アフィリエイト記事を書くのは難しい。

アフィリエイトサイトの記事が書けない。

記事を書きたくないなんて声も出てくる時代。

自分の運営するサイトやブログに記事を書く。

これだけ。

でもその必要な事のハードルが高い。

自分の書いた記事がどうなのか?

内容を誰かに見てもらうことも難しい。

こうなると、何をどう更新するべきなのかがわからない。

結果的に、コンテンツの数は増えても質が上がらない。

こんな悩みを抱えている人は多い。

これまでにもアフィリエイト記事については、以下のような内容を書いてきました。

アフィリエイト記事が書きたくない時の対処法体験記

アフィリエイト記事が思いつかない原因は単純であり対策も簡単

アフィリエイト記事が浮かばない人をゼロにする無期限講座サポート付

アフィリエイト記事とは何か?

アフィリエイト記事例も提供!無期限講座実践記

アフィリエイト1日記事数20以上安定化!外注費ゼロ妻帯者実践記

アフィリエイト記事が書けない悩みの原因

物販アフィリエイト記事はシンプルが大事!数より質

物販アフィリエイトアドセンス併用記事内容

アフィリエイト記事文字装飾注意点や失敗例

トレンドアフィリエイト200記事報酬がアドセンスも物販もゼロ?

トレンドアフィリエイト100記事までにやるべきこと

アフィリエイト記事タイトルとseo対策の基本

トレンドアフィリエイト記事内容の注意点

アフィリエイト記事テンプレートも提供!コンサル実践記

アフィリエイト記事は情報収集必須?だから稼げないなんです

私のサイトは、Webconsulの人材育成を目的に運営しています。

これまで私が経験した内容を下にまとめました。

西暦 実践経験
2015年

トレンドアフィリエイトでアドセンス
asp,楽天等で物販

2016年 個人向け個別コンサル開始
2017年 地域密着のビジネスコンサルティング開始
2018年 法人向けseo対策,YOUTUBE,コンテンツ制作を強化
2019年 ビジネスと個人人材育成バランス調整期間
2020年 新規プロジェクト開始(法人向け)

アフィリエイト記事はとても簡単。

たった5つの工程を繰り返す。

1.ネタ選定

2.キーワード選定

3.記事内容をまとめる

4.記事を書く。

5.更新する

上記の作業を自分で紹介したい内容に沿って実践する。

すると、アクセスも自然に伸びていく。

google検索だけでなく、SNSもいつしか投稿した記事へ反応が出るようになる。

ではこの記事の質とは何か?

今回の記事では、アフィリエイト記事の質について以下の項目で書いてます。

アフィリエイト記事の質に多い誤解

アフィリエイト記事の質が低い対象

アフィリエイト記事の質が高い対象

自分で投稿した記事を後でしっかり見直す。

この時になぜ低いと判断されてしまったのかを考える。

もちろん、全てを把握することは難しい。

しかし、アクセスを増やすとかアフィリエイトで稼ぐための基準は見えてくる。

アフィリエイト記事の質に多い誤解

アフィリエイト記事の質に多い誤解

他の人が見て、なぜ良い悪いが判断されるのか?

自分の記事は全てオリジナルだ。

紹介している内容は、全て自分の体験に基づく内容。

これがなぜ低評価になってしまうのか?

この考え方で止まっている人がいたらこれは誤解です。

自分以外の情報の数

例えば、自分がレシピについてまとめた記事を書いたとします。

男飯みたいな情報を書いた。

一人暮らしの男性向けに簡単にできる料理。

数より量を楽しむためのメニュー。

こんな内容なら、何か自分の体験を活かせるはず。

そう思って自分なりに情報化。

内容もしっかり公開。

この記事の何が悪い?

これは、似ている可能性が高い事が問題。

なぜ似ているとなるのか?

男飯というメニューを意識した記事作成。

ここがポイント。

自分以外の人も同じような情報を解説っぽく書いている。

でもその情報の中身をよく見るとどうだろうか?

  • 同じようなメニュー
  • 同じような食材
  • 同じような調理方法
  • 同じような味つけ

このように考えたら、似てくることは多い。

いかに自分でしっかり作った料理の画像を使って公開しても同じ。

簡単に言えばオムレツを作ったとしましょう。

この時の中身はいくら意識をしても使っている食材はほとんど同じ。

これが質として特別感や特異性が感じられないとされてしまう。

つまりは、ライバルが多いわけです。

この設定上のポイントを見ていない人ほどはまる。

これが1つ目のポイント。

 

アフィリエイト記事の質が低い対象

アフィリエイト記事の質が低い

アフィリエイトサイトやブログに特化して考える。

自分の配信している情報では物が売れない。

売れたことがない。

広告をクリックされた事もない。

twitter,facebook等の拡散経験もゼロ。

このような人が何を感じなければいけないのか?

使っているネタの鮮度

まずはSNSでの拡散力について。

ここで意識しなければいけない事はたった1つ。

インパクトと速度。

つまりは鮮度なわけです。

2019年10月に起こった内容として多くの人の記憶に残ることは何か?

この対象の1つには、台風という文字がある。

ではこの台風の何を設定するべきか?

これが人気になる人や稼ぐ人の視点と稼げない人の差。

分かりやすい例として、以下のような傾向がある。

稼げない人は?

進路、被害、対策。

この程度の内容があったら読みやすいと思ってしまう。

でも稼いでいる人はどうか?

これは全く違う視点で書いていく。

上位にいるから稼ぐわけではない。

上位表示した先で情報が表示された後のユーザーの行動を意識する。

これが時間をかけて仕上げた以上の拡散を生み出す。

読まれると思っている

同じ内容でも少しでも文字数を増やす。

テーマに沿った内容が文章となっている。

ライティングという文字を実際に意識している人は多い。

どんな記事を相手に届けるのか?

