• アドセンスブログってネタやキーワード選定が重要なの?
  • 初心者でも稼げるジャンルはどれ?
  • 知らないことも本や検索をして調べて記事を書くの?

アフィリエイトブログを始める時に多くの人が抱える悩みの1つにジャンルやネタの選定というのがあります。

これまでにもアドセンスについては以下のような記事を書いてきました。

グーグルアドセンスブログ収入

グーグルアドセンスブログ収入で人生設計は大きく変わる

アドセンス月3000円

アドセンス月3000円が限界の時気付くべき視点と思考法

アドセンス審査通過後手続き住所確認方法

アドセンス審査通過後収益化実現に必要な情報

アドセンス審査期間2020

アドセンス審査期間は1日!2020年のコンサルティング体験記

googleアドセンス生活|月収50万円の収入に至る道のり

私が指導を行っている料金は相場を無視しています

アフィリエイトブログコンサル|メンター指導相場の料金は高い?2020年比較ポイント

私のサイトは、30代会社員副業、妻帯者という環境でアフィリエイトに出会う。

人生をやり直したい一心で、自分らしくありのままでお金を稼ぐ方法を探し続けた。

個別コンサル,企画参加,ツール,情報商材,ワードプレステーマ。

累計100万から200万を投資。

中には、騙されたと思う事も。

しかし、全て良い経験だったとして、這いつくばるように粘って前だけ向いてやってきた。

実際に以下のような経緯を経て、今に至る。

錦織大輝プロフィール2015年1月トレンドアフィリエイトでアドセンス参加。

2015年3月月収14万円を達成。

2015年9月物販アフィリエイトasp商品案件取扱い開始。

2016年2月アフィリエイト個人コンサルを開始。

2017年リアルなビジネスにおける会社のWebマーケティングコンサルタントとして、seo対策、ホームページ制作、集客戦略を提供開始。

2017年10月12月東京池袋、新宿でアフィリエイトセミナーを開催。

2018年4月東京池袋でアフィリエイトセミナー開催。

現在は、地域密着で以下のような活動もしている。

Web制作会社。

seo対策業者。

コンテンツ、コラム代行業。

LPライティング代行。

Web集客マーケティングコンサルタント活動。

ビジネスの世界でもアフィリエイトの手法は必ずスキルとして活かせる。

そして、アフィリエイトはあくまでネットの上でのビジネスである。

会社の商品を扱わせていただく。

顧客には会社の趣旨や情熱を誤解なく届ける必要がある。

この懸け橋ができてこそ、初めてアフィリエイトで稼ぐという言葉が成立する。

ただ独りよがりなお金を稼ぐ方法としてとらえてる人にはまず見えていない現実でもある。

今回の記事では、トレンドアフィリエイト実践を通じて、私が気がついた初心者が稼げないジャンルの特徴について、

アドセンスで稼ぐコツ1.初心者が間違えるジャンル選定の失敗原因

アドセンスで初心者が稼ぐジャンルは芸能が簡単は嘘!?

アドセンスで初心者が稼ぐコツとしておすすめのジャンル

以上の内容についてご紹介していますので、アフィリエイト初心者で迷っている方がいらっしゃれば是非参考にして下さい。

アドセンスジャンル選定失敗原因

アドセンスで稼ぐコツジャンル選定の失敗原因

初心者に多い稼げない方法をまずはご紹介していきます。

基準とするデータ

以下のような数字にばかりとらわれている人は失敗する。

  • キーワードプランナーの月間件数
  • goodkeywordsの検索傾向の特性

なぜこのデータは必要ないのか?

これらは、あくまでアクセスを稼ぐための方法の1つでしかありません。

初心者が稼ぐためにはそもそも収益の前に以下のハードルを越える必要があります。

  1. 記事が書けるのか?
  2. 関連のキーワードは想像できるのか?

