サイトアフィリカテゴリ設定SEO対策失敗と成功実践記

サイトアフィリエイトカテゴリって数は?

サイトアフィリエイトカテゴリ設定はSEO対策に関係ある?

サイトアフィリエイト初心者にとって、カテゴリ設定も書くジャンルが増えてくると悩みの種。

サイト管理人錦織大輝と申します。

この記事では、サイトアフィリエイト記事を書きためていく中でもカテゴリ設定に迷わないために、

サイトアフィリエイトカテゴリ設定数や階層SEO対策失敗後悔実践記

サイトアフィリエイトカテゴリ設定数や階層修正後SEO対策成功実践記

サイトアフィリエイトカテゴリ設定の数と階層節約術

以上の2つに分けて、2015.2016サイトアフィリエイト実践に基づく検証結果をご紹介していきます。

サイトアフィリエイトカテゴリ設定数や階層失敗後悔実践記

トレンドアフィリエイトカテゴリ設定SEO対策失敗実践記

まずは、

私が自分でユーザーのためにと思い実践したカテゴリ設定で味わった失敗談からご紹介していこうと思います。

サイトアフィリエイトカテゴリ設定数SEO対策失敗談1.数

サイトアフィリエイトの中でもごちゃまぜブログという不特定ジャンルを扱う際には特に注意して欲しいのです。

私も実践中は以下の様な事を書きました。

・家族旅行ネタ

・イベント情報ネタ

・購入商品感想ネタ

・恋愛ネタ

・人生相談ネタ

・テレビ番組ネタ

・地元ネタ

どんどん膨らめていくうちにふとサイドバーを見たら、なんだかごちゃまぜブログらしいカテゴリ数になってしまいました。

でも、私もアフィリエイト初心者で全くSEO対策なんて知らなかったからこそ、

「ユーザーが見たら、どこに何が書いてあるか解りやすい方がいいはず」

こんな思いを胸に記事もカテゴリ数も増やし続けていたのです。

しかし、

この結果は、徐々にSEO対策効果に結果を現し始めたのです。

記事数が増え続けていく毎にSEO対策で上位だった記事の順位の不安定さを生み始めた。

本来であれば、記事が増える事でSEO対策はプラスになるはず

でも、

自分のサイトはどんどん落ちていくという不思議な現状。

私は、記事の内容も文字数も徐々に慣れ始めた段階だったために正直焦りました。

しかし、

ふと思いついたのが、スマホでの表示状況。

スマホは、サイドバーが記事の下に表示されます。

この時、自分のサイトを見て、カテゴリという枠のでかすぎる存在に違和感を感じたんです。

自分のサイトでありながら、「もうちょっとまとめろよ!」と思わず一言つっこんだくらい。

そこで、思い切ってカテゴリを一気に減らす事を実践したのです。

この変化がSEO対策に結果で顕著に返ってきたのです。

ですから、

サイトアフィリエイトカテゴリ設定の数は多いのは損。

この言葉をはっきり伝える事が出来ます。

この数については、成功実践記でご紹介していきます。

では続いて、

カテゴリ設定の1つである階層をご紹介していきます。

サイトアフィリエイトカテゴリ設定階層SEO対策失敗実践記

カテゴリ設定の中で、階層という言葉をご存知でない方の為にこのサイトを使って階層をご紹介していきます。

トレンドアフィリエイトカテゴリ設定SEO対策失敗実践記

このように階層というのが、存在するのです。

一番大きく出ているカテゴリが第1階層、その下に少しへこんだ位置に付いているのが、第2階層。

これが、アフィリエイトに限らずサイト運営上に必ず設定されているカテゴリ設定階層。

この階層は、どうなると失敗なのか?をご紹介していきます。

アフィリエイトカテゴリ設定階層は、たくさん作っても損をする

これが私が2015.2016実践して出した結論。

この根拠となるのは、私の体験でしかありません。

私はそんなSEO対策の詳細知識なんて持ってません!

実践からデータと検証を重ねて正解の疑いを実行し、検証しています。

その辿り着いた結論がココなんです。

では、カテゴリ設定はどうすればSEO対策に正解だったのか?

この点をご紹介していこうと思います。

 

サイトアフィリエイトカテゴリ設定数や階層修正後SEO対策成功実践記

アフィリエイトSEO対策カテゴリ設定成功事例

サイトアフィリエイト実践2015.2016を通じて辿り着いた私の検証と修正によるカテゴリ設定SEO対策の理想をご紹介していきます。

サイトアフィリエイトカテゴリ設定SEO対策成功実践記1.数

私が、ごちゃまぜブログを運営して、実践から検証したSEO対策の答えをまずは数からご紹介していきます。

カテゴリ設定数は上限10が理想

これが私の結論でした。

私が失敗体験を持ってた時のカテゴリ数は、第1階層だけでも15個という圧倒的な数でした。

今の私のサイトのカテゴリ数は、7個。

この数が倍あったのです。

20個までは問題ないですよ。

というSEO業者の友人の声もありました。

確かに、

企業などでは、10個以上ある商品カテゴリならまとめきれませんよね?

