転職迷う40代女性の判断材料と注意点

転職を迷う人は多い。

求人サイトを眺める毎日。

今の職場で抱えたストレスからの逃げ場を求める思考。

もう気力も体力も限界。

こんな状態でも子どもがいる、家族がある、生活がかかっている。

こんな人はたくさんいる。

一方で、必要以上に心配しなくて良いのかもしれないとある意味転職をどんどん繰り返す人もいる。

仕事なんてどこでもできる。

こう言える女性の大半は、専門の職種や今の自分がどこの会社でも欲しいと言われる強みを持つ。

採用されるかどうかも未知。

次を探すなんて言われても転職サイトの中から探す程度の時間しか残されていない。

こんな時、実際にどうすれば転職成功と言える自分に巡り合えるのか?

これまでにも40代女性の悩みについては、以下のような内容をご紹介してきました。

 

40代女性の転職が難しい背景と新しい生き方

 

40代でもアフィリエイト塾についていけない現実!2019相談者の声

正直年齢なんて関係ないとは言えないのも現実。

体力的な差が出てくる。

どんな環境の中でもこの先長続きする業界なんて数多く存在する時代ではない。

かといって、エンジニアやit関連の業界に足を踏み込むのも躊躇する。

そんな時には何を準備するべきなのか?

エージェントに相談しても強みもキャリアもない人材と分かった時にはある程度の時間を使っても限界がある。

40歳。

この年齢を迎えた時、どんなことを意識しなければいけないのかをご紹介してきます。

40代女性が転職を迷う時のポイント

 

私は起業の中で面接などを実施する人事担当も経験しています。

転職エージェントとしても活動していた時期がある。

仕事を紹介する上でもその人の強みやどういう環境を用意すれば評価を受けやすいのか?

こうしたことを考えるように心がけてきた。

その中で、迷いがある人に伝えたい事をご紹介していきます。

転職を迷う気持ちは面接にも出る

正直、まだ実際に辞めない状態でも面接に応募する人は増えた。

経理、事務、営業。

いろいろな仕事があるが、自分にはスキルがない。

この時の自分が実際にどんな評価を受けるのかを知るために活動をしている人は多い。

給与、福利厚生、待遇、人間関係(上司や同僚の年齢層)。

こうした情報を集めるために希望する条件や特徴があると思ったらどんどん申し込むという人もいる。

しかし、その思考は意外と会社の人事担当者には透けて見えている。

もちろん会社は人を必要としているからこそ高い費用を払っても専門の転職サイトに掲載をしている。

しかし、本当にその気になっていない人に時間を費やすことはリスクしかない。

あくまで無料のサービスではない。

実際に採用をしたいと思っていても可能な限り、相手の意思確認をしておきたい。

このようなやり取りが進むと相手を見て、その気がないかどうかの違いも見抜けるようになってくる。

つまりは、迷いを持つ時の仕事探しで安易に面接を受けるのはお勧めできない。

 

40代女性が転職を迷う時の注意点

自分の申し込みは何度行っても無料だ。

しかし、企業は無料で求人を出せる環境がない。

この違いがあってこそ、社会人になってからの人生をきちんと見極める必要がある。

企業の求める人と現実のギャップ

多くの人は転職サイトに掲載されている会社の名前と口コミや評判をセットにしてその実態を見ようとする。

口コミで悪い内容を目にすると、その会社に入っても将来また天職をする可能性を意識する。

この時点で正直その程度のやる気しかないと言えるのではないでしょうか?

迷いがある時ほど人の声に影響されやすい。

これは、20代、30代で会ったとしても同じ。

例え50代になっている人でも結果としていつも人間関係を悩み何社も退職をしている人も多い。

まずはあなたが現実として受け止める勇気や覚悟がどこまであるのか?

この答えから自分の中でしっかり考えてから行動をする事が重要。

生活のため?自分のため?

自分が生活していくためにという考え方もある。

自分自身のキャリアのためという考え方もある。

家族(子供)のためという考え方もある。

いずれの場合でも別にその会社に勤務しないとその悩みを解消できないという事ではない。

つまりは、ビジネスの形態を問わず、まずは勤務する上では自分が何のためにその会社で働くのか?