この2つがイメージできないのでは、いくらアクセスが多いからと言っても意味がないのです。

無料メルマガや情報提供

「2019年最新版」

「2020年初心者向け」

毎年必ず一定のサイトでは、アクセスを稼ぐために、こんな関連のキーワードをタイトルに使っている。

でもその中にある内容は、ほとんどが単価の高いジャンルばかり。

つまりは、ライバルが強いという条件付きが多い。

芸能系などのジャンル分け

私は正直、芸能系は稼ぎにくいと思っている。

私もトレンドでアクセスを集めたこともあります。

でも2019年には法人、企業のPPC広告運用管理も行っている。

企業のために考えると、当然芸能系のサイトを閲覧するユーザーに広告を見せたいと思えない。

なぜか?

問い合わせや予約など具体的な利益につながる行動を起こすことがほとんどないから。

ただ単にアクセスを集めるために書いている内容にすぎない。

こう考えると、邪魔、うざいという存在に変わってしまうからです。

 

アドセンスジャンル選定に多い誤解

トレンドアフィリエイトアドセンスで初心者が稼げるジャンルの誤解

 

  • アクセスを集めたら稼げるのでは?
  • snsでシェアされたら安定するのでは?
  • 一気にアクセスの爆発が起これば、簡単に上位に表示されるようになるのでは?

これらを意識しているのなら、これは大きな間違いです。

情報配信者への違和感

稼ぐための考え方を持つなら、違和感を持つべき情報があります。

こんな文字を見たことありませんか?

サイトが強くなります

⇒だったらごちゃまぜでもカテゴリ設定は関係なくなんでも勝てるってことですよね?

これは嘘です。

あくまでseo対策を考えるコンテンツ制作では、情報がまとめられているカテゴリーが強くなる。

これがseo対策を行う業界では当たり前の認識。

ジャンルを紹介する人の中に、サイトが強くなるという表現を使う人はほとんどseo対策を知らないと思ったほうが良いでしょう。

ある程度、稼げるようになった人は、そんなことを書く事はしません。

 

 

アドセンスジャンルの取り扱い注意点

トレンドアフィリエイトアドセンスで初心者が稼げるジャンル

 

アドセンスでも物販でもユーザーが動きやすくなる記事というのは、かなり限定的です。

目を引くメインを意識する

ジャンルは何でも良いのです。

問題はどんなキーワードを使って、どのようなサイトを作ることを意識しているのか?

以下のような考え方が重要です。

・最近の流行のキーワードを扱う記事。

・同じ商品でも新しいことをやってみて実績を作る。

・他のサイトにはない少し難しいネタについても記事を作る。

あなたは、今やっているトレンドについて、思っていることだけを書くということをやっていませんか?

それでは結局は、他の人と同じ。

差別化をするということが、1人あたりのpvを伸ばすことや表示時間に伴う離脱率の防止になります。

大きく網羅するのは無駄

2017年、2018年の頃に流行したやり方ですが、今は注意が必要です。

知識がないけどたくさんお金が稼げるなら。

こんな軽い気持ちで質の低い記事を量産する人が増えました。

その典型例が、まとめページの量産。

・他社のサイトから記事をパーツパーツでリライトして使う。

・その内容がやり方などが信憑性のあることなのかも確認していない。

・文字数が簡単に増やせるという考え方から実践する。

確かに時間の短縮にもつながるやり方。

読んでいる人にとっては、簡単に複数の答えがみられる。

こうしたメリットはあります。

問題は最初からその内容の信頼度が高いのか低いのかが分からない人が紹介しているという状況。

「他のサイトにそういう内容が書いてあったから。」

これでは、単なる集客を目的にしているだけで、運営の責任を放棄した考え方。

いくらツール等があったとしても絶対にオススメできません。

 

2020年あなたへのおすすめ

グーグルアドセンスをこれから実践する人において、トレンドとは何か?

必ず入れておくべきコンテンツは何か?

こうした内容をご紹介していきます。

成果を求めるなら知るべき現実

初心者がまず今後のブログアフィリエイトで向き合う必要があるのは何か?

