アフィリエイト記事を書く事が苦痛だ。

きついし大変だし、めんどくさい。

多くの人が独立や脱サラを夢見て参入するアフィリエイト市場。

しかし、成功するのはほんのわずか。

  • 何を書いたらいいのかわからない!
  • 稼ぐ事を意識したら焦る。
  • 情報収集に時間がかかりすぎる。
  • 記事を書くのに2時間以上必要。

自分の仕事や家事、育児を終えてからのわずかな時間。

この中で思っている事を全て伝えるなんて無理!

こんな声が目立つ。

私も初心者の頃には同じようなことを感じていた。

しかし、私は常に反対の気持ちも持っていた。

「楽しい!」みたいな感覚。

これまでにもアフィリエイト記事については、以下のような内容を書いてきました。

アフィリエイト記事が思いつかない原因は単純であり対策も簡単

アフィリエイト記事が浮かばない人をゼロにする無期限講座サポート付

アフィリエイト記事とは何か?

アフィリエイト記事例も提供!無期限講座実践記

アフィリエイト1日記事数20以上安定化!外注費ゼロ妻帯者実践記

アフィリエイト記事が書けない悩みの原因

物販アフィリエイト記事はシンプルが大事!数より質

物販アフィリエイトアドセンス併用記事内容

アフィリエイト記事文字装飾注意点や失敗例

トレンドアフィリエイト200記事報酬がアドセンスも物販もゼロ?

トレンドアフィリエイト100記事までにやるべきこと

アフィリエイト記事タイトルとseo対策の基本

トレンドアフィリエイト記事内容の注意点

アフィリエイト記事テンプレートも提供!コンサル実践記

アフィリエイト記事は情報収集必須?だから稼げないなんです

自分だけ稼げればいい!みたいな人は無理です。

記事を書いて、書いた内容を見直す。

これがお金を稼ぐ道のりで絶対必須の行動。

私のサイトは、Webconsulアフィリエイト人材育成の一環で運営しています。

私は以下のような活動をしてきました。

西暦 実践経験
2015年

トレンドアフィリエイトでアドセンス
asp,楽天等で物販

2016年 個人向け個別コンサル開始
2017年 地域密着のビジネスコンサルティング開始
2018年 法人向けseo対策,YOUTUBE,コンテンツ制作を強化
2019年 ビジネスと個人人材育成バランス調整期間
2020年 新規プロジェクト開始(法人向け)

これからの活動でもアフィリエイトで手に入れたスキルは役立つ。

初心者には難しい!

こう思っている人には、少しでも無駄な思考が多い事を伝えたい。

シンプルに考える。

記事を書く。

見直す。

修正する。

以上の事を徹底するだけで景色は変わる。

サイト管理人は、Webconsul代表錦織大輝です。

今回の記事では、アフィリエイト記事が書きたくない。

こんな気持ちになった事がありますか?という質問をいただきました。

以下の項目で回答をしていきたいと思います。

アフィリエイト記事を書きたくない体験記

アフィリエイト記事を書きたくないを克服

アフィリエイト記事を書きたくないのも普通

アフィリエイト記事を楽しむための道のり

別にあなた自身が自分に甘いからそんな気持ちになる!

こんなことを書きたいのではない。

誰でも稼げない時に行う作業は苦痛になる。

でもそれをどう克服するべきなのか?

ここが1つの正念場。

辞めたくないからどうすればいい?という気持ちでご覧ください。

アフィリエイト記事を書きたくない体験記

 

私も毎日1日3記事を書いていてつらい時があった。

睡眠時間は、4時間。

まだ生後1ヶ月くらいの子どもがいるタイミング。

自分は何をやっている!みたいな気持ちに何度もなった。

家族を犠牲にする辛さ

ある意味、時間があれば記事を書く。

稼げるようになるしかない。

私にはアフィリエイトをやる理由が明確に存在した。

それは、住宅ローン返済と本業の給料ダウン。

まさか自分がこんな状況に追い込まれてしまうとは思ってもいなかった。

でもやるしかない。

生きていくために必要なお金を稼ぐには今はアフィリエイトで稼ぎ出すしかない。

こんな気持ちを軸に実践していた。

背負う覚悟。

たったこれだけの気持ちが私を突き動かす支えになっていた。

書かない時の怖さ

書けない。

手が止まる。

この経験は何度も繰り返した。

毎日同じことの繰り返し。

パソコンを開き、ワードプレスにログイン。

また1からアクセスを集めるとか考えて投稿する。

もう知識とか経験以前に文章を作る作業そのものが嫌になってくる。

こんな経験ありませんか?

もう終わりにしよう!

こんな気持ちでやってる時はどうした?

この時の対策は、以下の答えを考える。

「1日3記事。」

当時は、3ヶ月で100記事を仕上げる。

これが月収10万円への道のり。

こんなフレーズが定着していた。

みんな毎日やってる。

仕事も続けるし、今も誰かが公開している。

こう考えたら、置き去りにされる怖さの方が強くなった。

結果、まとめて作業をすることを恐れてる自分をイメージ

これが「数へのこだわり」を呼び覚ますきっかけになった。

 

アフィリエイト記事を書きたくないを克服

 

いつしか毎日同じ作業を続ける事が苦痛ではなくなった。

本業のビジネスや仕事でも同じ感覚がある。

毎日同じことを続ける。

今目の前に新しい事が始まってもいつしか日常の作業になっていく。

こんな瞬間をイメージできない時が一番つらい。

今の自分と向き合う

特に妻帯者や独身なんて関係ない。

自分の知識も経験値も問わない。

今の自分がこんな状態になっているのはなぜか?

