賢威カスタマイズ装飾タグhtmlタグ

賢威7で、カスタマイズを楽しむ。

こんな目的をお持ちの方へぜひ知っておくと役立つ装飾を紹介していきます。

記事を作成する上であまり変更を必要としない方法を選ぶことが重要。

「wordpressテンプレートは本当はそのまま使ったほうが良い。」

これが依頼しているデザイナーさんの意見でした。

あまりフッターやウィジェットも触らないほうが本来の機能を発揮できる。

ですから、色を変えるとかランキングや見出しなどコピー貼り付けで済ませる程度の内容の方がオススメです。

あまりcss等は自分で削除したり余分なコードをつけることはオススメしません。

サイト管理人錦織大輝と申します。

この記事では、

賢威6.2と賢威7の違い!装飾タグ比較例

賢威7でカスタマイズでLINE風吹き出し加工実践法

賢威7でカスタマイズ装飾タグ使用注意点

以上の内容についてご紹介していますので、ぜひ貴方のサイト運営にも活用して下さい。

賢威6.2と賢威7装飾タグ比較例

賢威7と6.2の違い使えない装飾タグ

賢威は過去に6.2のバージョンもありました。

この賢威6.2から使い続けて賢威7に切り替えを検討している方に注意点をご紹介していきます。

賢威6.2と賢威7で変わった装飾タグ例

賢威6.2にてチェック項目タグをまずは例としてご紹介していきます。

  • チェックリスト
  • チェックリスト
  • チェックリスト

このサイトで使用してるのは、賢威6.2なので、このように表記されます。

しかし、同じ装飾htmlタグを賢威7に使ってみると、

賢威6.2と賢威7のカスタマイズの違い

 

 

 

 

このような表記に変わってしまいます。

ですから、カスタマイズという部分で考えると同じ賢威ではあっても装飾タグだけでも違いがあります。

実際に、htmlタグで違いを見ていきます。

賢威6.2と賢威7の違いhtmlタグ比較

賢威6.2で実際に先ほどお見せしたhtmlタグは、

  • チェックリスト
  • チェックリスト
  • チェックリスト

賢威7で同じ様な表記をさせるには、

  • チェックリスト
  • チェックリスト
  • チェックリスト
  • チェックリスト
  • チェックリスト

些細ですが、違いがあります。

checklistだった装飾タグは、check-list-1で表記されています。

この違いに気付くと、一瞬真っ白になりかけますが、賢威7仕様のカスタマイズ装飾タグはより綺麗に女性的な美しいタグに生まれ変わっています。

賢威7カスタマイズhtmlタグ仕様風景

このように同じテキストを入れても違いは歴然。

・賢威7の方が、チェックリストらしい形。

・賢威7のチェックは色の統一感もあり綺麗

・賢威7のチェックボックスは大きいタイプもある

・賢威7のチェックリストは文字が中央にあり見やすい

こうしたポイントを考えると、見た目の装飾については徐々にカスタマイズは綺麗さに磨きがかかった状態を感じられます。

 

 

では続いて、正直、私も賢威6.2の時代で憧れていたカスタマイズタグをご紹介していきます。

 

賢威7カスタマイズLINE風吹き出し加工実践法

賢威7カスタマイズ装飾タグhtmlタグ吹き出し

賢威7を使うアフィリエイトユーザーであれば常日頃から使いたくなっていた吹き出しによる加工。

賢威6.2の時代には、こうした画像の中にテキストを入れるという作業が中心でした。

しかし、賢威7にはこの吹き出しを使う機能が既に搭載されているのです。

賢威7カスタマイズでおすすめ吹き出しコメント

実際にはこのような表記になります。

賢威7カスタマイズ吹き出し こんな表記があったら楽しいですよね?

でもこのhtmlコードはショートコード。

テキスト