地震速報静岡|2016年エイプリルフールが笑えない!

静岡地震速報2017年4月1日

2017年4月1日エイプリルフール。

静岡で地震速報が出ました。

私もPCでアフィリエイト記事を書いている時だったのでふとあれ?と気付きました。

静岡地震速報|震源地はどこ?

静岡地震速報を体験してつくづく思う準備

以上の内容で、ふとアフィリエイト以外の内容をご紹介していこうと思います。

静岡地震速報|震源地はどこ?

地震速報静岡

震源地は和歌山県南部となりました。

詳細情報は、以下の内容となっています。

震源地 三重県南東沖
マグニチュード 6.1
深さ 10km
地震発生時刻 2016年4月1日11時39分頃

以上のような情報が確認できました。

関東、九州に続くこのエイプリルフール地震はどう影響するのか?

今後の影響は、静岡での警報などはでていません。

静岡の人は、地震という響きにどうも過剰反応する傾向がありますね。

私はこの地震から公共機関の影響を真っ先に心配しました。

是非皆様今日は早めの行動を心がけていただけたらと思います。

では続いて、

2016年地震速報と体験から実感した私の考え方をご紹介していきます。

 

 

静岡地震速報を体験してつくづく思う準備

地震速報静岡から感じた準備対策

私は地震を心のどこかで毎回楽しんでたりします。

この気持ちは、スリルという感覚だと思います。

逆に、大災害を経験していないからだとも思います。

恐怖感を持つ内心で、やはり引き締まる心。

この2016年4月1日の地震が私に与えた準備意識をご紹介していきます。

静岡地震速報を経験して準備としておくべきと痛感したこと

私は、地震そのものよりも物資の供給の乱れやすい静岡の地形に心配をしています。

・メインの交通網が全て海に近い

・土砂災害があると東西への行き来は困難

・電車の止まりやすい環境

・地下鉄のない条件

こうした地方の課題から、私が最初に準備しなければと思ったのは、電気自動車。

電力供給源が途絶える心配がある地域に電気自動車は蓄電池。

こんな意識をし始めていた矢先の出来事でした。

静岡でも徐々に増えてきた電気自動車、今後は災害時の自宅用蓄電池としての認識が高まる事を期待しています。

この記事ではちょっとアフィリエイトや副業とは全く関係ない情報を出しました。

私自身がどんなキャラクタなのかを含めて記事をご覧いたただけたらと思います。

では最後に、

「本音で語ろう!」

素直に飾らない自分の個性を活かす情報配信をこれからも続けていこうと思います。

当サイト人気コンテンツ

人生やり直したいがアフィリエイトのきっかけNo1ワードプレス記事内画像挿入方法物販アフィリエイトとはトレンドアフィリエイトアクセスアップアフィリエイトコンサルの全貌

コメントを残す

サブコンテンツ

応援ありがとうございます。

Facebookページ

最近のツイート

このページの先頭へ

FX ブログ