1日12時間労働を連勤する意味と価値|人生の楽しみ方

  • 1日12時間労働をしている
  • 週5、週6どころではない。
  • 10連勤も当たり前のバイト生活!

ダブルワークによる副業が当たり前になったコロナ禍。

しかし、実際に仕事をしている時って人はちょっと価値観が変わってくる。

「まあこんなもんだ」

どこかでこんなことを考えていませんか?

  • 企業に勤めるとはこれが普通。
  • 労働基準法で違法でもこの会社は何もしないはず
  • 自分の考え方が甘いのかな?

結局、1日12時間労働を課せられてもそれが普通と思ってしまう。

私も過去には16時間労働をほぼ毎日経験してきた。

休みの日も出勤や出張

原因は社内の人手不足

意味がわからない。

結果的に、実質週休1日。

10年以上こんなことをしている人も珍しい話しではありません。

でもそれって限界が来ますよ。

大人になると「普通」はマヒする

 

私は限界がきたことが何度もあります。

研修期間でも誰かが倒れる。

こんな環境に父親や母親はこう話す。

「お金をもらうとは大変なこと」

慰めの言葉よりも先に、説得。

こんなの気が休まる余裕もない。

20代で人生を絶望する

  • 同僚と一緒にランチが当たり前
  • 自分の時間なんてほぼなし
  • コンビニのおにぎり食ってるだけの生活で虚しくなる

こんな日常に疲れる。

  • 好きじゃない仲間と一緒に励ましあう
  • 好きではない上司の話を聞いているだけの時間

こんなのは、苦痛でしかない。

学生の時には、多くの人に「夢」や「希望」があったはず。

でもそれがすべて自己否定感に変わる。

要領が悪い。

優先順位

こんな言葉に右往左往する日々が続く。

体力的にも精神的にも疲弊

自分一人では、新しい情報を知る機会もない。

毎日9時から10時には出社。

終電過ぎの帰宅。

こんな生活をして、余力とか時間の余裕なんて存在しない。

このまま30代になったらどうなる?

結局、時間の安売りをしているだけの毎日。

遊ぶ時間すら奪われる日々。

これで価値観が変わらない人は少ない。

月収20万円以下の家畜

結局、それだけ働いていくら稼ぐのか?

この答えが、月収20万円以下が当たり前になった。

20万円を稼ぐために、時給1000円でも1ヶ月200時間以上働く必要がある。

会社員なら、1日8時間で考えると25日働くことになります。

こんな生活を続ける意味は?

この答えに、洗脳されている人はこう答える。

「自分よりも働いている人はたくさんいる」

これって、結局、自分の環境よりも恵まれない人を見て、まだマシと思う考え方。

でもこれでは感覚はマヒしている。

なぜそう言えるのか?

  • ○○さんは、深夜2時まで仕事している
  • 土日休みなんて羨ましいと言われた
  • 残業は月200時間超えてから

こうやって、誰かと比較することで自分の普通が変わっていく。

これを洗脳と思っていないから怖い。

 

社員の怒りが爆発する瞬間

結局、日本人は穏やかな人が多い。

普段は温厚な性格の人が多いと思う。

でもだからと言ってその性格を利用するのは違うだろ。

すべてを受け流せると思われている。

そんな相手に私もさすがにプッツンしたことがあった。

しりぬぐいを全て任せる社内体制

  • 部下のやったことはすべて上司の責任
  • 全く関係ないこともすべてぶん投げる経営者
  • 関係のない事案でも県外から呼び出す上司

こんな状況に見舞われた時、私もさすがにストレスの限界に達した。

「ふざけるのもいい加減にしてください」

こう思っていても吐き出さない人は多い。

真面目すぎる。

結果、自分がすべてを背負うことでヒーロー扱いされるほうを選ぶ。

こんなのは、自分で自分を苦しめていることにしかならない。

追い詰めた後何もしない会社

最後には、うつ病になる。

診断書を出しても会社は「じゃあ休んで」。

その後の復帰に対する体制も変えようとしない。

これでは、何が安定や安心なのか分からなくなってしまう。

 