この時、ほとんどの人が読んでくれると思っている。

でも実際にはどうだろうか?

誰もあなたの記事に期待をしているわけではありません。

私のサイトでも同じです。

関連する情報として判断される。

他の誰かが見ればその内容の価値は変わる。

本当に自分が求めている内容か?

知識がない人もある人も見ている。

この時、少しでも多くの人に何を届ける?

この意識がない人は他のどのサイトとも同じと思われる。

つまり、この時点で5000文字の文章を書き残しても意味がない。

たくさん書けば何とかなる。

こう思っている人がやってることも少し違うんです。

 

アフィリエイト記事の質が高い対象

アフィリエイト記事の質が高い

質が高いっていったいどういう事?

この点を誰が何を分析しているのか?

これがSEOを考える視点。

私がやっているSEO対策。

重要なポイントは多い

私がやっていることは、あくまで分析と解析の繰り返し。

知識

経験

スキル

こんなことに依存することもない。

たくさん記事を書いてみて、その中には失敗もある。

この時どうすれば成功になるのか?

ココをきちんと分析している。

この作業をやっていると、何が違うのか?

記事の更新で文字を増やすこともキーワードを意識する。

全てをここに出そうとは思っていません。

ただ何かをやる必要があると思って読んでいる人のために一言。

ただ文字数を増やすだけではもう順位は上がりません。

記事の質以外のポイント

新規参入者は増える一方。

反対にどんどん脱落者も出ている。

このように入れ替わりが激しい離職率の高い会社のような状況になっている。

ネットの環境で生き残るためには何を必要とするのか?

この中で、記事の質が高くてもどうする事も出来ない事もある。

それは、以下の3つの要件。

  • ドメインの年数
  • 記事の数
  • 更新の頻度

この3つは、今すぐどうにかしようと思っても難しい。

特に、ドメインの年数は、どうする事も出来ない。

これから新規に始める人はここから稼ぐしかない。

記事の数もライバルが多いのであれば、それなりにやることは多い。

読んでもらうために行う作業はただ単に記事を書くだけではない。

記事を増やす上で、計画的にサイト全体をイメージする。

これが、今の時代に絶対にやるべきことになっていく。

 

アフィリエイト記事の質と売り上げ

アフィリエイト記事の質と売上

多くの人が何とかお金を稼げるようにしようと考える。

シェアもされる。

アクセスを増やす。

この2つに成功した。

なのに稼げない。

クリックもされない。

こんな流れになっている人も多い。

読んで終わる人の記事

あなたは確かに良質な記事を書いているのかもしれない。

相手に対して、もうこれ以上はいらないと思うくらい満足を提供できている。

しかし、これがそもそも売れない原因になっていく。

これが知識、経験を持つ人のやりすぎてしまう行動。

相手に考える何かを与えなければいけない。

あくまでユーザーは少しでも失敗しない選択をしたい。

たくさん情報がある中、あなたの発信する例も重要かもしれない。

しかし、その内容があまりにも他と違い過ぎたらどうなる?

その内容を見ただけで相手はもうネタに対して満足してしまう。

それ以上関連の商品を見たりして行動を起こす必要がない。

この状況を作ってしまう可能性があるのです。

ライティングは程よい匙加減が必要。

読ませる。

考えさせる。

この先に行動したくなる。

この3つを考えた記事は稼いでいる。

別にtwitter等の拡散は不要

私からしたら、正直SNSの拡散意識は不要。

なぜか?

その人にとっては大切な情報。

でもあまり多くの人に知ってほしくない。

こう思って秘匿性を楽しむ感覚もネット上には存在する。

特に悩みや不安、不満系の記事はその対象になりやすい。

一方で、明るい話題やハプニング等の衝撃系は人気を集める拡散力が高い。

このような2つがあったら、どちらの方が商品を求めますか?

単純にしっかり何か理由を持つ人に情報を提供する方が稼げる。

このネタ選定のあり方が拡散に大きく影響をしている。

書いているコンテンツの内容と照らし合わせて考える。

こうすれば、なぜ自分の公開した内容は、拡散されないのか?

この答えも出てくるはず。

でもその原因と物が売れない理由も別であることも気付いてほしい。

 

アフィリエイト記事の質の追求

 

私も2015年の頃からアフィリエイトを実践している。

当然記事の質も変わってきた。

何をサイトの中に集約することが良い事なのか?

運営する上で、将来はどんな方向にこのサイトを仕上げたいのか?

こんなことを考えるようになってきた。

  • seoとして考える。
  • キーワードは使うもの。
  • あくまで内容が軸。

この3つを意識してずっと更新を続けている。

私は正直内容が良いものという感覚はあまり意識しない。

なぜなら、時代の流れによってその価値は変わるから。

2年前の記事はもう既に考え方そのものが古いとされる時代。

今見ても2017年と2019年の価値が同じコンテンツは少ない。

それだけ相手が何を求めているのかを観察する必要がある。

でもそこまで先読みして記事を投稿するのは不可能。

だからこそ、これからも追記していろいろ書いていく必要がある。

あくまでサイトやブログの記事は育てるもの。

1度公開したらそのまま放置する。

これは本来のサイトやブログの運営とは言わない。

公開した後の自分の情報を随時見直す。

これが本当の意味で必要になった。

つまりは、数が多い人ほどメンテナンスに時間を取られる時代になっている。

あなたは今一番古い記事をいつ最後に修正したか覚えていますか?

これが時間差によってどれだけ価値が変わったか把握していますか?

この1つの情報が残っているあなたのサイトの価値は?

こう考えたら、考え方が変わってきませんか?