記事の書き方|webライティングで文を作る3つのコツや注意点

webライティング記事の書き方の基本と注意点

コピーライティングと違うwebライティングを少しずつ知っていただきながら、続いての記事内容は、記事本文の書き方。

・アフィリエイトの記事を書く時、どうしても時間がかかりすぎる

・1日に数記事書く自分なんてまだ全然イメージ出来ない

こうした悩みを解消しながら、簡単に記事を書く事ができるようになるコツをご紹介していきます。

主な内容は、

記事の書き方でwebライティングを学ぶ上で重要な事を音声動画でご紹介

記事の書き方でwebライティングを学び伝わる文章を作る3つのコツ

以上の2点について、解りやすくご紹介していますので、順番に御覧ください。

記事の書き方webライティング伝わる文章

webライティング記事の書き方のコツ

記事の書き方を知る上で、切っても切れない関係となる技術の1つが、コピーライティング。

特に、webライティングを学ぶ上で重要な事をご紹介していきます。

記事の書き方にwebライティングを使う注意点1.ターゲット事の伝え方の差別化

webライティングを行う事は、ユーザーにはどんなメリットがあるのか?

この点を意識せずに、どんどんwebライティングの実践記事を増やすのは、大変危険。

何故か?

どのページにも片言のような表現記載しかないという結末担ってしまいます。

結果的に、ユーザーは離れてしまいやすいのです。

本当に重要なwebライティングの使うコツとは、ページ内のキーワードを引き立てる事にこそ意味があります。

ですから、

webライティングを応用した記事の書き方は、全体に使うことを意識するのは文章構成上難しい問題なのです。

記事の書き方にwebライティングを使う注意点2.文章の長さ

記事というのは、本と同じで、「、」「。」の繰り返しにより構成させれていますよね?

ですから、

きっと答えがあると思って期待をしているユーザーには、読み進める時間に比例して「労力」が必要。

よって、

・1つ1つの文章は、短めに構成すること

・「、」をあまり使いすぎず、一文をスマートにすること

・続いている事と区切ることを解りやすく構成すること

こうした配慮が必要となります。

webライティングで間接的に配置することで、クッションの役目をしてくれる代表的な物が、画像。

webライティングで作る記事には、必ずデータや感想を画像で用意する。

この工夫が2つ目の要素として大切になるのです。

記事の書き方にコピーライティングを使う注意点3.文字への配慮

コピーライティングを学び、記事を書き、素晴らしい文章が完成しても、読みにくいサイズや文字色、背景などではせっかくの記事も台無し。

ですから、

webライティングを学び実践していくなら、最後には、文字への配慮も欠かせないのです。

・文字色への工夫

・文字の大きさへの工夫

・文字の強調への工夫

・文字の装飾への工夫

このような文字への工夫をしていることがないと、書籍とは違い、記事という単体で言葉を伝えるのは非常に難しいのです。

よって、webライティングを型やテンプレートと言う言葉にとらわれすぎず、しっかり全体を見渡す事から仕上げる。

これが、読みやすい伝わる記事の書き方には大切になるのです。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

引き続き、このwebライティングと関係の深いコピーライティングにも興味のある方は、

収入を増やせるコピーライティングとは?

にて、ご紹介していますので、あわせて参考にしてみてください。

物販アフィリエイトの記事の書き方についてもご紹介しています。

物販アフィリエイト記事の書き方で売れるコツは5つ!2018年成功条件

 

私へのご依頼も対応しております。
アドセンス審査代行

コメントを残す

サブコンテンツ

錦織大輝アフィリエイトサポートメニュー2018


アフィリエイトコンサルについては、2つのプランを用意。 超初心者で、意味も用語も知らない方への無期限コンサル アフィリエイトコンサル超初心者向け無期限プラン にてご紹介しています。

最近のコメント

アフィリエイト講座セット決済済み又は銀行振り込み希望の方へ


Skype音声通話又は銀行振り込み口座確認を希望の方へ

銀行振り込み先確認者は、希望のプランと振込先確認というメッセージでご連絡ください。
Skype音声はあくまでも決済完了者のみコンタクトを取っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

twitter配信中

このページの先頭へ