アドセンス審査に通過をして、ようやく自分のwordpressサイトに記事を貼る事が出来るようになった人も多い。

しかし、実際にブログ記事をきちんと毎日更新して収入を得られるようになった人は?

・・・・・・!?

pvが伸びないとかアクセスが全く反応がない!

キーワードを使って記事を書いているのに、収益が発生しない。

何を書いていても結果的に自己満足的な内容ばかり。

結果的に、アドセンスを取得しただけで、時間を抱えてもその後の報酬を発生させる方法は全くわからないままタダ自己流で記事を書く人も多い。

その後には、以下のような公開情報を毎日眺める時間が訪れる。

  • 初心者向けのジャンルは?
  • 稼げるネタは?
  • クリック単価の高いキーワードは?

とにかく、早く稼ごうという意識ばかりが目立つ。

そして、その後には、副業だから稼げないならもういいや!と投げ出してしまう。

こんな人がこれまでに公開した情報すら、広告も放置した状態で無責任にゴミのポイ捨てみたいなネット上にゴミ情報を出し続けている。

結果的に報酬額以前に、アフィリエイトについての情報に不振が出始めるきっかけに今は貢献しているようなサイトやブログが増え続けている。

読者に読んで欲しいとか今自分がこのジャンルをかき始める事できっと関連企業にも貢献できるはず!

単純にこの程度の認識を持っていたら、誰でも徐々に報酬発生を達成させられるものだと私は考えている。

まずは、自分自身がどんな気持ちで取り組んでいるのか?

そして、その取り組みはネットでビジネスとして必要とされる情報と言えるのか?

たったこれだけのことを問われていると私は感じている。

私のサイトは、アフィリエイトを真面目に取り組みたいという人にこれまでの自分の経験を活かし、無期限対応で講座として人材育成を目的に運営しています。

私自身は、以下のような流れでこれまでの時間を過ごしてきました。

2015年1月アドセンス本格始動(トレンドアフィリエイト実践)

2015年3月アドセンスで月収14万円達成。

2015年6月から特化サイト運営開始。

2015年9月物販アフィリエイト(asp)への参入開始。

2016年個人向けアフィリエイトコンサルを無期限制で対応開始。

2017年地域密着のseo対策、ビジネスコンサルタント活動開始。

2018年LP制作やppc広告運用業務開始。

2019年自分の今後に向けて徐々にネットビジネスに必要なマーケティング指導強化を計画中。

私自身は、アドセンスだけで1000万以上稼ぐ事に成功しました。

アドセンス1000万お金を稼ぐ方法

別にこれが何だと言われてしまえばそれまで。

しかし、今自分で記事を書く事に気力も亡くなってきたという人には、かならず続ける事で、googleの意図も徐々に見えてくる。

そして、一度稼ぐ事が出来るようになった時、seo対策をきちんと理解している人は記事を書くことが楽になっていく。

正しいやり方を覚える事が大切なのは、ネットビジネスでもリアルでも同じではないでしょうか?

サイト管理人錦織大輝と申します。

今回の記事では、アドセンス記事数と収入という目標というか自分の得をいつになったら実感できるのかを以下の項目でご紹介しています。

アドセンス記事数と収入に多い誤解

アドセンス記事数と収入初心者は?

アドセンス記事数と収入とseoの知識

自分がこの先に、何かの記事をかいても結果的にseoで上位に表示されなければ多くは報酬になる可能性はほぼない。

しっかり稼げるための記事を作りたいなら、今回の記事で1記事当たりという考え方ではない現実を知ってほしい。

アドセンス記事数と収入に多い誤解

 

アドセンスに挑戦する人は多くなっている。

しかし、結局は多くの人がダメだ!と思っている事が多いのも現実。

その理由の中で私の無期限講座に参加していただいている男女に聞くと多くが目の当たりにしている事がある。

アドセンス記事数が多いと必ず稼げる?

そもそも記事数は何生地程度必要なのか?

この質問の概念がみえていないあたりが初心者。

実際に、私はサイトにより、記事数のやめ時が大きく異なります。

  • 30記事から50記事程度のサイト。
  • 100記事から200記事程度のサイト。
  • 300記事から500記事のサイト。
  • 500記事以上のサイト。

それぞれが辞め時を簡単に一定と位置付けていません。

アクセスアップを必ず達成していくためには何が必要なのか?

その答えは、単純にアクセスを稼ぎ出す中でも、きちんとリピーター率を確保する事。

なぜか?

キーワードを検索してきた新規ユーザーを1日数万人集めるのがトレンドアフィリエイトにおける月収10万円達成までのプロセス。

しかし私の特化サイトの中には、1日3000人程度のアクセスで、実際に日当15000円となるようなサイトも目にしているのです。

稼ぎとは何か?

