サラリーマン副業禁止は怖くない!実態と労働者の強み

サラリーマン副業禁止は法律?

サラリーマン副業禁止の効果とは?大手企業の動き2016

サラリーマンをしながらでも生活が成り立たない。」

こんな悲痛な叫びばかりがこだましている日本の子育て世代の悩み。

生活のためには、働くしか無いという考え方から副業をしようと思ってる人の多くが副業禁止という文字に踊らされています。

この記事では、

サラリーマン副業禁止の理由とは?

サラリーマン副業禁止は効力なし?過去の判定実態!

サラリーマン副業禁止は関係ない?初心者が知るべき事

以上の内容についてご紹介していますので、ぜひ実態を知る意味でも正しい認識を持って生き抜く事を考えてみてください。

サラリーマン副業禁止の理由とは?

サラリーマン副業禁止の理由

サラリーマンの多くが副業禁止の規制や可能性を考えて、聞けないまま不安な日々を過ごしている!

こんな事態を私は正直打開して欲しいと思います。

まずは、副業禁止という響きについてご紹介していきます。

サラリーマン副業禁止の理由1.企業の都合もあった!

サラリーマンをしながら、副業をする方の中には、同業他社にて、業界の内部情報を知ろうとする人の動きも盛んな時期があったのです。

・勤務する会社での日勤勤務。

・休日は同業他社で同じ業界の仕事をする

こうした動きでは、何が起こりえるかといえば、ヘッドハンティング。

他社で勤務している事情は知っていても、雇えば使えるという判断をする企業が直接雇用契約をオファーする流れが起こりえるのです。

すると、

本職として勤務中の企業からすれば、人材損失のきっかけになります。

こうした事情から、少しでも人材確保や人員増加を狙った時代には、副業禁止の声掛けをしていた時代はあるのです。

サラリーマン副業禁止の理由2.生存競争!

サラリーマンがみんな副業をしていたとします。

すると、

企業に関する情報が漏れるリスクはどうなると思いますか?

企業によっては、

・新商品の開発に関する情報

・新製品発売の内部情報

・商品のクレームや原価等の内部情報

全てが機密事項に抵触するほどの価値がある情報。

しかし、

サラリーマン全てが副業していたら、こうした情報保護はほぼ壊滅的な被害に陥るリスクも有るのです。

ですから企業は、少しでも生存競争に勝ち抜く意味を含めて、

「辞めた後も内部情報を口外しない。」

こうした動きを見せる会社も存在します。

つまり、

副業禁止という言葉の裏側は、情報漏えい防止策という見え方も有るのです。

単純に、

お金が足りない、生活費を稼ぎたい。

この目的のために副業を考えてる人に取っては、とばっちりを受けている様な状態といえるのです。

では、

「実際に副業禁止という言葉を掲げてる会社に勤務しながらアフィリエイトで報酬を稼ぐとどうなるの?」

この問いを過去の判決内容からご紹介していきます。

 

サラリーマン副業禁止は効力なし?過去の判定実態!

サラリーマン副業禁止罰則は?過去の判決事例

実際に過去にサラリーマンが副業禁止の会社で会社の規則を破り副業を実践して裁判になってる事はいくつかあります。

その際の判決のポイントをご紹介していきます。

サラリーマン副業禁止の会社と争えるのか?

先ほど伝えたとおり、基本は企業が内情を外部に漏らしたくない事が規約作りの大きな原因である副業禁止。

しかし、

以下の様な事例でない限りは、副業禁止に効果は無いのです。

・本職に支障をきたすような副業による労働(例:夜帰宅し、深夜勤務をし、翌日も朝から出勤する)

・本業の信用を壊す様な副業の実施(内部情報を漏らし、情報から本職の経営に支障を与える行為)

こうした内容では、

本職の勤務に支障を来たす副業をしてる行為

先ほどお伝えした内部情報を漏洩している事も考えられる

この該当がある場合は、やはり会社側から罰則が課せられる事があっても仕方がないのです。

過去の判決では、女性が夜の仕事をしながら、日中の勤務に支障を来たす事態。

こうした内容が主に副業禁止の対象になったのが事例。

ですから、

副業禁止の声が万が一あなたの会社にあったとしても、基本的な考え方はこうなります。

会社の規約はあくまでも本業勤務時間内という扱いであること

これがが鉄則となるのです。

ではサラリーマンが副業禁止となっている会社に勤務している時には何を気を付けるべきか?

について最後にご紹介していきます。

 

サラリーマン副業禁止は関係ない?初心者が知るべき事

サラリーマン副業禁止の会社勤務中の注意点

本職を持ちながら、副業に興味がある。

会社の規約で副業禁止となっている会社に勤務してる

この条件に当てはまるからと言って副業禁止の効果が薄いことを伝えた最後は、注意点。

サラリーマン副業禁止は関係ないが〇〇は要注意

サラリーマンが副業禁止の会社に勤務していようがいまいがそんなことはどうでも良いのです。

問題は、

収入の申告を行い、しっかり税金を支払うこと。

労働者の義務という言葉ではなく、社会人が持つ義務となる税金。

この点だけは、ごまかす事は絶対に避けるべきであると断言します。

ごまかすことは何もメリットを生みません。

ですから、

お金を稼ぐ事を目的としてるなら、堂々と収入を提示し、税金もしっかり払いましょう。

お金は欲しいけど税金は払いたくない!

こんな事を考えてる浅はかな考え方なら、辞めたほうが良いと思います。

後々自分で自分の状況も経済的な負担も追徴で課せられることが見えてる未来。

よって、

副業をするなら、税金対策の知識は人事ではなく、明確化する。

これが、私がこの記事でご紹介したかった内容となります。

では続いて、

副業禁止が規定にある場合バレるとどうなるの?

についてご紹介しています。

規定が有ることについても、必ず問題なしと言える確信が有ります。

ぜひ合わせて参考にして下さい。

この記事を最後までご覧頂きありがとうございました。

 

当サイト人気コンテンツ

人生やり直したいがアフィリエイトのきっかけNo1ワードプレス記事内画像挿入方法物販アフィリエイトとはトレンドアフィリエイトアクセスアップアフィリエイトコンサルの全貌

コメントを残す

サブコンテンツ

応援ありがとうございます。

Facebookページ

最近のツイート

このページの先頭へ

FX ブログ