今後の成果に強い影響力を与えるのは、seo対策。

しかし、順位が今上位にある対象が絶対であるという考え方は非常に危険です。

まずは以下の内容をチェックしましょう。

・単価が高くないジャンルでもサイト全体のために選び出す必要がある。

・基礎の知識や実際の経験等の記事コンテンツが増えるよう構築した上で、上位を目指す。

・後悔したブログ記事は必ずメンテナンスを行う。

・アクセスを集める記事は、全体の2割程度のページを目指す。

このような流れをまずは意識することが重要です。

現在理解しているノウハウ特化

特にこれからの需要を意識して他の人とは違いを出すために扱うジャンルとしてオススメしたいのがハウツー系。

・情報商材は必要としません。

・キーワードツールも必要ありません。

・外部リンク用サイト量産もしません。

自分の得意なことを活かす事が重要。

  • 仕事
  • 趣味(ゲーム、自転車、車なども可)
  • 掃除

このように多くの人が日常的に挑戦しようとか気にしている対象を選ぶ。

これらには、必ず企業も商品を用意している。

つまり、記事を読み、その内容がしっかりしていると思えるコンテンツを作りやすいジャンルを選ぶことが重要。

こうすれば、楽天やアマゾンでもし商品が扱われていれば、その対象を紹介することも挑戦することが可能になります。

大事なのは、もしあなたが同じ悩みを持つとすれば、しいていえば、この商品が最適と考えるであろう。

このくらいの意識で紹介する事が重要。

ただ闇雲に料金が高いか安いかを適当に出しながら比較して安いものやランキング上位という安易すぎるデータで開示しないこと。

きちんと、次の行動をした後のフォローを少しでも行う感じに見せることが重要。

もし相手にとって、違ったということがあったとしても、料金を払っても損はなかった。

こう感じてもらえるような記事作成を目指す事が重要。

安定化させるコツ

wordpressが選ばれる理由は以下のような点が紹介されている。

  • スマホ等でも簡単にアクセスして編集作業ができる
  • 具体的な操作方法やポイントや作り方は公式サイトも多くなっている
  • レンタルサーバーとドメインの契約できれば誰でも始めることが可能
  • 一定の型がすでに完成している。

別に本等で調べるまでもなく、手順も少ない中で公開が可能なページを仕上げることが可能になる。

このメリットを生かすには、きちんとやるべきことがある。

それは、以下のような内容。

  • 過去の記事にも手を加えること
  • 掲載している広告の反応を見ながら差し替えることも検討する
  • 雑記よりも専門性を意識したブロガーになること
  • 読者ということよりも企業のために記事を書き、読者に選んでもらえるアフィリエイターになること

特にあなたのサイトを知り、その上で詳細をある程度見てからが勝負。

稼げるアフィリエイターは今読んでいる記事以外にも読みたいと思わせている。

稼げない人の記事は、基本そのまま離脱していく人ばかり。

この点をきちんと更新を積み重ねて対策をしているか?

可能な限り、結果に基づき自分の次のステップにつながる行動を計画する。

こうしたことをしていないと結局は結果が安定してこない。

 

人気のネタと報酬の高さ

  1. クレジットカード
  2. 保険
  3. 転職
  4. ウォーターサーバー
  5. 金融系

正直、挙げればきりがないほどネタはある。

しかし、どのネタを利用しても記事を仕上げるには、基本がある。

ただ書き上げるのではなく、相手と法人の間に立ち、どう自分を売るか?

高単価を狙うのは無謀

ビジネスとしての勉強もほとんどしていない人がいきなり高額の商品を売るというのが難しいのではない。

むしろ、逆に初心者だからこそ、伝えられる視点で紹介すればok。

でもそのキーワードを狙う人はどんな人なのか?

この点を考えると、seo対策の難易度を基準に調べることが重要になる。

いくらその業界の経験が豊富な人でも下記の条件は対処できない。

  • ドメインエイジ(取得年月日からの時間経過)
  • 記事数
  • タグの設置
  • 関連記事の数
  • リンク元の質

このような内容は、正直最初から優位性があるわけではありません。

特に、ドメイン、関連記事数、リンクの質という3つは、どうしても記事を増やしながら検索エンジンの評価を上げていく必要がある。

新規で始めるあなたにいくつかネタがあって、相手の質問にも答えられる知識があってもこればかりはどうすることもできない。

大手がいくつか存在している。

ただこれだけであなたに勝ち目がないキーワードは避けることも大切なこと。

自分の努力ではどうすることもできない部分もきちんとまとめておくことが勝てる戦略を立てるカギにもなります。

このページを最後までご覧いただきありがとうございました。