この言葉をイメージした時、辞める人はこう考える。

  • 家族を養うという話。
  • 子供がいるという話。
  • 仕事を辞めたいからという理由。

いずれの話も全て結果として今の現実から逃げるための考え方。

アフィリエイトを実践してこれまで頑張ってきた事から離れたい。

これって楽をしたいって意味とリンクしていませんか?

こういう人は結果として、誰も楽にできない。

まずは楽になるために何をしなければいけないのか?

自分が頑張ってやるべきことをやる。

個が頑張った。

この言葉は、結果が出てから誰かが口にするもの。

今日やったから明日は休む。

これではなんにも前に進まないし誰も認めてくれない。

自分の思考と向き合う

自分の目の前にあって気になるのは何?

  • 誰かが稼いだお金や報酬額
  • 稼ぎやすいおすすめ商品
  • pv

こんな名前ばかりに気を取られている。

これでは何も検索しているユーザーに目を向けていない。

継続する事に対して完全にお金にとらわれているだけ。

何を紹介するかではない。

どんなカテゴリーで内容を選ぶかではない。

そもそもアドセンスでも物販でもビジネスなんです。

アフィリエイターを目指す。

こんな言葉を言っている人に限ってこんな思考が目立つ。

結果として、完全に自分のことしか考えていない。

最近は徐々にアルゴリズムの変化により根拠のないランキングも減少。

勝手に商品ページの画像をコピーして貼り付けただけの情報もどきも減ってきた。

あなたは自分の行動に対して失敗した原因と向き合っていますか?

これがないと正直あといくつ記事を作っても稼ぐのは難しい。

この現実をまずは書けるか書けないかの前に意識していただきたい。

 

アフィリエイト記事を書きたくないのは普通

 

別にブログ記事を毎日好きで書いている人は正直少ないと思う。

そういうタイプの人は私みたいにちょっと変わっているのかも。

私はSEO対策のオタクだと思っている。

実際2018年から2019年のアルゴリズム大変動を見て楽しかった。

実際に自分が作った記事が大きく変動したケースもある。

反対に本当に何も影響を受けなかったページもある。

なぜこんなに変動しない?

こう思った時、良かったと思うよりも疑問が先だった。

本当にこのアフィリエイトを含めたSEO対策が好きなんです。

こういう人はまりいないと思う。

基本や基礎をきちんと知る

毎日の記事作成が嫌になる。

この気持ちの根源は何か?

この答えは、単純。

基礎が全く見えていないから。

自分なり。

自己流。

色々言い方はある。

でも正直的を得たやり方を実践している人はごく少数。

ほとんどの人が色々情報を見過ぎたことで混乱している。

  • 情報商材レビュー
  • 教材
  • 無料のメルマガ

正直、全てがアフィリ。

単純にその詳細を見れば、最後には相手の利益達成につながるようにできている。

こうした視点で見ている人は少ない。

だから安易にクリックをするし、登録をする。

まずはこれらが基礎の集合体であることを意識する。

それぞれのテーマに沿った書き方が存在する。

これはやっぱりネットで行うビジネスとして勉強したかどうか?

これが絶対の差になる。

ただ朝起きて、仕事に行って帰ってきて作業。

この余った時間で続けていくだけの考え方ではたどり着かない。

 

アフィリエイト記事を楽しむための道のり

 

これまで書いてきたのは私が昔結果が出るまでに感じていた内容。

今となってはどんどん言葉が出るようになった。

新しいサイトを立ち上げるのも何も苦労がない。

今と昔は何がそんなに変わったのか?

この答えは、自分の意識を変える事に成功したから。

何の結果を楽しむのか?

ネットにおけるビジネスは、リアルと何も変わらない。

うまくいく店はどんどんリピーターが入ってくる。

昔からあるお店と周囲も知っている。

そして、普通に出入りしている。

いくら大型の店舗が出店してきても普通にやっていける店もある。

これは何が違うのか?

その店限定の何かがあると伝わっているから。

個性的な接客

オリジナルの商品。

その店限定の価格設定

このような差別化があるからこそ、客の選択の1つに入っている。

ではこういう店を昔からすぐにできていたのか?

それは違う。

いろいろ試行錯誤を重ねてきたはず。

当然上手くいかない事も多かっただろう。

辞めようと思った事もあると思う。

でも何かやった後に何を観察しながら続けたのか?

これは自分の中でのやりがいや新しい気付きだと私は思っている。

心のどこかで自分の成長を感じる。

つまり自分の存在を否定しない。

失敗やミスも違う何かを教えてもらったと考える。

このようにポジティブに考えていく事を積み重ねたからこそ今がある。

最初から考え方もやり方も全てわかる人はいない。

わかるまでにはいろいろな道のりを経由する。

でもその道のりで次を目指す時に1つ1つの工程で何かを学んだか?

この過去との向き合い方がかなりの差になっていく。

分からないから。

知らないから。

超初心者だから。

自分が知らない事に言い訳をする人は伸びない。

誰かが何かを言っている時、その裏を考える。

これができる人はやっぱり吸収するのが早い。

これがある意味、ビジネスで成功する人の努力だと私は伝えたい。