時間の使い方で人生は開ける

私は、正直最初からこの業界で生きていこうなんて思っていなかった。

でも、ある日そのチャンスが突然訪れた。

休職中というわけではないのに、今の働き方改革の波に乗ることができた。

そして、ちょっと違う世界を知ってしまった。

  • 自分のスキルと市場価値
  • 会社員時代の自分の手取りの額
  • 社会保険しか頼るものがない組織という籠

転職をしても給料が下がる時代

  • キャリア採用
  • 中途採用

こんな言葉に前職より稼げると考える人は多い。

しかし、結局はそういう会社も最初と数ヶ月後では全く違う態度を取ってくることも多い。

典型的な例は、

  • 業績悪化
  • コロナの影響

こんなことを言い始めて、お金に関しては迅速に対応をしてくる。

結果、20代で年収200万円台の人生がそのまま30代に持ち越しになる。

いつになったら、年俸500万とか600万円の生活になるのか?

この答えは、全く叶わないまま労働時間がまた伸びる。

自分の時間がない人は能力に限界がくる

どういうことか?

自分の時間がないと以下のような流れになる。

  1. 心身を休める時間がない
  2. 新しい情報を収集する時間もない
  3. 新しい世界を知る機会を失う
  4. 勉強することを諦める

結果、その人には、その先の人生で新しいビジネスを知る機会さえ失う。

年収1000万円はすごいのか?

正直、会社員の時代に社員同士を見たら、1000万円はすごいと思っていた。

でも、自分が対法人相手になったらどうだろう?

月10万円~30万円の仕事の依頼を受ける。

10万円なら、100個こなす。

20万円なら、50個こなす。

30万円なら、33個こなす。

たったこれだけで、年間1000万円に到達する。

正直、スキル一つでお金は稼げる時代になった。

会社員は、給料を軸に考えるから、おかしくなる。

自分の労働を時間と時給とで考える。

こうすれば、認められる仕事をすれば、誰でも1000万円はかせげるようになる流れを作ることができる。

会社に行きたくない人生から卒業

労働はクソだ。

給料が妥当なんて思ったことはない

こんな言葉が聞こえてくる。

なぜそう言えるのか?

それは、「可能性を広げるための発言。」

  • 情報にお金をかける。
  • 実績を作る
  • サービス化する
  • 求める相手に提供する

たったこれだけの仕組みがあれば、人はお金を稼ぐことができる。

人生を変えるための思考術

問題は、自分に何ができるのか?

この疑問を多くの人が持っていないこと。

私は「個性を活かす」を最優先に無期限のアフィリエイトコンサルを行っている。

でもアフィリエイトで一生食っていくなんて誰にも言っていない。

あくまで、アフィリエイトは通過点に過ぎない。

もっと先の会社や組織に貢献できる人間になる。

そのために必要なスキルを無期限で提供している。

  • SEO対策
  • PPC広告運用

等もその一部にすぎない。

自分のスキルとして、どんどん活躍するきっかけを作ろう。

あなたにできる市場が必ずあります。

スポンサーリンク
私へのご依頼も対応しております。

アフィリエイトコンサル無期限講座

コメントを残す

サブコンテンツ

サポートメニュー

管理人氏名:錦織大輝
錦織大輝プロフィール
提供サービス

超初心者で、意味も用語も知らない方でも無期限対応!
コンサル受講希望の方へ
無料相談随時受付中

アフィリエイト講座セット決済済み又は銀行振り込み希望の方へ


Skype音声通話又は銀行振り込み口座確認を希望の方へ

銀行振り込み先確認者は、希望のプランと振込先確認というメッセージでご連絡ください。
Skype音声はあくまでも決済完了者のみコンタクトを取っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

このページの先頭へ