アフィリエイト失敗原因で稼げない人に多い誤解

アフィリエイトも稼げない人

アフィリエイト失敗は原因なのか、アフィリエイトも失敗する人なのか?何れにしても、この記事をご覧頂き有難うございます。

アフィリエイト失敗するという事実から、目を背けずに少しでも原因を探ろうとしている方も多い現代。

しかし、アフィリエイト失敗する人とアフィリエイトも失敗する人というのは、あまり変わりない特徴が有ります。

私のサイトは、2015.2016のトレンドアフィリエイト,物販アフィリエイトを通じて、月収10万以上を安定化させ、コンサルタント活動を通じた記事をご紹介してます。

サイト管理人錦織大輝と申します。

アフィリエイト失敗する人というのは、どんな特徴があるのか?を実際に感じる事を含めてご紹介していきます。

アフィリエイトで失敗する人と「できない男」の名言共通点!

アフィリエイトで失敗する人の出来ない時の典型的行動パターン

アフィリエイトは、簡単ですが単純ではない!という言葉を通じて、少しでも今の自分の何が悪いのかを探るためにお役立て下さい。

アフィリエイトで失敗する人と「できない男」の名言共通点!

アフィリエイトで稼げない人のセリフ

アフィリエイトで失敗する人というのは、できない男という言葉を使われるケースと似ている事が徐々に見えてきました。

自分は違う!と思いたいではなく、思う所があれば変わればいいだけのこと。

まずは、名言をご紹介していきます。

アフィリエイトで失敗する人の名言1.調べ方に答えがあった!

アフィリエイトで失敗する時、調べる方法というのは、大きく2つに別れます。

・失敗する原因を調べて、1つ1つを解消する探し方。

・稼げるコツを探して、自分との比較をする人。

やってることは、全く逆ですよね?

どっちが失敗する人の声かと言えば、「原因」に拘る人

なぜそう言い切れるのか?

以下の用に物事を考えていかなければ成功をつかむことがは出来ないのです。

・いくら間違いの原因を探し出せたとしても、正解がわからないままでは、ゴールには行けない。

➢正解を見て、なぜそうなるのか?を考えてる時点で、出来ない原因は見えてくる。

このように考え方を原因から入る人というのは、ほぼ失敗するループにハマるケースが多いのです。

アフィリエイトで失敗する人の名言2.返事にも特徴あり!

アフィリエイトで失敗する人のセリフと言うのは、まだまだ特徴があります。

次のセリフは、こんなシーン。

「1つ指示を受けました。このときの答えは何を返事しますか?」

1.でも、僕の調べた中では、こういう意見もありました。

2.解りました。まずはやってみます。

自分の意見や思っている事をハッキリいう事は決して悪いことではありません。

しかし、知らないのに、他人の情報をあたかも自分の知ることのように伝える行動に問題があります。

つまり、失敗する人と言うのは、確信が無い時ほど、実戦から学ぶ前に情報の不足を訴えかけるのです。

アフィリエイトで失敗する人の名言3.反省

反省をして、少しでも昨日より前に進み、自分の成長を何か1つでもいいからつかむ。

アフィリエイトでも仕事でも生きていく中では誰もが共通する思考。

しかし、反省という面でもアフィリエイトで失敗する人は、こんな事を口にします。

「僕以外の人は」

人の動きばかりを気にして、実際に自分のやるべきことを見ていない人。

この場合は、失敗する人の仲間入り直前で要注意!

稼げる人は、自分の事が終わり、話がついた後の余談でこうした情報を収集したりします。

しかし、アフィリエイトで失敗する人はまず人の情報から入るのです。

つまり、自分の事を言われることが怖いという気持ちを先行してしまう傾向が強いのです。

自分と向き合う勇気がない人が発する情報配信に価値はありますか?

このようにアフィリエイトを最後に考えて、失敗する人の共通点に気付くことも大切になります。

私のコンサル生には、ほぼこうした思考の方は居ません。

皆自分に向き合い、自分の駄目な点を認め、成功のコツを探そうとしてくれています。

意識改革なくして、成功は無いと私はアフィリエイトという情報を配信する作業だからこそ、感じています。

では続いて、アフィリエイトで失敗する人のよくある行動をご紹介していきます。

 

アフィリエイトで失敗する人の出来ない時の典型的行動パターン

アフィリエイトで稼げない人の行動

「アフィリエイトで失敗する人の指導って大変ですか?」

アフィリエイトコンサルをしようと思ってるというコンサル生から将来に向ける相談を受けました。

その時、こんな行動の傾向が有る方は、要注意!という言葉をなげかけた内容をご紹介していきます。

アフィリエイトで失敗する人の典型的行動1.書かない!

