Webマーケター未経験30代40代に転職先はある?年齢制限なしの実態

スポンサーリンク
  • 業界未経験の分野に挑戦したい
  • 30代40代からWebマーケターを目指すのは無謀?
  • Webマーケティング業界の求人は年齢制限なしって本当?

こんな悩みを解消します。

Webマーケターとして、10年以上業界に在籍しながら、日々Google、Yahoo、Facebook,Instagramなどインターネット広告市場の運用を実施ているからこそ、伝えたい内容です。

Webマーケター関連記事。

Webマーケティングスキル

スポンサーリンク

Webマーケティングの勉強方法【独学も可能?】

Webマーケティングの特徴

Webマーケティングとは?初心者向けに簡単にわかりやすくまとめてみた

マケキャン料金

マケキャン評判、口コミ【料金や転職満足度の実態】

今回の記事では、Webマーケターに30代40代の未経験が転職する可能性とリスクについて、以下の目次でご紹介しています。

年齢制限ありのWebマーケター求人も多い

30代40代からWebマーケに転職する際の注意点

30代40代が転職前にWebマーケを学ぶ方法

Webマーケティング業界の仕事内容や年収目安

Webマーケティング業界の未経験歓迎の裏側

スポンサーリンク

年齢制限ありのWebマーケター求人も多い

年齢制限

すべての会社が年齢制限なしということではありません。

25歳~35歳が目安になっている会社もまだまだ多い。

40歳以下が多い

Webマーケター年齢制限

「長期キャリア形成のため」という理由を掲げている求人を業種、職種問わず見かけることが多くなりました。

つまり、転職活動をしている人の中でも少しでも長く働いてくれる可能性がある人を探している。

結果的に、40歳以下の30代を中心に集めたいという会社は多い。

未経験でおすすめの年齢層

Webマーケター未経験転職の年齢

結果的には、30台前半~半ばまでには、人生を決めることをおすすめします。

ベンチャー企業でも大手でもこのラインは、さほど違いがありません。

 

30代40代からWebマーケに転職する際の注意点

30代40代Webマーケに転職

Webマーケターを目指す人は多い。

しかし、業界に参入しても離職する人も多いのをご存じでしょうか?

なぜ辞めてしまうのか?をご紹介します。

覚えることが多い

Webマーケティング業界では、覚えることが多い。

さらに、広告のガイドライン等も変更することが多い。

つまり、最初の作業になれた人でも、仕様変更によって、戸惑いを隠せない人も多いのです。

ですから、完全未経験の人にとっては、覚えることが多すぎて、難しいと感じる人もいます。

業界が求める専門知識

Web上の広告を扱うには、以下のすべての知識が求められます。

  • Webデザイン
  • Webライティング
  • Web広告の運用や仕様変更への対応
  • クライアントへの営業やアドバイス

これらすべてを未経験の状態からマスターするには相当の時間が必要になります。

専門用語がわからないというだけで、かなり致命傷になることも多いので、分かりません、知りませんが多い人は長続きしない傾向があります。

直感的操作が求められる

10代20代で、Twitter,Facebook,Instagram等を有効活用している人とそうではない人がいます。

普段から触っている人にとっては、何となくでも感覚で理解できる。

これは、車の運転やパソコンのタイピングと似ているといえます。

つまり、感覚的にその操作の特徴を掴むことができるのか?

この答えとして、40代から始めようとする人にとっては、かなりハードルが高かったという声も聞こえてきます。

 

30代40代が転職前にWebマーケを学ぶ方法

30代40代未経験者のWebマーケ勉強法

どうしても、今後の人生で、Webマーケティング業界に転職したい。

こんな人に伝えたい会社選びのポイントをご紹介します。

体育会系の会社は避ける

体育会系ってどんな会社?

以下のような特徴があれば、要注意です。

  • 朝大きな声を出して朝礼を行う
  • 平気年齢が若い(若手ばかり)
  • 若手が出世している会社

こうした組織では、営業力が全てという見方もあります。

つまり、営業スキルがない人は、教えてもらうより慣れろという状況に置かれることが多いのです。

自分の将来のキャリアプラン

将来自分が、Webマーケの業界に参入してどうなりたいのか?

この答えが定まっていない人は要注意です。

例えば、

  • 業界、職種に特化したWeb戦略に強い人材になりたい。
  • 通販(ECサイト)運営に携わりたい
  • 男性、女性の性別の枠を無視した異性向けのサービスに携わりたい

