ワードプレスリンクエラー404対策プラグイン設定方法画像付

Broken Link Checkerインストール設定方法や使い方

このページをご覧頂きありがとうございます。

サイト管理人 錦織大輝と申します。

このページではワードプレス初心者に補助ツールとなるおすすめプラグインとして、リンクエラー防止のために、Broken Link Checkerを以下の内容でご紹介していきます。

リンクエラーチェックプラグインBroken Link Checkerインストール,設定を動画で解説

リンクエラーチェックプラグインBroken Link Checkerインストール方法を画像付きで解説

リンクエラーチェックプラグインBroken Link Checker設定方法を画像付きで解説

Broken Link Checkerでエラー検出時の対応法

以上の内容からご紹介していこうと思います。

あなたのページの質を維持するためにも必ず必要になりますので、ぜひインストール、設定、その後の対応全てを知っておいてください。

リンクエラーチェックプラグインBroken Link Checkerインストール,設定を動画で解説

Broken Link Checkerインストールから設定の様子を動画でご紹介する予定です。

ただ今動画を製作中となりますので、もうしばらくお待ちください。

この動画でご紹介する予定の内容を以下のテキストでは、画像付きで解説してますので、参考にしてください。

 

リンクエラーチェックプラグインBroken Link Checkerインストール方法を画像付きで解説

プラグインインストール方法

では早速インストール作業を画像付きで解説していきましょう。

プラグインインストール1

①ダッシュボードメニュー内のプラグインにマウスカーソルを合わせます。

②新規追加をクリック

Broken link checkerインストール方法

①キーワード横の枠に「Broken Link」でもプラグインは表示されます。

②いますぐインストールをクリック

インストール2

OKボタンをクリック

次の画面で、プラグインの有効化をクリックすれば、インストールは完了。

では、次に、Broken link checkerの設定方法について画像付きで解説していきます。

リンクエラーチェックプラグインBroken Link Checker設定方法

プラグイン設定方法

では早速設定画面に入りながら、作業をしていきましょう。

Broken link checker設定方法

①プラグインをクリック

②インストール済みのプラグインをクリック

③Broken Link Checker下の設定ボタンをクリック

Broken Link Checker設定1.一般設定編

Broken link checker設定方法1

まずは一般画面から解説していきます。以下の内容を設定しておきましょう。

各リンクをチェック リンクチェックする間隔を設定します
メールで通知

メールは受け取っておきましょう

通知メールアドレスも設定します

リンクの調整 検索エンジンが・・・に☑
提案 そのままでOK

以上の内容は確実に設定しておく事をおすすめします。

次にリンクチェック対象画面について解説していきます。

Broken Link Checker設定2.リンクチェック対象

Broken link checker設定方法2

リンク対象について、下書きや記事の予約投稿を使う方には必ず確認して欲しい設定となります。

リンクチェック対象

・投稿

・固定ページ

は当然ですが、コメントにリンク付きをしている方もいますので、☑は外さずに置いておきましょう。

 

リンクチェックする記事のステータス

公開済みだけでなく、タイトルやリンク先だけをいれたままの下書きなどもチェックしておくようにしましょう

予約済みの記事も公開前にリンク切れになっていないかをチェックしておくべきです。

以上の内容をチェックしておきます。

次に、リンク種類チェック対象項目を設定していきます。

Broken Link Checker設定3.リンク種類チェック対象

Broken link checker設定方法3

以下の内容をリンクに使う方は、ぜひチェックしておきましょう。

・埋め込み型YOUTUBE動画

・埋め込み型YOUTUBE以外にも動画関連を予定している方

動画は、リンクエラーになることもかなり多いジャンルもありますので、使う予定の方は必ずチェックしておきましょう。

以上が、主な設定内容になります。

では、このBroken link checkerによるエラー検出時の対応を解説していきます。

 

