アフィリエイトは時代遅れ?ビジネスコンサルタント活動実践記

アフィリエイトなんてまだやってるの?

稼げない人ばかりなのに?

もうそんな胡散臭い方法辞めたら?

今から始めようと思っている自分に周りはもう無駄とか稼げる商品なんてないなどさまざまな思っている事を伝えている。

しかし、時代的に私は全く反対。

企業の成長を支えるための個人も稼げる場所であると伝えている。

ただ単に自分以外にもたくさんの人が稼げることを証明している。

今までブログなんて書いたことがない。

情報なんてよくわからない。

こんな話がどこのサイトでも書いている。

でも結局は、2018年のアルゴリズムアップデート以降でも稼げる人は継続して稼いでいる。

この違いは何?

どうせ大量に記事書いて、外注しているアフィリエイターが稼ぎやすいジャンルの商品を扱っているせいだ。

どこまでも浅はかで、妬みいっぱいの考え方をしている人はこう考えるかもしれない。

しかし、最近はもう小手先のアフィリエイターは徐々に淘汰され始めている。

その理由はやはり情報の質が重要視され始めたことが最大の理由だと私は考えている。

適当なランキングを公開して、勝手にアフィリエイターの稼ぎやすい会社が上位、単価の低い会社の商品は、最下位。

こんな情報をかいていて心が痛まない事が稼ぎを出す人とは違うと思ってしまう。

本来情報としての価値は、きちんと筋が通ってまとめられているからこそ価値がある。

もう出ている情報を繋ぎ合わせた情報なんて知識にもならないし、邪魔な存在になった。

結果的にアフィリエイトというネットビジネスが本当の意味で初心者でも簡単だったのは、2017年がピークタイムだったように感じる。

最近は、きちんとビジネスとして成り立つことをお金という結果以前に、ただキーワードを何にするのかだけではない時代に入った。

今回の記事では、アフィリエイトは時代遅れだと言っている人に継続している人と何が違うのかを以下の項目でご紹介しています。

アフィリエイトを時代遅れと話す人の特徴

アフィリエイトを時代遅れと思えない根拠

アフィリエイトが時代遅れでもやる価値はある

自分がこの先の人生で、きちんとネットで行われるビジネスを知っているか?

何が企業の戦略として足りないのか?

人手不足も深刻化を始める時代に、個人が企業の業績という結果に貢献できる活動。

こんな大切なことを知識のないもうあきらめたと言っているような人の声で惑わされるのか?

アフィリエイトを時代遅れと話す人の特徴

 

私のよく知る第一線で活躍していたアフィリエイターも2018年のアップデートで何やらとんでもない結果に見舞われたという話を聞いた。

サイトが消えた!

もう2度と上位に戻ってくることはない。

こんな状況を個人が経験したら、単純にその結果からキレイに諦めると考える人は多いはず。

しかし、その人は全く違った。

この結果は、また新しい事を始めるチャンス。

こんなにも同じ境遇になった時の対処や思考が違う。

結果的に、全てを知識と関連して次の行動に切り替えを出来る人とそうではない人。

この両者が互いに人生において、アフィリエイトの存在価値を話せば、まったく正反対の答えになると思いませんか?

単純に、負け犬の遠吠えと同じ状態だという事を気づいて欲しい。

 

アフィリエイトを時代遅れと思えない根拠

 

副業とかネットビジネス。

こんな言葉にまだ惑わされているのでしょうか?

正直、そんな初心者向けの情報に耳を傾けたり、見ている人は正直無駄でしかないと思います。

そんなことに時間を使うくらいなら、同じ時間をかけないながらも作業を行う方がよっぽど明日明後日の収益化を見込める。

ネットユーザーが消えるのか?

そもそもな言い方をするなら、アフィリエイトはネットで行われている商品の売買。

今もまさに同じ商品が店頭に並んで紹介されていることも珍しくない。

この商品の事を紹介する事が時代遅れなんですか?

だったらなぜツイッターやインスタグラム等でその商品を紹介したら実際にアクセスの波が始まるのでしょうか?