アフィリエイトで稼ぐためには、記事を書くという行動が確実に必須になります。

しかし、失敗する人の典型的行動には、以下のような特徴があります。

・周りの情報を見てる時間8割。

・記事を書く時間2割。

➢結果的に考えがまとまらず次の日に持ち越し。

この行動をよく失敗する人たちは、リサーチや調べるという言葉を使いますが、私はこの答えをあえて次の質問の答えから否定させてもらいます。

「では、あなたの答えはでましたか?」

失敗する人は、結果的に惑わされただけで自分の結果にたどり着いていません。

だからこそ、意味がないのです。

情報に価値を見出すというのは、あなたが伝えたいと思うことだからこそ、熱意が込められるのではないでしょうか?

今一度、調べるという言葉を使うのをやめてみる勇気を持つことを強くオススメします。

※用語の意味を調べるという行動は、答えにたどり着くため否定はしません。

アフィリエイトで失敗する人の典型的行動2.止まる

スポーツ選手を例に考えてみましょう。

スランプになったら、練習しない自分がうまくするのでしょうか?

無いですよね。

スランプでも何でも月日が経てば体は衰えますし、反応も鈍ります。

常日頃から、繰り返すからこそ、慣れるし、新しいステージが見えてきます。

つまり、止まるという行動は、ある意味選手生命を縮めるリスクにもつながるのです。

※あくまでも健康な体での行動を意味します。

アフィリエイトで失敗する人の典型的行動3.余裕がない

アフィリエイトで失敗する人の行動と言うのは、全てが+にしかカウントされていません。

コンサル生記事を添削している中で私は、過去に同じ人の80記事以上を削除させた事も有ります。

この作業も意味があって、稼ぐための戦略であることを当時のコンサル生は信じるしか無かったのですが。

実際に彼はもうじき月収10万円を達成する直前までたどり着きました。

このとき、失敗する人への指示なら、こんなふうになってしまいます。

・なぜ消す理由が有るのですか?原因は何ですか?

・記事を消したらどうなるんですか?

・記事を消す覚悟を持ってやったほうが良いということですか?

どんどん負のスパイラルになり、「解りました、やってみます」までは、1時間以上かかるでしょう。

つまり、過去の自分を振り返り、記事を見直すという余裕がまったくないのです。

 

私が感謝するコンサル生Aさんの失敗した時の努力

「自分の何かが間違っているから、失敗するんだ!」

私のコンサル生で私より10歳以上年上の方は、常にこう言いながら、這い上がってきてくれました。

彼も無事徐々に記事が書ける状況に成長してくれた事に私は感謝すらしています。

「言われて嬉しい言葉でないことは100も承知。

しかし、言われて今気付く事が将来の財産になることをいつか振り返って!」

こんな思いで、今いい人になるより、恨まれる位のひどい鬼コーチに私はなっておきたいのです。

信頼は、結果でしか生まれないのが、コンサルタントだと私は思っています。

体裁よく相手を立ててきれいな言葉で伝えても本当に見て欲しい景色は見えないのでは意味がありません。

少しでもアフィリエイトで稼ぐ事を意識したいなら、ぜひ今の自分と向き合ってみて下さい。

「何を書いて良いのかすらさっぱり解りません」

こんな言葉を伝えてきていたコンサル生が、1発で添削にOKを出せる迄成長する。

この瞬間を私は楽しみに、これからもコンサルを続けていこうと思います。

最後までこの記事をご覧頂きましてありがとうございました。

 

当サイト人気コンテンツ

人生やり直したいがアフィリエイトのきっかけNo1ワードプレス記事内画像挿入方法物販アフィリエイトとはトレンドアフィリエイトアクセスアップアフィリエイトコンサルの全貌

コメントを残す

サブコンテンツ

応援ありがとうございます。

Facebookページ

最近のツイート

このページの先頭へ

FX ブログ