ワードプレスアイキャッチ画像設定は自動手動どっち?体験談

アフィリエイト記事サムネイル画像自動化プラグインお勧めや設定のコツ

このページをご覧頂き有難うございます。

サイト管理人錦織大輝と申します。

このページでは、ワードプレス初心者が最初に知るべき設定や作業工程の中から、記事投稿に関わる内容の1つとして、「アイキャッチ画像」について、以下の内容で解説しています。

ワードプレスサムネイル画像自動設定プラグインやアイキャッチ画像選び注意点音声動画

ワードプレスアイキャッチ画像を設置する意味

ワードプレスアイキャッチ画像自動設定のデメリット

ワードプレスアイキャッチ画像は手動がおすすめその根拠は?

・ワードプレスアイキャッチ画像設定方法を画像付で解説

以上の内容から、私がお勧めしたいアイキャッチ画像設定について解説していきます。

では早速見ていきましょう。

ワードプレスサムネイル画像自動設定プラグインやアイキャッチ画像選び注意点音声動画

この動画では、以下の内容についてご紹介しています。

  • アイキャッチ画像を使う意味とは?
  • アイキャッチ画像(サムネイル画像)を自動設定するプラグイン
  • アイキャッチ画像(サムネイル画像)を選ぶ時の注意点

こうした動画でこそ伝えやすい内容をどんどん公開していますので、ぜひ一度はご覧ください。

では続いて、

動画を見る環境の無い方のためにテキストでお伝えしやすい内容をご紹介していきます。

 

ワードプレスアイキャッチ画像を設置する意味

ワードプレスアイキャッチ画像の意味

ワードプレスサイトにアイキャッチ画像を使う意味について、私はこう考えます。

たとえば、この画像をアイキャッチ画像に用いたとします。

そして、デニムの内容を織り込んで、タイトルを付けました。

この時、ポケットにお金が入っている画像を用意するのとしないのとでは、これだけ差があると思います。

①タイトルをあまり読んでくれない方にもアイキャッチ画像が目に止まりやすい

②デニムとお金という画像から、「デニムに入れる財布?、お金の持ち歩き方?」など想像を相手に駆り立てる事が出来る

③タイトルとマッチしたアイキャッチ画像を使う事さえできれば、タイトル+画像で①より格段にページへのアクセス誘導はしやすくなる

これだけの違いを明確に作り出せると考えます。

画像の方が、リンクだった場合は、テキストリンクよりクリック率は低い。

ですが、

書く記事を紹介するページでは、より画像を入れた方が相手にいめーじしてもらいやすい。

この点をユーザー目線でしっかり考えてアイキャッチ画像を作れば効果は発揮される。

これが私がアイキャッチ画像を大切にしている理由です。

では次に、ワードプレスアイキャッチ画像自動設定のデメリットについて解説していきます。

 

ワードプレスアイキャッチ画像を自動設定で行うデメリット

デメリットやリスク

ワードプレスアイキャッチ画像を設定する際の自動投稿化、または手動設定。

この2つに悩まれている方も大変多いのです。

私がこの点について、体験談からお勧めの設定方法について解説していきます。

私が体験したアイキャッチ画像自動設定のデメリット

私も過去無料画像を探すのがうまくなかった時代に、アイキャッチ画像を自動取得と表示に切り替えた事があります。

しかし、

・各ページに関連性の薄い画像が入り込むこと

・表示すらされない記事の時もあった

・巡回しているので、記事が全く違うカテゴリでも同じアイキャッチ画像になる事もあった

このような結果になった際に、私は何とも意味が解らず使う事の恐ろしさを痛感しました。

では、アイキャッチ画像の設定は手動で行うなら、どんな事を基準に画像を選ぶのか?

について解説していきます。

 

ワードプレスアイキャッチ画像は手動がおすすめその根拠は?

ワードプレスアイキャッチ画像手動がおすすめの理由

アイキャッチ画像を自動ではなく、手動で行う事は非常に重要だと私は考えます。

その根拠は以下の内容の通りとなります。

アイキャッチ画像手動の魅力1 自分の見せたい画像を掲載可能
アイキャッチ画像手動の魅力2 設定変更までがスムーズ
アイキャッチ画像手動の魅力3 記事内の画像を活用できる
アイキャッチ画像手動の魅力4 自分のカスタムした画像を使える
アイキャッチ画像手動の魅力5 解りやすさを追求できる
アイキャッチ画像手動の魅力6 画像、テキストのバランスは自由に出来る

このような自動設定では殺風景になりやすいアイキャッチ画像が、

・テキストが入る事で目を余計に引き寄せる事が出来る

・記事内の画像とリンクする事で、クリックした先の記事への安心感が出る

・同じ画像や色違いが使われないので、次回同じページから来る時も間違えにくい

という非常に大きな役目を果たしてくれます。

ですから、

作業時間短縮だと思って、アイキャッチ画像を自動化している人よりも、合わないせいで、修正するという事はほとんどないのです。

最後に解説させて頂く内容は、ワードプレスアイキャッチ画像設定方法を実際の操作画像付で解説していきます。

ワードプレス記事投稿方法画像付

では実際の作業風景を画像キャプチャにしながら、アイキャッチ画像設定方法を解説していきます。

①ダッシュボード内の投稿をクリック

②新規投稿からなら、新規投稿をクリック、再訪問しての修正作業なら、投稿一覧をクリック。

新規投稿の場合は、右サイドメニュー一番下に「アイキャッチ画像設定用の枠があります。

ワードプレスアイキャッチ画像挿入設定方法

アイキャッチ画像を設定をクリック

ワードプレスアイキャッチ画像挿入設定方法1

画像ライブラリが開きますので、画像挿入設定方法と同様の作業を行います。

画像設定方法挿入方法をまだご存知でない方用にもページをご用意しています。

最後にアイキャッチ画像画像を設定をクリック。

すると、

ワードプレスアイキャッチ画像挿入設定方法3

最初の画像で、「アイキャッチ画像を設定だった文字が変わり、その上に設定した画像が確認できます。

これでアイキャッチ画像挿入設定は完了しました。

お疲れ様でした。

この作業を覚えておくことが、これまでの説明で、重要性があるのはわかったと思います。

少しでもほかの方の

・面倒くさい

・やらなくてもいいか

等に差を付ける重要な内容だと思います。

この他にも役立つワードプレスプラグインについては、

ワードプレスプラグインおすすめリスト

を用意していますので、ぜひ見落としが無いか確認してみて下さい。

この記事を最後までご覧頂き有難うございました。

 

アフィリエイトを錦織大輝と楽しみませんか?

アフィリエイト個別コンサル生募集月収3万円又は5万円保証付 アフィリエイト無料セミナー東京2017年12月10日開催 月収10万円保証付アフィリエイトコンサル

コメントを残す

サブコンテンツ

アフィリエイトコンサル決済済みの方専用フォーム


Skype音声通話を希望の方へ

Skypeによる無料音声相談を行っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

このページの先頭へ

FX ブログ