ワードプレスカスタマイズできないは問題?2018

wordpressカスタマイズ記事を見ながら実践している。

カスタマイズ系サイトに表示されているプラグインの設定方法を見てもうまくいかない。

カスタマイズページに投稿されているテーマの画像も違う気がする。

wordpressはテーマの変更だけでなく、時には情報を見ながら、設定を変更できることも多い。

wordpressカスタマイズできない

初心者ほど、カスタマイズの公開情報をチェックしたがる傾向もある。

例えば、コメント欄のメールアドレスを外すなども変更希望者も多い。

しかし、以下のような問題が最近は増えている。

公開されている情報と実際のwp管理画面上の画像が違う!

この点は、やはり徐々に2017年より前のwordpressのバージョンアップ前のブログでの使用中の関連情報公開が増えている事も原因として考えられる。

中には、2016年ころにシェアしている運営サイトの人はやはり私も同じように前の情報になる可能性はあります。

解決するためのブログ内に使用中の画像などは、なかなかまとめと言うよりは更新しきれていないこともあったりする。

無料の情報は確かに便利。

しかし、アフィリエイトサイト運営活動をしている中で、便利やあった方が良いと思う内容を初心者にインストール方法などを紹介してるのは、あくまでその時。

実際に、公開された情報をチェックする時期によっては、初心者にとっては、何か違和感を感じる事が書いてあることもある。

実際にプラグインは、停止や既に廃止となっているものもある。

新しいテーマでは、過去は必須だったものも捜査上もうすでに機能として備わっているケースもある。

さらに、挑戦しようとした新しいカスタマイズ操作も、テーマによっては、受け付けないこともある。

ブラウザによる認識の不具合等はウェブサイトである以上、ワードプレスに限らず編集により追加や変更の機能反映の問題が起こることもある。

私のサイトは、30代会社員副業,妻帯者という環境でネットビジネスに出会った。

アフィリエイトサイトを運営する手法により、脱サラ、起業,独立を達成。

この活動に基づくコンサルティング活動の一環として運営しています。

実際に私がこれまでに経験してきたワードプレステーマは以下のようなものがあります。

無料のテーマ(Simplicity)

有料のテーマ(TCDシリーズを複数,Stinger4,STORK,賢威,カラフル,シリウス)

デザインや機能、見た目もプラグインの相性もそれぞれが違う。

そんな中で、wordpressのカスタマイズができないという悩みを持つ初心者に今回は以下の項目でご紹介していきます。

ワードプレスカスタマイズできないはOK

ワードプレスカスタマイズと成功の関係

ワードプレスカスタマイズより重要な事

私自身もログインに苦労した最初の頃のアクセスのしかたもわけがわからない状態から始まった一人。

しかし、2年、3年という編集や追加、問題修正などもしてきたからこそ、何が必要で、今後は稼ぐうえで何を伝えるべきか?

このような点で、これからのアフィリエイト実践者を救っていきたいと思います。

wordpressカスタマイズできないもOK

wordpressカスタマイズできない悩み

アフィリエイトを実践していく先では、商品リンクを貼ったり、googleアドセンスの広告を画像の下に張り付けたりと細かな操作が必要。

画像の追加やデザイン変更等、ちょっとした機能を反映させたいと考える人も少なくない。

しかし、そもそもこういう本体の機能外の操作は必要なのか?

このように思ったのは、私自身も2017年になった後だ。

実際に、ツールなども駆使してまで、何かしようとしてる方もいる時代だからこそ、伝えたいことを解説していきます。

wordpressがカスタマイズできないのは制作側の意図

ワードプレスカスタマイズの必要性

ウェブサイトの制作だけでなく、wordpressテーマの販売も行っている会社が増えてきた。

毎年自分でも新しいテーマは何か試したいものが出てるか私も3月5月の上半期はチェックしたりする。

しかし、ユーザーが増え、読み込み時間の短縮やアイキャッチ画像の設置、いろいろな症状への質問も飛び交っている点が多い。

だからこそ、補足やよくある質問一覧みたいな項目を用意して解説している会社も多い。

このような購入して導入後の管理内容や調べてやっているユーザーには、会社も必死に対応している形跡を残す動きが感じられる。

しかし、そもそもこの管理結果における固定ユーザーたちは、何を有効として何を違和感や不服と感じているのか?

その対象は、正直かなり性能的な面が多いと聞かされた。

pocketは本当に必要なのか?