ですから、

サイト運営上の商品扱い等への配慮は当然されているのかな?と勝手に想像してます。

しかし、

個人運営のサイトであるなら、記事の力もサイトの力も当然最初はゼロ状態。

企業サイトと同じ感覚では作れない原因がこの部分。

ですから、

サイトアフィリエイトのようにサイトを育てる為のカテゴリ設定は、10程度に収めておくことをおすすめします。

数が減ると何が良いのか?

カテゴリがあると言う事はそれぞれに記事がある事が前提。

しかし、

カテゴリ設定があるのに、各カテゴリには、2.3個の記事。

この状況よりも、

カテゴリ設定がある中に、10以上の記事がある。

この様子の方がしっかりサイトに中身があるという認識を持たせることができてる。

これが私がたどり着いた結論。

では続いて階層についてご紹介していきます。

サイトアフィリエイトカテゴリ設定SEO対策成功実践記2.階層

階層についても失敗していた当時は第3階層というラインも作っていました。

しかし、

この点についても、第2階層にまで縮めてみました。

階層を減らしたのは、単純にスマホ表示の縦長になる要素を減らすためにまとめてみた!

こんな軽い気持ちで実践した私。

しかし、

結果は成功につながっていくのです。

サイトアフィリエイト初心者時代、パソコン初心者やSEO対策等の知識も無い状態だった私。

習うことも出来ないなら、試せばいい!

こんな腹をくくる行動力で辿り着いたのが今なんです。

ぜひあなたにも私の検証データに基づき、カテゴリ設定階層は第2階層までで作り上げてみてください。

なお、

第2階層の数も上限10個は変えずに努力してみて下さい。

きっと、

SEO対策として成果が感じられると私は確信しています。

では最後に、

どうやってカテゴリ設定は数をまとめていくか?についてコツをご紹介していきます。

 

サイトアフィリエイトカテゴリ設定の数と階層節約術

トレンドアフィリエイトカテゴリ設定数と階層節約術実践記

サイトアフィリエイトはとにかくジャンルが様々。

ですから、

私がおすすめするカテゴリ設定に使いやすい言葉をご紹介していこうと思います。

※サイトアフィリエイトアドセンス狩り対策も考慮していますので、安心して活用して下さい。

私がサイトアフィリエイトカテゴリ設定数、階層節約に使った設定内容

私自身が実際に使ったカテゴリ設定は以下の内容です。

・恋愛観

・鑑賞

・屋外で遊ぶ

・季節を楽しむ

・生活の知恵

・家族の娯楽

・不安心配な事

・悩み

こうした設定の中で、例えば、

・芸能関連記事は、恋愛ネタなら、恋愛観に入れてみる。

・旅行記事などは、家族の娯楽に入れてみる。

・バレンタインや正月記事は、季節を楽しむに入れる

こうした工夫を心がけました。

これなら、

Googleのサイトチェックの際にも、すべてのカテゴリにサイト、流行、等のリスクの高いキーワードは全く認識されません。

ユーザーとしても、

個人ネタのように見える事から、気になるカテゴリを自然にチェックしてもらいやすくなりました。

結果的には、SEO対策にも成功をおさめることが出来たのです。

私がサイトアフィリエイト成功実践までにやってきたことは何も特別なことではありません。

全てシンプルにまとめていく。

これが基本的な発想の原点。

だからこそ、

誰にでも簡単に稼ぐコツとしても伝えられると確信しています。

もしあなたが、

・サイトアフィリエイト実践中なのに、稼げない

・サイトアフィリエイト実践中ペナルティばかり受けている

・サイトアフィリエイトで稼げるなんて思えなくなってきた

こんな勿体ない状況で止まっているなら、ぜひ私にご相談下さい。

今は私は無料でサイト添削も実施してます。

ぜひあなたのサイトアフィリエイトもシンプルで簡単に仕上げて楽しく収益化を目指してみませんか?

私は一緒にアフィリエイトを楽しむ仲間を作りたいと思っています。

あなたの人生にアフィリエイトから新しい生活の質を手に入れてみてください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧頂きありがとうございまいた。

 

当サイト人気コンテンツ

人生やり直したいがアフィリエイトのきっかけNo1ワードプレス記事内画像挿入方法物販アフィリエイトとはトレンドアフィリエイトアクセスアップアフィリエイトコンサルの全貌

コメントを残す

サブコンテンツ

応援ありがとうございます。

Facebookページ

最近のツイート

このページの先頭へ

FX ブログ