ワードプレス関連記事表示プラグイン比較とおすすめ実践記

ワードプレス関連記事表示プラグインおすすめ

この記事をご覧頂きありがとうございます。

サイト管理人 錦織大輝と申します。

ワードプレス初心者おすすめプラグイン厳選リストの中から、今回ご紹介するのは、関連記事表示

私がいくつか使ったプラグインの中でもおすすめは、Related Posts。

この記事では、

ワードプレス記事下関連記事表示プラグインおすすめRelated Postsインストール方法

ワードプレス記事下関連記事表示プラグインおすすめRelated Posts設定方法

ワードプレス記事下関連記事表示プラグインはなぜ入れるべきか?体験記

ワードプレス記事下関連記事表示プラグイン今までに私が使ったリストと感想

私が一番おすすめしやすいと思ったのは、設定方法が簡単だったこと。

では順番にご紹介していきましょう。

ワードプレス記事下関連記事表示プラグインおすすめRelated Postsインストール方法

この記事では、超初心者の為に、ダッシュボード画面からご案内していきます。

まずは、ダッシュボードからプラグイン ☛ 新規追加をクリックします。

プラグインインストール1

次に、プラグイン検索画面に、Related Postsと検索し、今すぐインストールボタンをクリック。

Related Postsインストール方法画像付

①右上の枠内にRelated Postsと入力

②表示されたらいますぐインストールをクリック

Related Postsインストール方法画像付1

OKボタンをクリック

Related Postsインストール方法画像付2

プラグインの有効化をクリック

以上で正常にインストールが完了しました。

では、設定方法に進みましょう。

 

ワードプレス記事下関連記事表示プラグインおすすめRelated Posts設定方法が簡単だった!

成功

それでは実際の設定画面を照らし合わせながら、設定方法を解説していきます。

まずは、設定画面を開くまでを解説します。

RelatedPosts設定方法

①設定にカーソルを合わせる

②Related Postsをクリック

Related Posts設定方法1

最初に出てくる内容は以上の内容が表示されます。

あなたが触れる箇所は、この画面上では2つのみ。

Related Posts Title

関連記事等、表示させたいメニュー部分のテキストを入力します。

Number of Posts

関連記事を実際に表示させたい数を選択します。

英語が大変という方は、

RelatedPosts日本語表示切り替え

画面上のどこでもいいので、右クリックをします。

すると、

メニューが出ますので、「日本語に翻訳」を選択

すると、

RelatedPosts基本設定

このように日本語表記に変わります。

ここからは誰でもわかるように日本語ベースで表記していきます。

次に、最初に表示された文字の中に矢印がありますので、画像にある矢印をクリック。

RelatedPosts設定方法1.5

すると、縦長に長い画面の続きが出てきます。

上から順に見ていきましょう。

RelatedPosts設定方法テーマレイアウト

テーマ

テーマを有効にするに☑がついてますのでそのままでOK。

レイアウト

レイアウトは、英語表記ですが、以下の7つからイメージを選べます。

レイアウト1.お母さん(Momma)

Layout1momma

日本語化したお母さんの画像付きレイアウト。

テキスト文字が少し小さい気がします。

レイアウト2.モダン(Modern)

Layout2Modern

モダンは、

左にスモール画像

右にテキスト

という配置になっています。

レシピなどのページにはおすすめのレイアウトですね。

レイアウト3.垂直(大)(Vertical(Large))

Layout3Vertical(Large)

画像サイズが一番大きなレイアウト。

テキスト量が少ないので、感想等を書いている発言的テキスト表記にはおすすめ!

レイアウト4.垂直(中)(Vertical(Medium))

Layout4Vertical(Medium)

このタイプが標準になっていますね。

私は現状このタイプを採用していますが、十分レイアウトは綺麗だと思います。

レイアウト5.垂直(小)(Vertical(small))

Layout5Vertical(small)

画像がスモールになったタイプ。

・テキストを引き立たせたい

・画像は特徴ある1つが目立てば良い

こんな画像を用いている方におすすめです。

レイアウト5.Pinterestインスパイア(Pinterestinspire))

Layout6PinterstInspired

大小様々な総合メディア風の配置になっているレイアウト。

・より視覚的に楽しんでほしい

・縦長の画像も時々使う予定がある

こんな方には、おすすめのレイアウトだと思います。

レイアウト6.2カラム(Two Columns))

Layout7TwoColumns

2カラムの名前のとおり、2列配置型のレイアウト。

・モダンではテキストが長すぎる

・モダンの配置で画像をもう少し小さくしたい

なんて意見の方にはおすすめのレイアウトですね。

最後は、カスタマイズというCSS知識が必要な内容ですから、初心者向けには今回は掲載を見合わせます。

では次の項目に行きましょう。

カスタマイズ

RelatedPosts設定方法(カスタマイズ)

カスタマイズメニューでは、

・関連記事のサムネイルを表示、非表示

・コメントの表示数

・日付公開表示、非表示

・ポストの抜粋を表示します。(文字数の最大数を選べます)

・カスタムCSSを有効にします

こうした内容を選択可能になります。

私は、サムネイルのみ使ってあとは触っていません。

では次の画面に進みましょう。

RelatedPosts設定方法サムネイル

デフォルトサムネイル

こちらの設定も可能。

自分でサムネイルを設定していない時のための画像を選択しておくこともできます。

しかし、

サムネイルは習慣化して欲しいのであえて触らずにおいてください。

では次です。

その他設定

Relatedposts設定方法除外設定

その他の設定では、カテゴリ除外設定が可能。

プロフィール等を関連記事に掲載しない設定にしておきましょう。

では次です。

RelatedPosts設定

最後の選択ですね。

関連記事を何処に入れますか?という設定が可能。

・挿入位置は自動設定にしておく

・RSSフィードに表示しますか?