アーカイブ機能やボタンの残す残さないの問題!

症状緩和の為のデザインの見直し点の洗い出し。

エラーを最小化させるためのシステムのコンパクト化。

このような課題が山積している状態。

protection機能も今後はコピーやスパム防止等さmざまな問題が反映しないために必要になってくるはず。

サイバーハッキングの増加はwordpress普及により急激に加速している。

こうした対処まで考えると、あまりカスタマイズにより、変に自由度を上げる事が決してメリットにならない事も多い。

つまりは、製作者側からしたら、そのままのデフォルトの状態で使ってほしい!

この意図が使い方の案内でも操作解説ページでも見えてくる。

wordpressがカスタマイズできないのはエゴ?

ワードプレスカスタマイズ不要

アフィリエイトを実践している初心者が求めるカスタマイズの代表例に、デザインという視点が強い。

特にワードプレステーマを問わず多いのが、ヘッダーをカスタマイズしようとする動き。

この点も実はサイトの設定上のデフォルトの方がseo対策に有効な点も多いそうです。

実際に、サイト訪問者への投稿を行ってるのは、多くの環境がパソコン。

そうすると、ホーム画面が陳腐に見えたりする部分もあるかもしれない。

しかし、サイトに訪れるユーザーの多くは、検索をスマホやタブレットで行っている時代。

こうなると、そのヘッダーカスタマイズ情報の価値はかなり微妙。

つまりは、必要ないことを必死に設定しようとしている場合も多いのです。

 

wordpressカスタマイズと成功の関係

wordpressカスタマイズできない価値

私自身が実際にアフィリエイトを通じて、アドセンスと物販併用資産サイト構築術を実践していく中で、本当にカスタマイズに意味があるのか?

こんなことを感じた2018年実践の考え方をご紹介していきます。

wordpressカスタマイズはSEMに価値がない?

wordpressカスタマイズとsem

アフィリエイトはそもそも記事コンテンツの文字情報による価値の伝達が必要なウェブサイト。

なのに、ヘッダーやフッター、相談フォームやら装飾タグ!

こんな作業の多くを初心者や稼げない人は、オリジナリティや独自性などと言ってこだわりを持ち始める。

しかし、そのサイトのデザインへのこだわりは実際に、ユーザーに価値として届くだろうか?

稼ぐ人のサイトとして、私のコンサル生募集ページなどもいい例だと思う。

私は、会社同士のビジネスコンサルティングも行っている。

しかし、実際に公開しているサイトは、決してこのサイトと大差はない。

しかし、記事コンテンツ内容で集客に必要な情報提供を心掛けていくからこそ、相手の欲しい情報として反応が取れる。

これが本来のアフィリエイトをワードプレスで実践する価値だと思っている。

では、この視点から、カスタマイズができない事は問題になっているのか?

この答えは、結論としてNOとなる。

だからこそ、今あなたがこれからの活動でワードプレスカスタマイズにこだわる時間の余裕があるなら、もっと学ぶべきことに集中した方が良いと思う。

 

ワードプレスカスタマイズより重要な事

ワードプレスカスタマイズできない

ワードプレスがカスタマイズできなくてもアフィリエイトは稼げる。

そして、その意味を知って、あなたがもっと違う角度で学ぶべき内容をご紹介していきます。

アフィリエイトでワードプレスを使う価値

wordpressカスタマイズと稼ぐ力

ワードプレスで記事を公開するという作業そのものはブログであるからこそ、更新も非常に簡単になる。

結果的に、htmlの専門知識が不要で、ある程度型が出来た中でコンテンツのみを入力していくだけである。

つまりは、アフィリエイトでは、以下の3つ以上の価値ある知識は存在しない。

キーワード選定。

記事の書き方。

記事の更新速度や外注スキル。

この3つさえあれば、カスタマイズなんて知らなくても稼げる。

逆に画像すら、外注する事で稼げる環境も普通にあるのです。

貴方がこれからアフィリエイターとして活動をしていきたいなら、まずはこうした基礎部分に時間と労力を集中されることを私は強くおすすめします。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。

アフィリエイト講座受講生随時少数募集中

アフィリエイト初心者コンサル生募集中
アフィリエイト月収10万円保証付プラン
アフィリエイトコンサルや高額塾経験者限定
Googleアドセンスアカウント取得審査代行
決済が完了した方は、下のフォームからでもご連絡可能です。
アフィリエイトスカイプ音声希望日連絡フォーム

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