コンテンツの質で順位を上げる4つの条件|SEO対策費用不要

コンテンツの質で順位を上げるSEO対策

このページをご覧いただきありがとうございます。

サイト管理人 錦織大輝と申します。

サイトの順位対策と言うと、ついついSEO対策費用を先に考えやすい現代。

しかし、

SEO対策費用をかけずにコンテンツ順位を安定化することが最も大切なんです。

この記事では、コンテンツの質を上げる4つのポイントを以下の内容でご紹介しています。

コンテンツの質で順位を上げる「質」とは何?

コンテンツの質で順位を上げるコツ4つの条件リストと具体的な方法

コンテンツの質で順位を上げる間違った解釈の失敗例を動画で紹介

以上の内容で、ご紹介していこうと思います。

まずは、自分でできる事を実践していくことで簡単に順位は上げられる部分があります。

ぜひ、サイト運営に係る方は、参考にしてください。

コンテンツの質で順位を上げる「質」とは何?

SEO対策費用不要のやり方内部コンテンツ

まず最初に、SEO対策をする上で、コンテンツという言葉の意味をご紹介していきます。

そもそもコンテンツの「質」とは何か?

まず最初に、コンテンツの質という言葉の「質」とは?をご紹介していきます。

コンテンツの質が高いというのは、以下の様な条件を満たすページとなります。

・ユーザーがページ内で活発に活動する

つまりは、

サイトの滞在時間が長い

サイト内のPVが多い

メール問い合わせ、購入等アクションの動きがある

これらが、コンテンツの「質」が高いサイトとして、評価をもらうのです。

では、コンテンツの質は何を注意していけば、高まるのか?という点をご紹介していきます。

コンテンツの質を上げる為に注意すべきこととは?

先ほどの動きがあるようなコンテンツの質をつくり上げる為に、必要な目線をご紹介していきます。

ユーザー目線のコンテンツ

この言葉が大きな答えでは、全てになると思います。

細かな言葉で伝えるなら、

・オリジナルの内容

・ユーザーが求めている情報

・検索エンジンが好む表記

こうした内容を含めて、表現していくことが大切になります。

ではこの質にこだわり、順位を高める為に、必要な4つの条件をご紹介していきます。

 

コンテンツの質で順位を上げるコツ4つの条件リストと具体的な方法

SEO対策内部コンテンツ改善方法

では、コンテンツの質を高め、順位を上げるために必要な4つの条件を体験からご紹介していきます。

コンテンツの質を高めて順位を上げるコツ1.文字数

単純に、情報量という言葉が解りやすいと思います。

このページ1つ作る中でも、「コンテンツの質と順位」について知りたい方により的確な内容を表記しようとしています。

それなのに、

情報量がもし、この文章を最後に終わったらどうでしょうか?

ユーザー目線に有効な情報はほとんど無いページになってしまいます。

よって、

十分な文字数(最低でも1000文字以上)の情報を提供する努力をする。

まずは、情報を与える(GIVE)のためのページであることを注視して作り上げていくことが大切になります。

コンテンツの質を高めて順位を上げるコツ2.差別化

情報の差別化とは、新しければいいものではありません。

コンテンツの質における差別化の主な内容は、

・比較

・意見

・見解

・体験

・検証

・実践データ

様々な目線があって構成されている事が重要。

こうした情報を質として提供できている事は、コンテンツの質として順位にも必ず影響をします。

ですから、

人が書いていない情報を公開するコンテンツ。

この意識が出来れば、必然的にSEO対策にも貢献するコンテンツの質への評価に繋がるのです。

コンテンツの質を高めて順位を上げるコツ3.ロボット対策

コンテンツの質を人に読んでもらうための文章を作る。

これは、ユーザー目線への文章構成。

しかし、

SEO対策を意識したコンテンツの質を高める文章の構成

この目線では、もう一つ検索エンジンに対する質が伝わりやすい工夫も必要。

簡単にいえば、

シンプルな英語で、変換しやすい文をつくる。

例えば、表現の問題1つでも、

こうすれば、綺麗にできる

⇛下の画像の様にしたら、綺麗に出来た

こうすれば、と言われても、機械は順序良く読んでいて、どこの文なのか拾いにくい。

しかし、

「下の画像のようにしたら、」という文字なら、下の画像を認識する事でイメージを掴む。

結果的には、

日本語をより、シンプルに書く。

→シンプルな文章 イコール SEO対策用文章

となります。

コンテンツの質を高めて順位を上げるコツ4.修正と追記

コンテンツの質を高めるために必要な作業の1つに更新も重要な要素。

作りっぱなしの何も更新されない古い情報よりは、新しい情報の方がコンテンツの質が高まる可能性。

この点は、随時更新をかけることで、順位の安定を図る事につなげます。

常に、ユーザーに関連情報を追記や修正して、鮮度を保つ。

この行動は、確実にSEO対策の内部対策として評価されて、順位にも反映します。

以上の4つを「コンテンツの質」として見直すだけでも、SEO対策の効果は実感できます。

私が紹介しているコンテンツの質についての記事は、全て自らの体験談。

私が最初からわかっていたわけではなく、失敗もしてきました。

よくあるコンテンツの質についての間違った解釈や失敗例をご紹介していきます。

 

コンテンツの質で順位を上げる間違った解釈の失敗例を動画で紹介

コンテンツの質と順位の間違い失敗後悔体験

この動画は現在製作中となります。

私が自分で気付いた内部SEO対策の中でも、コンテンツ対策であまり効果のなかった内容を動画でご紹介していきますので、ぜひ完成時には、確認してみてください。

以上で今回のSEO対策内部コンテンツを終わりたいと思います。

 

最後まで記事をご覧頂きありがとうございまいた

当サイト人気コンテンツ

人生やり直したいがアフィリエイトのきっかけNo1ワードプレス記事内画像挿入方法物販アフィリエイトとはトレンドアフィリエイトアクセスアップアフィリエイトコンサルの全貌

コメントを残す

サブコンテンツ

応援ありがとうございます。

Facebookページ

最近のツイート

このページの先頭へ

FX ブログ