アフィリエイトで少しでも稼ぎたい

アフィリエイトで売れるページを作りたい

こんな風に思う方も大変多いですね。

でも、決して売れるページを作ることはそこまで難しいものではないのです。

実践を振り返ったリライト記事も紹介しています。

アフィリエイト記事例

アフィリエイト記事例探し?コンサル実践記

物販アフィリエイトの記事の書き方についてもご紹介しています。

物販アフィリエイト記事の書き方3つのポイント

物販アフィリエイト記事の書き方で売れるコツは5つ!成功条件

売れる記事の作り方として、この記事では、

売れる記事の作り方1.構成

売れる記事の作り方2.文章

売れる記事の作り方3.広告

以上の3つでご紹介していきましょう。

ぜひあなたのアフィリエイト記事の参考にして下さい。

売れる記事の作り方1.構成

売れる記事の書き方工夫のポイントやコツ

私が先輩たちから教わった内容を含めて、コピーライティングの実践について注意点をご紹介していきます。

注意点1.真似しない部分を明確化

売れる記事の作り方とオリジナリティ

  • 売れる記事って何が違うの?
  • なんでそんなに申し込みや購入があるの?

アフィリエイトに限定する内容ではありません。

ECサイトや企業の公式サイトを運営している中で、注文の多いサイトやページに何が違うのか?

この意識は非常に大切。

書く方法的には同じようにかいても売れないという悩みがあります。

なぜか?

流れというのは、業種や職種によって異なるから。

構成として、必要なのは、流れです。

簡単にまとめていきます。

  1. 解決する悩みの対象の明確化(共感的要素)
  2. 解決する方法
  3. 解決する方法の効果
  4. 紹介している内容の根拠
  5. 内容を今読んでいる人への理解を求める(教育的要素)
  6. 今行動を起こすべき理由

こうした情報を書けば、おすすめなどの文字を使うことなく、1ヶ月に数件というオーダーや受注が取れるようになっていくのです。

自分のデータを使う

売れる記事の作り方と個性

読者にとって、どんな説明をしてもいきなり信じてくれるとは限らない。

だからこそ、読む相手の心に響く表現にも気を遣う必要があります。

使用感想であれば、

昼に使った人と夜に使った人

男性が使った様子と女性が使った様子

より具体的なデータを出すなら、

・外部サイトを利用して実証している内容

・実際に使ってアクセスが伸びた等のデータ

こうした内容がある人が話す記事には、重みが出ます。

例えば、

私がコピーライティングを紹介している時の物販アフィリエイト売上実績

実際私にも売れる記事という言葉をあなたに伝えるだけの内容が徐々に出来てきています。

物販アフィリエイト実績紹介

2つのサイトを運営しながらの売上データです。

実際に、物販アフィリエイトの多くの実践者は、1円も稼げない結果が多いのが現実。

私のデータでは、2015年9月の物販サイトへのクリック率は、15%となっています。

この数字は、まだまだ伸ばせると自分でも確信しています。

作れば作る分だけ売れていく物販アフィリエイトサイト。

この言葉を伝えられるようまだまだ売上は伸ばせると思います。

こういった感じで実績を記事内で出す情報があれば必ず出しておくことも大切。

伝わり方も違いますよね?

これがデータを使うという事です。

ターゲットは絞る

売れる記事の作り方とターゲット

コピーライティングで売れる人の特徴というのは、多くの共通点があります。

意識していただきたいのは、ターゲットを絞りましょう

ターゲットを絞り込む際には、以下のポイントをおさえておくことをオススメします。

売りたいターゲット(例) コピーライティング例
20代独身女性一人暮らし 危機感を伝えるインパクト
30代独身男性管理職 緻密にデータを出しながら、解説
40代既婚男性孫有り 孫世代へ周りが行っているデータを出す
50代独身女性親の介護有 大変だと言いたい部分を画像等で伝える