Broken Link Checkerでエラー検出時の対応法

Broken link checkerリンクエラー対処法

Broken link checkerを使った実際のリンクエラーを確認する方法

①ダッシュボードメニュー内のツールにマウスカーソルを合わせる

②リンクエラーをチェックをクリック

Broken link checkerリンクエラー対処法2

このように表示されています。左から、

・リンクチェック対象のURL

・実際にエラーの対象となっているテキスト文字

・修正すべき投稿ページの編集ページのURL

この3種類が出ています。

作業効率を上げるために、テキストリンクの文字をコピーしてメモ帳などに貼り付けます。

対象のページの編集画面で、Ctrlを押しながら、Fキーを押します。

小さな小窓が出ますので、この枠に先ほどのテキストリンクの文字を貼り付けます。

その先に出ているURLやリンクを修正します。

最後に、画面に戻り、以下のメニューから対象の作業を選択します。

Broken link checkerリンクエラー対処法3

以上で、リンクエラー発見方法並びに、発見時の対処法を完了させます。

Broken Link checkerプラグインの使い方についての説明は以上にになります。

 

アフィリエイトツールとしてプラグインBroken Link Checkerが重要な理由

リンクエラーがSEO対策?アフィリエイト実践体験記

アフィリエイト実践におけるリンクエラーチェックプラグインの重要性を実践体験からご紹介していきます。

トレンドアフィリエイトも物販アフィリエイトも共通のSEO対策に必須な理由

トレンドアフィリエイトを実践する方も物販アフィリエイトを実践する方も必ず記事を書いていく中で使うのは、内部リンクという存在。

関連記事を表示するなどのプラグインもあり、サイト滞在時間に影響をする大切な機能。

しかし、

このリンク先が404エラーになる。

これは、記事からのリンク切れだけでなく、サイト全体における404エラー件数の増加につながります。

つまりは、

エラーの多いサイトというSEO評価につながるリスクがあるのです。

よって、

少しずつであったとしても、修正し正しいリンクをつなげておく。

これは、

小さな努力が実るサイト運営術。

アフィリエイト記事は、各記事のつながりも重要な稼ぐための工夫。

ですから、

徐々に増えていく記事の中で、心配な場合は、プラグインを定期的にチェックする。

これだけで一つ一つのページをチェックする必要が無い安心のために導入しておくべきプラグイン。

Broken Link Checkerに救われたアフィリエイト実践体験記

私がアフィリエイトを実践していて、あるサイトの記事数が300記事を超えた頃、事態は発生しました。

サイト全体の大改造を一度かけたのです。

アフィリエイト記事の中で、あまりアクセスの集まっていない記事を一斉消去。

気分転換とかではなく、こうした行動も立派なSEO対策。

記事数があるからこそ安心だけでなく、さらにコンテンツの質を高めるための対策となります。

しかし、

この作業には、当然残された作業があります。

それが、

リンク切れ対策。

当然ながら、すべてのリンクエラーをチェックしながら作業しなければいけなくなります。

この作業を効率化してくれたのが、Broken Link Checker.

100以上あったサイト内のリンクエラーを少しずつ修正していくことで、すべての対応を完了させることが出来ました。

小さなリンクエラーの積み重ねが大きなSEO順位降下にもつながるのが、サイトアフィリエイト。

ぜひ、あなたも安全にサイトの順位を保ち続けるためにしっかりこのプラグインを入れておく事をお勧めします。

このプラグインをより活躍させる場面は、特に物販系アフィリエイトと言われる商品紹介をする際に最も重要となります。

・商品の無い状態になったのにリンクが残っている

これでは、リンクの意味もないので、十分チェックは慎重に対処しておきましょう。

この他のプラグイン紹介は、

ワードプレス初心者におすすめの補助ツール的プラグイン厳選リスト

でご紹介していますので、合わせて参考にしてみてください。

ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

それではこの記事を最後までお読み頂き有難うございました。

当サイト人気コンテンツ

人生やり直したいがアフィリエイトのきっかけNo1ワードプレス記事内画像挿入方法物販アフィリエイトとはトレンドアフィリエイトアクセスアップアフィリエイトコンサルの全貌

コメントを残す

サブコンテンツ

応援ありがとうございます。

Facebookページ

最近のツイート

このページの先頭へ

FX ブログ