資産運用とは?投資初心者40代向けのおすすめと誤解が多い選び方注意点

  • 老後の資金を用意しておきたい
  • 今ある貯金を普通口座にそのままにするのはもったいない?
  • 金融商品なんて全く知らない
  • これから毎日勉強をするのは難しい

老後の資金が2000万円必要。

こんなことを言われたら、消費も落ち込むのは当たり前。

一方で、「億り人」と呼ばれる資産を1億円超えの人も20代30代で出てきた時代。

コロナ禍だからできることもある。

今だから見直すべきこともあります。

今回の記事では、資産運用の種類やおすすめの方法を下記の目次で解説しています。

資産運用とは?

初心者におすすめの資産運用

資産運用開始前の選び方注意点

資産運用を始めるなら積立一択

資産運用とは?

資産運用

まず資産投資という言葉の意味についてご紹介していきます。

資産とは?

資産とは

個人が持つ現金や貯金(預金)だけではありません。

以下のすべてが含まれます。

  • 建物や土地など不動産
  • 将来利益をもたらす可能背があり、金額で評価できるもの

【資産の種類】

主に、2つに分かれます。

  • 有形固定資産(土地や建物など形があるもの
  • 無形固定資産(のれんや借地権など形のないもの
  • 投資その他(長期保有目的の株や有価証券等

運用とは?

運用とは

意味は、ものをうまく働かせて使うこと。

つまりは、資産運用と葉、地震の持つ資産(主に貯蓄)を効率的に使って、資産を増やしていくこと。

 

資産運用の種類

資産運用の種類

資産運用にはいろいろな商品があります。

  • NISA
  • iDeCo
  • FX
  • 不動産

順に解説していきます。

NISA

nisa

NISAとは、小額投資非課税制度の対象です。

株式や投資信託に投資をする

利益となる対象は、

  • 売却益
  • 配当金
  • 譲渡益

等が非課税対象となるのが最大の魅力。

2014年1月にスタートした幸甚投資家向けの税制優遇制度。

毎年120万円までは非課税投資枠となるのが特徴。

つみたて式と一般の2つがあります。

一般の場合、年間投資額120万円までについての利益が非課税。

つみたての場合、年間の投資額40万円についての利益が非課税。

iDeCo

iDeCo

イデコとは、自分で入って管理するもう一つの年金というイメージ。

個人型確定拠出年金と呼ばれる。

加入は任意です。

  1. 掛け金を決める
  2. 運用する
  3. 運用益との合計を受け取る

このような仕組みです。

専業主婦でも月額2.3万円まで可能。(年額27.6万円)

将来が不安という人で、月々5000円程度でやりたい。

こんな人には将来のために始めるメリットはあります。

20歳以上60歳未満のすべての方が対象です。

株,FX

株やFX

株やFXだけでなく、近年は仮想通貨も盛り上がりを見せています。

しかし、どの市場でも出てくるのがリスク。

  • 相場全体が下落する
  • 突然の暴落

こうした心配をする人が多い。

この悩みに対して、近年はAIロボによる自動つみたてが流行しています。

  • 国際分散投資
  • 自動設定

このように初心者でも資産の分配や売買の知識は不要で扱えるようになりました。

国内株式、国内債券、外国株式、外国債券など種類はありますが、メンテナンスなども自動で行ってくれる。

資産運用を自動で任せたい初心者に優しい時代になりました。

不動産

不動産

大家さんになりたい!

こんな夢を持つ人は、まずは1戸から始めることも可能。

100万円台の中古物件をリフォームして売買するという形もあります。

しかし、残念ながらこの市場にはまだAI等の積み立てはありません。

その代わりに、1年、3年、5年といった短期型の運用をする投資術はあります。

不動産投資も所有するのではなく、資金を出すだけの時代になった。

 

初心者におすすめの資産運用

初心者向け投資

資産運用にはリスクがあります。

リスクとリターンは表裏一体であることを忘れてはいけない。

つまり、一攫千金やギャンブルのような感覚で取り組むのはおすすめしません。

自分の予算と期間と目的を決める

自分の予算

今ある貯金を違う場所に移動させる。

その目的は?