この答えをどうアクセスを得るかに考え方をシフトしていく必要があるのです。

グーグルアドセンスはあくまで室の高い記事を求めている。

ページ内に情報化された内容に沿った広告が配信されれば、当然平均的なクリック率も高い状態になっていく。

このきっかけとなるのが、キーワード選定。

キーワードの使い方でライバルの少ないが重要ではない

正直、ライバルが多いジャンルをやっても勝てないという人も多い。

しかし、最近の私はそうとも言い切れないと感じ始めた。

記事を書き始めた時から徐々にライバルたちもある程度は柔軟にしっかり記事を入れようとする。

しかし、上位が入れ替わって、その人たちの順位を突破していくとあっという間に失速していく。

かなりこの動きは顕著になっている。

上位が会社で完全に埋め尽くされているような状況は本当に難しい。

しかし、次の時期をいつに定めて結果を見ていくか?

この答えが半年、1年という経過の中で考えていくなら、ある意味ブログ記事は、結果的には更新をした人がある意味勝ちになっていく。

始める前から報酬の計算と文字の数ばかりを考えていても何も始まらない。

きちんと、有益な情報を書けると確信のある内容なら、その文字はきちんとその後の情報に引き寄せられた人たちにより簡単にアクセス数は安定化していく。

 

アドセンス記事数と収入初心者は?

 

初心者にとって最初が非常に重要になってきているシーンが増えていると私は感じる。

単純にアフィリエイトはネットビジネスの中でも想像以上にシンプルなんです。

しかし、重要なのは、単純に何でもいいから記事を書いたら稼いでいけるのかと言えば違うという事。

記事を作るだけで稼いでいけるわけではない

中には記事を書けてると思い込んでいたが、実際にはアクセス数も伸びないし、稼いでいけると確信を持つには早すぎるという人も多い。

こういう人の実践はただやみくもに記事を作る事だけにこだわりを持つ。

アクセスを集める為に、100以上の記事を書いた。

300記事作ったから稼げるはずだ。

こういう少しでも自分が作った数字に言葉を使いやすくなっている。

しかし、これは全く大事なことに含まれていない。

物販もアドセンスも記事を作っているというのは、あくまでseo対策の仕組みにきちんと該当した内容の記事を作り上げてから新規の公開も修正も続けている状態。

2018年にもこんな意見が多かった。

7月から11月までが最も自分の中でもコンテンツを気にしながら、きちんと量もやってきた。

しかし、報酬関係はいっこうに変化を見せない。

そのまま続けていてももっと記事の量を増やすことで自分の成果は出せるのか?

この答え事態が他の人の日々の情報の質よりも数やリンクを増やすための記事になっていると言える。

正直、こういう集客に対して大きな壁として越えなければいけない部分をとにかく感じていく事が重要。

  • キーワードを狙ったいくという意味すらわからないままの状態。
  • アクセスが1日100pvという数字だけを狙っている現実。
  • アクセスが伸びないと悩み始める時期。

こうした時に、手を動かす時、seo対策の効果にどれだけ強く記事を増やしながら考えることが出来ているのか?

この認識が強くないと、結局は同じ状態。

更新も何もしない。

実際に過去に書いた記事と新しい記事では大きくイメージも変わっているのはなぜ?

いったい何を考えて自分はこの先にデータを入れていくべきなのか?

ただ単に大変とか好きという程度でちょっとした副収入がもらえるなら頑張る。

こんな状態の人が貰える金額は具体的にはゼロに等しい。

超初心者も玄人との決定的な差は何?

結果的には具体的な状況把握をより具体的に認識してランキングに残すことを意識しているかどうかです。

記事は間違いなく、自分が消さない限りは、残す事が前提となる。

その時に、より具体的に間違いに気づき、その後さらに詳しい人になって、最適化させる。

このような取り組みをしない人はいつまでも結果を出すことはできない。

 

アドセンス記事数と収入とseoの知識

 

私はアフィリエイトを真面目に取り組む人を全力で支えたい。

その知識としてあなたに副収入を発生させるためにやっておくべきことをご紹介していきます。

seoで結果を残すことの重要性

あなたが今まさにこの記事を読み終えた後で、より具体的な間違いを自分で考えてみて欲しい。

その結果が、次第に順位に変動しているのか?

この答えをきちんと把握する必要がある。

間違いのままただ垂れ流すような文字で具体的な解説もない記事を残すのは、ちょっと色々問題。

グーグルは最適化したい。

より詳しい人がその知識を活かし、情報コンテンツとして誰が見ても大丈夫なように記事を最適化させる必要がある。

だからこそ、まずは相手を報酬ではなく、googleに向けて考えてみるのが正解。

どんなに変わっているキーワードからでも今の時代は、情報をもらえる時代。

でも、その答えが本当に正しいのか。

ここまでちょっと慎重になっている状況を見て、次第に最適の意味が分かってくる事を願います。