンス。

だったら、高い高単価のキーワード記事ばかりを書いていけば簡単に稼げるはず。

確かに、理論的には、この考え方は、間違っていません。

そして、クリック単価が高い高単価,高額キーワードは、以下のようなメリットが有ります。

・誰もが知り、情報を知りたくなる広告が増える。

・クリック率が自然と高くなる傾向が強い。

・記事の質が伴うと、資産サイト化しやすい。

つまり、表示される広告に魅力があるという言葉を使いやすい状況が整うようになります。

他社サイトでは、表示される割合が少ないようなユーザーのニーズを満たす広告が表示されやすいのが最大のメリットと言えます。

では続いて、デメリットを見ていきましょう。

アドセンス高額,高単価キーワード選定のデメリット

実際に、アドセンスを実践していて、高額、高単価キーワードに取り組んだ事もある私。

実際に、ロングテールとなる資産サイトの構築も成功しました。

しかし、高単価、高額キーワードには、以下のようなデメリットを覚悟しなければいけないのです。

・全員が書ける環境ではない(知識や体験がある事が重要)。

・記事自体の信ぴょう性,信頼性,安定性の確保が必要不可欠。

・専門的になり過ぎない表現等の配慮も必要。

高単価、高額キーワードの記事を書く際には、非常に濃い内容が必要となります。

ですから、以下に該当する表現は、ほぼ稼げない挫折や失敗の原因に直結します。

1.曖昧

2.胡散臭い

3.古い

4.情報量

5.更新頻度

上記5つは、確実にキーワード選定をしていても稼げない原因になります。

十分注意して、自分の体験や知識などの身の丈に合う記事を構築しておくことが大切になります。

では続いて、高単価、高額キーワードを使う際の注意点をご紹介していきます。

 

アドセンス高額、高単価キーワード選定の注意点

アドセンス高単価キーワード選定注意点

いくら高額,高単価キーワードを選定していても、稼げないのもアドセンスのポイント。

そこで、稼げないという悩みにハマりやすい注意点をご紹介していきます。

アドセンス高額,高単価キーワード選び方注意点1.全体像

あくまでも、高単価、高額キーワードの特徴は、大手企業も欲しがる様なキーワードであることが特徴。

ということは、単発記事ばかりを集積させる記事では限界を迎えます。

根拠は以下の内容が必要になるからです。

・アフィリエイトサイトでもSEO対策を意識しなければ稼げない。

・サイト内の情報が散漫になると、ユーザーは次の記事を見たい気持ちを抱かない。

➢解りやすい誘導経路確保が必要不可欠となる。

あなたにもこんな経験がありませんか?

「本屋に行って、表紙に魅力的な表現があったのに、中身の見出しが分かりにくくて、立ち読みすらしなかった。」

まさに、アフィリエイトサイトの全体像というのは、本屋の立ち読みに似ているのです。

解りやすくさらに、魅力が伝わる表現や配置を心がけておくことが重要です。

アドセンス高額,高単価キーワード選び方注意点2.一貫性

アドセンスアフィリエイトを実践におけるコンサルを実践していて感じるのは以下のような課題。

・記事ごとに、バランスや配置が違って、毎回考えさせられる方の記事。

・画像ばかりで、記事が目立たない。

➢表現の強弱が泣いため、頭に残る量が文字数より圧倒的に少ない。

高単価、高額キーワードを配備した記事であるなら、伝わる表現方法を見つけ出すことが重要となります。

アドセンス高額,高単価キーワード選び方注意点3.有益性

最後には、SEO対策にも大きく影響する課題として、有益性が鍵となります。

有益性があるサイトにしなければいけない事情は以下の通りです。

・アドワーズ表示のきっかけは、ユーザーの質を問われれるから。

・アドワーズ表示後のユーザーの行動がクリック単価にも影響するため。

➢正当にクリック率やクリック率を承認される為には、ユーザーにも企業にも有益性を求められてる。

ただクリックされるだけで、実際に収益化につながらない広告表示に意味はありません。

企業にとっても満足できるコンバージョン率を出すきっかけになるキーワード選定が必要となるのです。

つまり、独りよがりな記事をオリジナリティと考えて掲載する事が最も挫折や後悔を生み出すきっかけになる。

高単価、高額キーワードを使いたいのであれば、ぜひこのポイントを意識してみてください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧頂きましてありがとうございました。

当サイト人気コンテンツ

人生やり直したいがアフィリエイトのきっかけNo1ワードプレス記事内画像挿入方法物販アフィリエイトとはトレンドアフィリエイトアクセスアップアフィリエイトコンサルの全貌

コメントを残す

サブコンテンツ

応援ありがとうございます。

Facebookページ

最近のツイート

このページの先頭へ

FX ブログ