  • 住宅購入の頭金にしたい
  • 教育資金をつくりたい
  • 老後の資金がほしい
  • 住宅ローンなど借金返済に充てたい

それぞれ自分の今の年齢と月々の負担額に合わせて計算をしましょう。

この計算も年利と年数でおおよそのシミュレーションが出るようになっています。

短期決戦はリスク前提

短期

例えば、1年で1000万円をつくる方法みたいなことを考えるなら、実現d系るかもしれませんがその分大きなリスクを背負うことになります。

長期型体験談

長期

一方で、月1万円未満の運用で少しでも利益が欲しい。

こんな人なら、金投資等でも可能です。

2012年から金投資を開始。

月々3000円で金のつみたて。

10年実施。

実際には、36万円の投資額が、47万円になりました。

分散投資という考え方

分散投資

リスク分散を優先したい。

こんな人には、同じ金額を分散させる方法がおすすめ。

もちろん、それぞれの利益は下がります。

しかし、値動きの予想は誰にもできません。

例えば、

株、FX、金という3つにそれぞれ3000円ずつで9000円をつみたてる。

このようにやっていくだけでも時期を見ながら、今後の展望でまとめることも可能になります。

時間差を生み出す

今始めるとちょっと相場が高すぎる。

こんな時には、3年から5年待ちましょう。

上昇する時期もあれば、必ず一時的に下落する時期もあります。

つまり、下がったタイミングを上手に使うのです。

この方法をより効率的に早めに始めるのが、つみたて式。

「一定口数」しか購入しない方法のほうが購入するリスクは抑えられます。

 

資産運用開始前の選び方注意点

資産運用初心者おすすめ

初心者ほど、最初から利益を求めようとします。

しかし、あくまで投資とは波があります。

利益を生み出せる時もあれば、損失を被ることもあります。

損失額を恐れるなら、投資はハイリスクハイリターンを選ぶべきではない。

 

資産運用を始めるなら積立一択

積立投資

初心者が少しでもリスクを回避する方法を選ぶ。

この方法としては、つみたてが一番無難です。

つみたてのメリット

メリット

投資関連には、手数料や報酬といった種類があります。信託報酬と呼ばれる対象は、ファンドの運用や管理を行うための維持費用。

手数料は、購入時に手数料が差し引かれることもあります。

しかし、積み立ての場合は、さまざまな会社において、手数料を無料とするサービスも多くなってきました。

上手に会社を選ぶことで、投資額をより満額に近い形で使えるようになって気のです。

つみたてのデメリット

デメリット

一括投資よりも利益は低いケースがあります。

とてもシンプルに考えて投資とは、大きい金額をかけた分だけ利益も出ます。

しかし、その分損失も被ります。

つまり、資金が少ない分、その場その場で得られる利益は少ないのが特徴。

自分の求める時期との逆算

目標

3年、5年、10年という長期間を考えると、「常に上がり続ける」とか「常に下がり続ける」というのがないのも投資の世界。

おおよそいつのタイミングで出金をしたいのか?

臨時収入だからといってすぐに出金をするのは賢いやり方とは言えません。

むしろ、放置するくらいの気持ちでできる。

ある意味自分の感情が左右されないくらいの額で少しずつ実践するほうがおすすめです。

スポンサーリンク
私へのご依頼も対応しております。

アフィリエイトコンサル無期限講座

コメントを残す

サブコンテンツ

サポートメニュー

管理人氏名:錦織大輝
錦織大輝プロフィール
提供サービス

超初心者で、意味も用語も知らない方でも無期限対応!
コンサル受講希望の方へ
無料相談随時受付中

アフィリエイト講座セット決済済み又は銀行振り込み希望の方へ


Skype音声通話又は銀行振り込み口座確認を希望の方へ

銀行振り込み先確認者は、希望のプランと振込先確認というメッセージでご連絡ください。
Skype音声はあくまでも決済完了者のみコンタクトを取っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

このページの先頭へ