早期退職 後の生活準備に副収入!60代コンサル生の悩み

定年退職より早い解雇対策に副収入!会社員副業が必要な理由

早期退職後生活について、この記事をご覧頂きありがとうございます。

早期退職後生活を考えてる方の中には、

・今の貯金で足りるか不安。

・親の介護があるし、とても生活できない。

・早くに年金を受け取るべきかなやんでる。

こうした切実な今の生活と将来への不安の間で生きている方も多い現代社会。

このサイトは、アフィリエイトを通じて、会社員副業から人生詰んだと思える危機から脱出した私の実践記やコンサル生の感想などもご紹介してます。

先日ご相談を頂きましたコンサル生はなんと60代。この方の声を具現化しながら、

早期退職後の生活を検討中でも、踏み切れない未来の悩み。

早期退職後の生活準備で欠かせない真実!

早期退職後の生活前にアフィリエイト副収入がもたらす安定性

以上の内容についてご紹介してますので、早期退職を検討している方も含めて、30代が将来を考える上でもお役立て下さい。

早期退職後の生活検討中でも、踏み切れない未来の悩み

早期退職後の生活準備

早期退職。

こんな言葉が浸透している悲しい現実。

まずは、早期退職の意味を含めて、コンサル生が抱えた悩みなどをご紹介していきます。

早期退職とは?

早期退職とは、自己都合なのか?会社都合なのか?

まずは視点を含めて、意味からご紹介していきます。

早期退職とは、早期優遇退職と言います。

言葉の意味は、簡単にいえばリストラの一環。

退職の希望者を募り、退職をしていいですよという対応をする。

企業が悪者にならない為の言葉とも思えます。

これが、早期退職です。

早期優遇退職を決意できない不安とは?

早期優遇退職は、合併等に伴う際によく使われます。

会社の規約が大きく変わることにより、買収された方は、肩身の狭い環境になる。

同じ待遇では、今後の事業統合では出来ない可能性があります。

こんな言葉を伝えながら、会社員として同じ会社に居ますか?

この質問を投げかけられたら、多くの方は居たくないと思うはず。

「でもこのご時世だから、仕事がない状況よりは良い。」

こんな考え方の方も多いのです。

・待遇が変わる事より社会保険や厚生年金が積み立てられる事が大切。

・退職金もないし、年金をもらう年齢でもないからこそ、月の給料は大切。

・家族がパートもしていないし、住宅ローンが完済できていない。

こうした事情を抱えてる方もまだまだ早期退職候補者には多数いらっしゃいます。

だからこそ、早期退職候補に名乗りでたくても、結果的には何も出来ずに条件悪化で就業する。

この結末に悩む方も増えているのです。

想像以上に悪化している環境変化に、早期退職を名乗りでたい!

こんな方のための見ておくべき現実をご紹介していきます。

 

早期退職後の生活準備で欠かせない真実!

早期退職後の生活の実態

早期優遇退職を希望する。

この結末が生み出す新しい人生には何が必要なのか?

心構えだけではどうすることも出来ない現実をご紹介していきます。

早期退職後の生活1.失業給付

「早期退職後の生活にも、失業保険は有るはず。」

こんな風に考える方も多いですね。

しかし、この失業給付は想像以上に少ない事をほとんどの方は知りません。

失業給付の計算方法とは?

失業給付とは、以下の条件を導き出すことが必要となります。

賃金日額➔直近の過去6ヶ月総支給額合計額÷180日。

勤続年数➔年数に応じて変ります。

例えば、60歳以上65歳未満で賃金日額が8000円という条件。

この場合は、勤続年数により以下のようにもらえる金額や日数が変わります。

勤続年数 手当日額 給付日数 合計額
1年以上10年未満 4600円 90日 414,000円
10年以上20年未満 4600円 120日 552,000円
20年以上 4600円 150日 690,000円

つまりは、年齢を問わず、手当日額は、変りません。

変わるのは、勤続年数によって、支給期間が1ヶ月のびるだけ。

これでは、生活の足しになりますか?