など、自分自身が業界の中でどのような立場で活動をしたいのかを明確に決めておくことが大切でうs。

  • ゲーム
  • 金融(仮想通貨やFX)
  • 求人
  • 不動産
  • 美容整形
  • コスメ
  • 士業向け

など自分がこの先、どの分野に精通した人材になるのかをイメージできない人は長続きしないかも。

経験、スキルを活かす

自分がこれまでに携わってきた職種、業種のマーケティング事業に関わるという考え方も良いでしょう。

しかし、この場合は、業界的にも人材が不足しているのかどうかも重要になります。

例えば、アパレルや販売業等を経験している人が、コロナ禍で小売業のマーケティングを実践したいと思っていたとします。

この場合、ECサイトを軸に展開する知識がない。

これだけで、業界を知っているだけでは意味がないと思われてしまうのです。

営業の経験と実績がある。

この経験がない人は、ただ単に会社員や派遣社員で仕事をしていただけという見方になります。

Webマーケ関連のスクールに通う

Webマーケティングの人材育成を企業側がサービスとして提供しています。

その一つが、通信教育サービス。

ヒューマンアカデミーWebデザイン講座の評判、口コミ

基礎から短期集中又は、6ヶ月、10ヶ月、12ヶ月など一定期間で専門知識を学べるサービスになっています。

転職保証等をつけているサービスもありますが、実際にはそんな簡単に就職できる業界ではありません。

自分でブログ運営をして実績を作る

私が主におすすめしているのが、この方法です。

  • アフィリエイト
  • アドセンス
  • YouTube
  • TikTok
  • Twitter

市場は、何でもOK.

自分で記事を書いたり、メディア運営をすることで、検索順位上位表示を達成した経験をアピールする

これは、Webマーケの中でも、SNSやSEOといった分野で役に立ちます。

さらに、自分のポートフォーリオとして、アピールすることも可能です。

転職エージェントを活用する

正直、未経験の人にはハードルが高い方法です。

自分自身の実績も経験もない状態では、手数料がかかる方法を用いてまで、採用したいと考える企業は少ない。

つまり、転職エージェントを使っても成功する人は、実績や経験がある人なのです。

 

Webマーケティング業界の仕事内容や年収目安

 

Webマーケティング業界

Webマーケの市場では、いろいろな分野があります。

最低限の専門用語をおさえる

以下のような用語は、日常的に意味を理解しながら、会話ができるようになっておくようにしましょう。

用語 意味
SEO 検索エンジン最適化
CTR クリック率
CPA 顧客獲得単価
CRM 顧客関係管理
CVR 問合せ、成約率
LTV 顧客生涯価値
GA Googleアナリティクスの略
MA マーケティングオートメーションの略

など、自分の業界で使っている用語と意味を理解しておくことが大切。

面接でもせめて、このくらいの用語は理解しているのかを確認されることは多いです。

仕事内容

仕事内容は、いろいろあります。

分野 主な業務
集客 SEO対策
リスティング広告運用代行
SNS広告運用代行
コンサルティング Googleアナリティクスやサーチコンソールを用いたサイトの分析、解析、提案
新規開拓 YouTubeやFacebook等具体的に新しく始めるサービスの運用支援
ホームページ 新規作成やリニューアル、改修などを行います

年収目安

年収は、300万円~800万円と幅広い。

勤続年数4年から5年程度であれば、400万円から500万円は狙える可能性があります。

しかし、この点も、何ができるのか?という答え次第になってしまうのが現実です。

 

Webマーケティング業界の未経験歓迎の裏側

Webマーケター未経験Okの理由

Webマーケティングの業界では、なぜ人手不足になっているのか?

この点について、ご紹介します。

一人のキャパの限界ライン

人材が不足するのは、需要と供給のバランスが崩れるから。

では具体的にどのように崩れてしまうのか?

一人がGoogle広告やYahoo広告のアカウントを管理する上で、限界ラインがあるとするなら、20~30社。

運用期間中に、仕様変更などで審査が通らない、落ちた、単価が急激に変わった等の変化にも対応しなければいけません。

つまり、22日~23日の間で、トラブルにも柔軟に対応できる状態にするには、管理するアカウント数も限界があります。

ネット集客への関心の高さ

コロナ禍になって、テレビ、新聞、ラジオ、雑誌等をスマホでチェックする人は増えました。

つまり、市場は、まだまだ成長段階にあります。

より多くの広告予算をかけられる会社は、YouTubeやSNSなどこれまでおろそかになっていた市場に参入しようとしています。

業界的にも、すべてをインハウス化することが難しい。

だからこそ、Webマーケティング関連会社は万年人手不足といわれているのです。

離職率も高いのが現実

土日祝なんて関係ありません。

なぜなら、週末が月末月初になることも多いから。

他にも、急激な順位の変動やサーバーのトラブル等さまざまな事情に対して、臨機応変に対応を求められるのです。

このような仕事の性質上、結婚後に再就職しようとする人が減っているのも現実です。

長く働けることは分かっているけれど、正直、在宅ワークでもパソコンが無ければ何もできないというのが現実です。

まず、Webマーケターを目指すために実績を作りたい!という方はいつでもお気軽にご相談ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
私へのご依頼も対応しております。

アフィリエイトコンサル無期限講座

コメントを残す

サブコンテンツ

サポートメニュー

管理人氏名:錦織大輝
錦織大輝プロフィール
提供サービス

超初心者で、意味も用語も知らない方でも無期限対応!
コンサル受講希望の方へ
無料相談随時受付中

アフィリエイト講座セット決済済み又は銀行振り込み希望の方へ


Skype音声通話又は銀行振り込み口座確認を希望の方へ

銀行振り込み先確認者は、希望のプランと振込先確認というメッセージでご連絡ください。
Skype音声はあくまでも決済完了者のみコンタクトを取っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

このページの先頭へ