この答えを市場の動向以上によく考えておく必要がある。

 

40代女性が転職を迷う時の行動

 

自分がこの先生きていく中で、可能な限り辞める心配をしない会社や起業はどこにあるのか・

この答えとしてまずは自分のこれまでと今これからをきちんと見極める必要がある。

給料は補う方法がある

今の時代は昔と大きな違いがある。

それは、徐々にWワークや副業を可能とする会社が増えてきたこと。

昔は大きな会社に入ったら専業でその他のことをやってはいけないみたいな傾向があった。

しかし、最近はもう大手企業もWワークを認めるという方向性を決めていることも多い。

これはあくまで企業の負担を今以上に大きくしないための考え方ともいえる。

入社してからもし給料が足りないと悩んだらどうする?

この時、男女それぞれ自分の隙間時間で働く方法を知っておくことが重要。

Wワークというキーワードを常に自分の中に意識する。

そして、減給や賞与の減額と言われた時にもすぐに転職を考える必要がない自分を作り上げる事が必要な時代と言えるのではないでしょうか?

管理職への憧れは不要

itやwebサービスの普及により一番苦労をしているのは誰なのか?

この答えは管理職だと私は感じている。

言われるがままに操作を覚えていく事務作業。

自分の言葉で相手に言わなければいけない営業職。

一番に相手のことを考えてさまざまなパターンを勉強する必要がある接客業。

自分が何をするにしても、就職して最初に覚えるのは現場の作業。

簡単に言えば、アルバイトやパートと同じようなことから少しずつ管理職向けの仕事やサービスを覚えていく。

だからこそ、実際にどこの会社に入るのかを選ぶ時に変に管理職という意識を持つ必要はない。

むしろ、現場を見て明らかなブラックだと思えたなら、いくら管理職の給料が良いと知っていても少しも魅力を感じられなくなっていく。

限界とボーダーをきちんと把握

給与面の理想を考えてみよう。

実際に働く人の多くは少しでも給料が高い方が良いと考える。

しかし、その給料をとるためにどれだけの苦労を求められても耐えられるのかと言えば話は別。

もちろん少しくらいきつい仕事であればなんとか頑張れる。

このような気持ちの中で、実際にどんな内容が具体的に最低やボーダーと自分で言えるような状況が必要になる。

内容的にきついのか?

何をきついと決める判断要素としているのか?

これはあくまで人により異なる。

いくらネット検索して調査しても現実問題として辞める理由は人によって異なる。

あなたは何のためにその会社に入る?

そして、どんな事を大きな問題としてとらえる?

この2つはきちんと自分の中で決めておく必要がある。

口コミや評判を鵜呑みにしない

所詮会社の評判や口コミはいい事でも悪いことでもあてにならない。

何故そう言えるのか?

全国展開しているような会社であれば事業所単位で大きく環境が異なることも多い。

介護、医療などの専門の分野では長く居続ける人が正しいみたいな雰囲気が強い企業もある。

大きな会社になればなるほど劣悪な環境と天国のような環境に分かれる可能性は高い。

全てを一つのサイトから知ることは不可能。

そして、良い口コミも悪い評判もその人の主観に基づく内容。

結果として何かあった時、やっぱりその通りだったと自分をもっと悪い方向に導く可能性も高いのです。

給与、待遇、人間関係。

この3つは時代の流れや事情があって変わっている事も多い。

だったらまずは自分の目で確かめる。

そして、実際に自分で感じたことを軸に判断する必要がある。

これらが若い時のままの感覚で探すつもりなら、転職をしない方が良いと私は伝えたい。

 

私へのご依頼も対応しております。
アドセンス審査代行

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

アフィリエイト講座セット決済済み又は銀行振り込み希望の方へ


Skype音声通話又は銀行振り込み口座確認を希望の方へ

銀行振り込み先確認者は、希望のプランと振込先確認というメッセージでご連絡ください。
Skype音声はあくまでも決済完了者のみコンタクトを取っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

このページの先頭へ