正直かなり厳しいというのが答えになるのです。

だからこそ、現実を直視しておく事が重要といえるのです。

早期退職後の生活2.再就職斡旋の有無

工場閉鎖に伴う様な早期退職後は、転勤すれば可能というケースも中には有ります。

しかし、こうした大規模な移動は、家族が協力できな居ケースも有ります。

理由は簡単。

・子供が高校生で転校手続き等の手間と労力が大変。

・今の生活の良さを周囲の近所付き合いを含めて知っている。

・住宅ローンがある家を売却しても残債が残るから勿体ない。

➔移り住みたいだけの理由がない。

こうなると、再就職先として、転勤要請があっても、現実的ではない方も多いんです。

家族が離れ離れになってまで、養育するための転勤。

この決断は、心が折れる要因にもなっているのです。

早期退職後の生活3.保険料や所得税の支払

よくある芸人の世界のようですが、再就職が決まらず、結果的に年を越すと、前年分の所得税支払いが来ます。

この支払が給与から差し引きされていた生活から、自分で支払う生活。

生活する費用を失業給付でもらっても、満額が使えない現実。

こうした支払いとのバランスから、苦労する方も多いんです。

だからこそ、私のもとにも、自分の安定収入が欲しいという声が相談としてくるのだと思います。

では最後に、アフィリエイトが生み出す将来の安定性をご紹介していきます。

 

早期退職後の生活前にアフィリエイト副収入がもたらす安定性

早期退職後の生活準備とアフィリエイト副収入

アフィリエイトという副収入が早期退職を助けられる根拠をご紹介していきます。

早期退職後の生活にもアフィリエイトがよい根拠1.労働時間と収入バランス

早期退職をした時、余ったひと時を利用した副業実践。

こんな状況であったとしても、アフィリエイトはすぐに実践可能。

そして、最大の副収入としての魅力は、上のグラフのように、一度軌道に乗れば簡単にゼロにはならない現実。

これが、私がアフィリエイトを早期退職希望者におすすめできる根拠。

アフィリエイトとは?という言葉をまだご存知でない方は、

アフィリエイトとは?

にてご紹介してますので、合わせてお役立て下さい。

実際に私も子育てをしながらの実践で着実に副収入を稼ぐ事が出来たのです。

ですから、こ自分で会社に行く時間を問わずパソコン1台とネット環境で稼ぐ未来。

この価値観から、副収入としての価値は高いのです。

早期退職後の生活にもアフィリエイトがよい根拠2.資産構築

資産と呼べる物には、多くのものが日本は税金が取られます。

車➔自動車税

土地や住宅➔固定資産税

しかし、これらの多くは最初に購入するという資金が必要。

アフィリエイトは違います。

パソコン1台とネット環境に税金は消費税位です。

あとは、少額投資で莫大な資産を生み出す事が出来ます。

だからこそ、資産にするには非常にメリットが高いのです。

早期退職後の生活にもアフィリエイトがよい根拠3.高い利回り

不動産投資も実際に私は行っています。

しかし、利率は圧倒的にアフィリエイトの方が効率的です。

さらに、不動産物件によくある故障などのトラブル対応も皆無。

よって、利回りの確保は、労働というのは、記事作成位。

結果的には、非常に利益率の高い収入を得ることが出来るのです。

このような未来をてにできるなら、万が一、希望退職があったとしても怖くないですよね?

むしろ、条件が悪いくらいなら、アフィリエイトに集中した方が良い。

この発送で転換するすることが出来ます。

アフィリエイトは、簡単ですが単純ではありません。

苦労なく、最初からどんどん収益が発生するものでもありません。

しかし、取り組んだ努力は確実に報われるものだと私は確信しています。

少しでも老後を豊かにしたい。

退職後すぐに年金に頼りたくない。

会社員を退職しても安定した収入源が欲しい。

こうした考え方をお持ちの方は少しでもアフィリエイトの存在価値を知って頂けたらと思います。

私はこのアフィリエイトを知って、人生を救われました。

大げさなようですが、本心からそう言えます。

ですから、この記事をお読みいただいた貴方にも同じ境遇からの脱出方法としてお伝えしているのです。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事を読み進めて頂きありがとうございました。

当サイト人気コンテンツ

人生やり直したいがアフィリエイトのきっかけNo1ワードプレス記事内画像挿入方法物販アフィリエイトとはトレンドアフィリエイトアクセスアップアフィリエイトコンサルの全貌

コメントを残す

サブコンテンツ

応援ありがとうございます。

Facebookページ

最近のツイート

このページの先頭へ

FX ブログ