初心者の段階では、更に工夫をするのは、のちのちでいいと思います。

まずは、設置しておくことに意味がありますので、自動投稿で大丈夫です。

では、今回の設定は以上となります。

お疲れ様でした。

では最後に、私が関連記事プラグインを紹介する理由とこれまでに使ったプラグインの感想をご紹介していきます。

 

そもそもなぜ関連記事プラグインを使うのか?

ワードプレス関連記事プラグインを設定するメリット

ワードプレス初心者の使い方に、わざわざ関連記事プラグインをおすすめする根拠をご紹介していきます。

そもそも関連記事という存在価値は、単体の記事には意味がありません

しかし、

関連記事があるのは、もちろん記事が増えてきたらという前提ですが、

・あなたのサイト内に有る他の記事をその場で案内できる

・ユーザーにとって、情報の多いサイトである認識を持ってもらいやすい

・あなたの記事の質と量に満足したユーザーはリピーターになるきっかけ作りになる

 

こうした自分のサイトを訪れてくれたユーザーに、

「またこのサイトを見れば、自分の知りたい事が満たされる」

こう思って頂くきっかけになるのが最大のメリットとなります。

SEO対策を行わなくても、ファンを作るサイトのの作り方。

こんな意味で、ワードプレス関連記事プラグインを必ず導入しておくことをオススメします。

では、私がこれまでに使ってきた関連記事プラグインとその感想をご紹介してこの記事を終わりたいと思います。

 

関連記事表示プラグイン今までに私が使ったリスト

関連記事プラグイン体験談

私が実際に使った関連記事表示プラグインをご紹介していきます。

・Yet Another Related Posts Plugin(YARPP)

・Similar posts

・Wordpress related posts

以上の3つを使いました。

がしかし、

・レイアウトの設定が面倒

・選択式で簡単に自分の満足するものができない

・カスタマイズしにくい

以上の内容から私は、Related Postsに変えました。

この結果は、

・非常に単純

・表示自体には非常に満足

・気分で画像の大きさと文字の配置を変えられる

ユーザーの目線に立つホームページ作りにはまさに最適化させれやすいと思います。

あなたもいろいろ悩まず、まずは、Related Postsを試してみてください。

最後に、関連記事表示をさせる際に注意しておきたいことをご紹介していきます。

 

ワードプレス関連記事表示における重要なポイント|実践感想

ワードプレス関連記事表示設定のコツ

アフィリエイトを実践していると、関連記事表示による滞在時間が伸びる事を期待するのは当然。

しかし、

最初の頃は、記事の数が少ないため、関連記事表示もほとんどありません。

関連記事が無いのに設置の意味があるのか?

この答えは、もちろんNoです。

しかし、

いつ判断開始から表示をしてくれるかはわかりにくいのも事実。

ですから、

この心配をしすぎて、導入を遅らせる方がリスクは高くなります。

よって、

アフィリエイト記事を書く際は、関連記事にそって投稿する

これが、私が2015年トレンドアフィリエイトや物販アフィリエイト用記事を書いていく最初の段階に注意を始めた秘訣。

書きたいことがバラバラ。

この気分もありですが、せめて関連記事を2つは記載する。

こうした努力を積み重ねるほうがSEO対策をするのは簡単になります。

関連記事をまとめて投稿する事で発揮されるSEO対策効果

私がプラグイン導入後から気をつけた事で気付いた結果に対する考え方は以下のようになります。

・主力の記事を見分ける

・関連記事同士を内部リンクでつなげる

・まとめページを作りながら、ページ数を増やす

こうした後々の作業効率を高めることにも役立つのが、関連記事を投稿するメリット。

ですから、

記事が書けない。

何を書けば良いのか解らない

こうした時は、とにかく最初に書いてある記事の中から別の記事の切り口を見つける。

こうした意識を高める事を含めて、しっかり関連記事プラグインを導入しておくことをオススメします。

この他の私がすすめる初心者向けプラグインは、

ワードプレス初心者向けプラグイン厳選リスト

にて、ご紹介していますので、ぜひご覧ください。

この記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

当サイト人気コンテンツ

人生やり直したいがアフィリエイトのきっかけNo1ワードプレス記事内画像挿入方法物販アフィリエイトとはトレンドアフィリエイトアクセスアップアフィリエイトコンサルの全貌

コメントを残す

サブコンテンツ

応援ありがとうございます。

Facebookページ

最近のツイート

このページの先頭へ

FX ブログ