実に様々な使った感想やデータがあるのです。

しかし、

いずれも、ターゲットが決まっているからこそ伝わる表現であり、データなのです。

全く違うターゲットに過去に売れたというだけの記事を紹介しても同じとはいきません。

これが、コピーライティングの面白さであり、大変さになるのです。

では最後に、コピーライティングとあわせて知っておくべき事をご紹介していきます。

 

売れる記事の書き方と同時に知らなければいけない要素

売れる記事の作り方

「売れる書き方を知っていれば何でも売れる。」

これが、

コピーライティングを販売している人のよく言うセリフ。

確かにその通りです。

しかし、

コピーライティングだけでは売れない事情も当然あります。

それは、

・アクセスアップ

・フォローによるリピーター作り

アクセスを集めたり、購入者のフォローをしてあげることで、リピーターを作ったりすることも楽しみになります。

ぜひこの2点についても、少しでも興味関心を広げて、売れるページを作り上げていきましょう。

続いて、コピーライティングの深い部分となる「3つのNO」という言葉について、

コピーライティングで超える3つのNO対策売れるコツ

コピーライティングで3つのNO(売れない原因)を超えるコツ

にてご紹介していますので、参考にしてみてください。

 

 

売れる記事作り方個別指導

売れる記事の作り方コンサルティング

Webconsulでは、個人、法人いずれにもコンサルティングサービスをご用意しております。

個人向けコンサル

個人が広告を作るのは難しいと思っている人は多い。

しかし、そんな事はありません。

ユーザーは、ブログ等を見るのと同じように、体験、口コミ、レビューなどの話に耳を傾けやすくなっている。

アフィリエイターを利用することが、将来の企業の営業力強化につながる。

こう思ってもらえることが私がノウハウを提供している原点です。

この流れを上手に活用することで、ブログでも売れるページを作ることは可能です。

  • プロフィールの必要性
  • キーワード選定
  • ブログのタイトル
  • 冒頭部分
  • 見出しや構成
  • 伝わりやすくする文章
  • 読まれる具体的な要素
  • 共感を生み出すポイント

これらをきちんと意識して作ることができれば、セールスページは作れます。

個人向けには、実践しているブログを公開。

さらに、テンプレートとして使いやすい見本や例文から読み解く方法なども指導しております。

個人向けコンサルティングサービスは、

YOUTUBE,物販,アドセンス併用アフィリエイトコンサル生募集

法人向けLP制作相談

売れる記事の作り方法人コンサルティング

私は法人様にとっても売上アップに重要なLP制作を承っております。

Webマーケティングにおけるご相談が多い内容は以下のような内容。

  • 離脱率防止
  • 顧客の行動をどうすれば促せるのか?
  • 書かい費用を払っても集客力はまだ納得できない

こんな風に思っているなら、まずはお気軽にご相談下さい。

弊社では、婚キャッチコピーを用意しています。

「響く!伝わる!だから選ばれる!」

インターネットビジネスは、共感ビジネスです。

この2つを徹底して生きしてくれれば、ユーザーの評価は高まりますし、反応も出るわけです。

実践から検証し修正する

売れる記事の作り方法実践方法

サイト内に書く内容をテンプレートや見本、例文などを用いるのは決して悪い事ではありません。

しかし、その通りに書くということは、やはり比較された時に印象に残りにくいのも現実。

デザイン性

色の使い方

このような対象を含めて、必ず比較できるパターンを複数用意しておくことが重要。

例えばですが、転職について

A今の夏のシーズンのボーナス前は、企業にとっても離職者が出やすいので、人材不足に困る時期です。

B今の夏のシーズンであれば、転職活動をする方も気候や気温などを気にして活動を控える傾向があります。

この2つを比較すると、同じ転職を紹介する際にも、企業側と求職者側という大きく2つの視点が存在します。

これはどちらが正解というわけではありません。

もしかしたら、どちらの方法を使っても離脱するかもしれません。

こういうデータを見ながら、どのように書けば、自分のサイトに訪れたユーザーは行動をしてくれるのか?

こんなことを気にしながら経過を観察することが重要。

法人様には、企業向けのページにてご相談をお受けしております。

ホームページ制作料金|静岡県焼津市Webconsul

最後までご覧頂きありがとうございました。