そもそもアフィリエイトを勘違いしているユーザーが明らかにネット上には多すぎると私は危惧している。

企業の商品を紹介するという行動そのものを否定したら、実際にビジネスが終わったと同じ事。

ある意味、実践もしていないし、何も仕事として活動できなかった人がこれからの時代は稼げないと言っているだけだと私は強く感じる。

普通に、私のビジネスのクライアント様もアフィリエイトをこれから導入したいと相談してこられている。

私はそういうリアルなビジネスを対象に今もこれからもアフィリエイトは多くの会社に伝えていく仕事をしていく。

 

アフィリエイトが時代遅れでもやる価値はある

 

アフィリエイトを悪く言うのも簡単。

しかし、実践して全く稼げないという人は結果的にやり方としてビジネスでも営業で何かものを販売する仕事はできないという事だ。

相手に伝える言葉が出てこない人

最近の仕事の悩みとして多いのが、こんな投稿だ。

  • 人間関係がうまくいかない。
  • 入社して商品の注文が増えない。
  • 作業時間が短縮できなくて困ってる。

このように、1つ1つの内容に対して、なぜか仕事ができないという事を悩んでいる人が以前よりも作業を問わず増えているように感じる。

この答えは、結果的に、企業の広告も人材育成も確かに影響している部分もある。

でもその前に、個人がきちんと企業の利益の事を考えなくなってきた。

こう考えていくと、やってる行動と言ってる内容がシンプルにつながっていく気がした。

報酬が稼げないという人のやってる行動は、ただ時間潰しをしている行動が目立つ。

自分で失敗したのに、他人のせいにする上司。

相手に正しいと言ってこられた時には権力しか振りかざせない人。

結局本当にお粗末な思考の塊の状態になってきている可能性がある。

業界も企業の規模も関係ない。

この時にきちんと、相手に伝えて説得するという事が出来る人は生き残れる。

ただ単にこれだけのことだと私は思っている。

だったら、このスキルを今の生きている時間の中で、どう習得するのか?

この答えこそが、私はアフィリエイトの中に隠れた稼ぐための思考だと思っている。

相手は何を望み、なぜお金を出している?

怪しいと思われるのは当たり前だ。

その気持ちをなぜ覆すことが出来ているのか?

その人の得をもたらす可能性をどうして市場規模の大きいジャンルの中でいくつかに絞り込むことが出来ているのか?

こうした「なぜ」に注目をしている人があまりに少ない。

もっと言えば、点と点にすらなっていない可能性が高い。

この現実をしっかり検証と修正を行った上で、結論を導き出せるかどうか。

この手法を難しいと言っている人は、所詮どんどん新しい人に抜かれていく。

最後には、違った意味で孤独な環境にハマっていくだろう。

目指すべきは集客マーケティングのプロ

私もこれまでにどんどん違うビジネスの分野を目指すように拡大をしている。

しかし、アフィリエイトで私が最も大切にしていることは、知らないことやわからないことは考える事すらしない。

つまり、自分が今既に知っている状態であり、他の人の質問にもある程度即答できる状態のことしか扱っていない。

サイトを作って世の中に貢献するという考え方を勉強して作ったコンテンツから反応が出たら、企業に集客の方法を伝える事も出来る。

この繰り返しが沢山のビジネスパートナーを作るきっかけにもつながっていった。

結果。

これがすべての存在意義につながっていく。

ちょっとずつでもいい。

時代はもう知っている人の話以外には耳を傾けることすら難しい状況を稼げない人が作ってしまった。

邪魔。

うざい。

表示してほしくない。

こんなことを言われたアフィリエイターがたくさんいる。

こうした人たちのせいで、市場全体の迷惑になったのも現実だ。

seo対策をきちんと存在として理解して、注意してコンテンツを作る。

少しずつコツをつかんでいく。

その先に、わかったと感じた時にこそ、自然にコメント欄に相談が入ったり、収益を発生させることが出来るようになっていく。

ビジネスとしての考え方を少しでもリアルなネットユーザーから学ばせてもらう。

この意識があれば、十分2019年、2020年の今からでもアフィリエイトはよりたくさんの人がやるべき広告宣伝活動であると伝えたい。

企業が報酬を気持ちよく払ってくれるようなコンテンツはどうすれば出来るのか?

これを考えるのが苦にならない人は、本当にアフィリエイトを楽しいと言える状態になる。

こうなれば、独立を目指すのも時間の問題なのだ。

私へのご依頼も対応しております。
アドセンス審査代行

コメントを残す

サブコンテンツ

錦織大輝アフィリエイトサポートメニュー2018


アフィリエイトコンサルについては、2つのプランを用意。 超初心者で、意味も用語も知らない方への無期限コンサル アフィリエイトコンサル超初心者向け無期限プラン にてご紹介しています。

最近のコメント

アフィリエイト講座セット決済済み又は銀行振り込み希望の方へ


Skype音声通話又は銀行振り込み口座確認を希望の方へ

銀行振り込み先確認者は、希望のプランと振込先確認というメッセージでご連絡ください。
Skype音声はあくまでも決済完了者のみコンタクトを取っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

このページの先頭へ