ワードプレス記事コピー防止右クリック防止プラグイン設定画像付

記事複製防止プラグインWP-Copyright-Protectionインストール,設定方法

このページをご覧頂きありがとうございます。

サイト管理人 錦織大輝と申します。

このページでは、ワードプレス初心者に役立つ補助ツールのおすすめプラグイン厳選リストの中から、

「記事の複製防止」に役立つプラグインを以下の内容でご紹介しています。

WP-Copyright-Protectionインストールと設定方法を動画で解説

WP-Copyright-Protectionインストール方法を画像付きで解説

WP-Copyright-Protection設定方法を画像付きで解説

WP-Copyright-Protectionは100%ではない注意点やデメリットとは?

以上の内容でお届けしています。

自分の書き上げた記事を簡単にコピーや複製されないように初心者だからこそ使って起きたいプラグインとしてしっかりインストール,設定しておきましょう。

WP-Copyright-Protectionインストールと設定方法を動画で解説

現在この動画を製作中となりますので、もうしばらくお待ちください。

この動画で解説している流れの画像キャプチャを使ったインストール方法や設定方法を以下のテキストにてご紹介していますので、どちらでもお好きな方法で参考にしてください。

 

WP-Copyright-Protectionインストール方法を画像付きで解説

プラグインインストール方法

さて、早速ですが、インストール方法を画像付きで解説していきます。

プラグインインストール1

①ダッシュボードメニューのプラグインにマウスカーソルを合わせます。

②新規追加をクリック

WP-Copyright-Protectionインストール方法

①キーワード横の枠に「WP-Copyright-Protection」と入力

②「いますぐインストール」ボタンをクリック

インストール2

OKをクリック

WP-Copyright-Protectionインストール方法2

プラグイン有効化をクリック

以上でインストールは完了です。

では続いて、設定画面を解説していきます。

 

WP-Copyright-Protection設定方法を画像付きで解説

プラグイン設定方法

設定方法は、ほとんどないのですが、画面確認と希望により行う設定について画像付きで解説していきます。

WP-Copyright-Protection設定方法

①ダッシュボードメニュー内にあるプラグインにマウスカーソルを合わせます。

②WP-Copyright-Protectionをクリック

WP-Copyright-Protection設定方法1

ページ内を日本語化翻訳をした画像をご用しています。

著作権保護の目的となるプラグインとなりますので、除外ページを設定可能となります。

しかし、

自分のプロフィールを含めて、全て該当させて置くことが理想だと思います。

あえて、空白でいいと思います。

登録ユーザーのための無効というのは、管理者的存在ですので、チェック入れません。

以上でプラグイン設定画面は終了です。

念のため、変更を保存をクリックして終了しておきましょう。

以上が、インストールと設定における画像付き解説になります。

では、この著作権保護プラグインWP-Copyright-Protectionの導入における100%ではないデメリットやユーザー目線からのリスクについて最後にご紹介していきます。

WP-Copyright-Protectionは100%ではない注意点やデメリットとは?

デメリットやリスク

著作権保護でコンテンツを守ることができた状況に安心ばかりをしていられないのがこのプラグインの注意点。

まずは、100%ではない点について解説していきます。

画像保護には限界がある?対策法は?

HPには、ユーザーによりわかりやすく解説するために、画像を用いることがあると思います。

画像は、キャプチャでも取得する事ができます。

よって、

100%著作権保護を成立させるのは、なかなか難しいと言えるのです。

しかし、

この点にも以下の工夫をする事で簡単には、複製利用を防ぐことは可能

こうした対策法も私は、今後の情報源をしっかりまとめて皆様に、集約したマニュアルとして公開していこうと思っています。

このページで全てを公開してしまうと、不正利用を試みる人達にもヒントを与えることになりますので、この点はご理解ください。

あなたのせっかく作った個性あふれるコンテンツはしっかり保護しておきましょう。

では、本当の最後に、このプラグインを使うユーザー目線のデメリットについて解説していきます。

ユーザー目線では、デメリットがある著作権保護プラグイン

この内容は、ユーザーがコピーをして、作業を行いたい時に致命的になります。

この記事内にも言えることだと思います。

あなたにプラグインをご紹介しているのに、私の記事からのコピーはできませんよね?

すると、

あなたは、自力でこのプラグインを探す際には、入力しなければいけなくなります。

この点は、コピーができるページに比べてユーザーには優しくないと私は理解しています。

HP制作における最優先すべきは、ユーザーへの価値の提供。

さらに、

使いやすいページに作り上げること。

しかし、

コピーができないことで新たな情報検索には、不便をかけるのが、この著作権保護プラグイン。

もし、この問題に今、あなたが悩んでいるなら、解説を見ながら、作業方法を進める方法を解説していきます。

コピーができないページを見ながら作業を効率的に進める方法

・ページタグを開くのではなく、新しいウィンドウを開く

この作業が非常に有効です。

具体的には、画像付きで解説していきます。

WP-Copyright-Protectionリスク回避

Google Chrome利用の方向けの画像となります。

①画面右端のメニューボタンをクリック

②新しいウィンドウをクリック

WP-Copyright-Protectionリスク回避2

すると、作業をしていたウィンドウを隠すように新しいタブという表記のあるまっさらなタブが付いたウィンドウが開きます。

このウィンドウの表示サイズを以下の方法で変更します。

WP-Copyright-Protectionリスク回避3

ウィンドウを閉じるの横のボタンをクリックすれば、画面サイズは以下のように小さくなります。

WP-Copyright-Protectionリスク回避4

このようにならない場合は、画面の四隅端にマウスカーソルを合わせましょう。

WP-Copyright-Protectionリスク回避5

こうすることで自分の自由なサイズに変更可能です。

そして、画面サイズに合わせて、2つの画面を表示させると、こうなります。

WP-Copyright-Protectionリスク回避6

このように2つの画面があれば、

・1つの画面で、コピープロテクトされたページで情報を確認。

・もうひとつの画面で実際の自分の作業を実践

このように作業を効率的に進められます。

コピープロテクトがあるから、使いにくい。

だけでなく、使いやすくするパソコン画面環境を作る事もひとつの学習となりますので、今後のために覚えておきましょう。

以上が、私がWP-Copyright-Protectionのプラグインインストールから設定方法、リスクデメリットを含めた解説になります。

この他にも、ワードプレス初心者に補助ツールになるおすすめのプラグインを

ワードプレス初心者に補助ツールになるプラグイン厳選リスト

では、ご紹介していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

あなたの環境をより的確に守りながら、ユーザーにより使いやすい環境を提供する。

この意識の元、もっと今後のページ作りに私も尽力していこうと思います。

この記事を最後までお読み頂き有難うございました。

当サイト人気コンテンツ

人生やり直したいがアフィリエイトのきっかけNo1ワードプレス記事内画像挿入方法物販アフィリエイトとはトレンドアフィリエイトアクセスアップアフィリエイトコンサルの全貌

コメントを残す

サブコンテンツ

応援ありがとうございます。

Facebookページ

最近のツイート

このページの先頭へ

FX ブログ