E-A-Tとは?GoogleのSEO対策で高品質コンテンツになるおすすめの施策方法

Gooleの検索エンジン上位表示対策として求められる条件に加わったE-A-T。

E-A-Tの評価基準を満たしていくことは必要不可欠になりました。

E-A-Tとはどのような考え方なのか?

具体的には、どのように対策をすればよいのか?

E-A-Two意識したブログの運営ポイントについて解説していきます。

E-A-Tとは

SEO-E-A-Tとは

E-A-Tとは、Googleがオリジナルで定めた評価基準の頭文字。

それぞれの意味は以下の通り。

E Expertise 専門性
A Authoritativeness 権威性
T Trustworhiness 信頼性

Expertise(専門性)

専門性のポイントは、メインコンテンツ(略してMC)の内容。

  • 詳しく記載されているのか?
  • 専門的に述べられているのか?
  • 価値を得られる情報と言えるのか?

という点を観察されています。

どういうことなのか?

  • テーマが統一されていること
  • 問題の解決方法の開示
  • 新しい情報(鮮度)
  • 情報の網羅性

浅く広くといった考え方では不十分。

深く知るためには何を必要としているのか?

例えば、会社を退職することについての情報を検索します。

この時、以下のような違いが生まれます。

  1. 退職届等の用語の説明のみのページ
  2. 退職届の申請方法や準備、手続きなど具体的な情報を関連ページで用意している

どちらのほうが専門性があると破断されるでしょうか?

もちろん、2のほうが優れた価値のあるコンテンツと第三者も判断するはずですね。

つまりは、

  • コンテンツはどの程度のシェアや共有などを受けているのか?
  • そのサイト(ブログ)の運営者情報までSNS等で言及が広がっている

こういうネット全体の動きを観察しながら、ユーザーにとってのわかりやすさや参考になった等の反応を含めて判断しているのです。

Authoritativeness(権威性)

権威性が高いとはどういうことなのか?

例えば、高品質な記事を書いたとしてもその書いた人は信用ができるのか?

いわゆる「誰が」という情報開示が重要になってきました。

なぜこのようなことが行われているのか?

その答えとして代表的なのが、記事の外注化への疑問です。

ではどのように対処をしておくべきなのか?

自分自身や自社の属性情報をSNSを含めてきちんとより多くのメディアやサービスで登録をしておくことが重要です。

Trustworhiness(信頼性)

  • オリジナリティはどの程度あるのか?
  • サイトやページは安全なのか?

このような点が求められているのです。

具体的には、

  • SSL化を標準化している
  • 運営者情報や企業情報等が開示されている

つまりは、個人であれ、法人であれ、その企業や人物の情報をより公開しているかどうか?が問われています。

Googleのガイドラインを見る

Googleの公式サービスの中には、さまざまな情報が開示されています。

最高品質のページに求められる条件とは何か?

この答えとしては、以下のキーワードに注意が必要。

  • 十分な量
  • メインコンテンツ
  • 肯定的な評判

これらが意図する対象は何か?

この答えを追求していくことが私たちの課題となっているのです。

 

EATとYMYLの違い|対処法は違うの?

EATとYMYLの違い

E-A-Tの存在を初めて知った人は、関連する情報も知っておくことが大切。

YMYLとは、「Your Money or Your Life」の頭文字。

日本語に訳すと、「あなたのお金やあなたの生活」

つまりは、生活に影響力与える度合いが強い対象に対してより専門的な知見を求めるということ。

健康系の情報コンテンツにおける問題はこれまでにもいろいろありました。

  • サプリメントの過剰広告
  • 医療広告ガイドラインの変更
  • ビフォーアフターなどによる変化の誤認の心配

他にもメインコンテンツの中に間違った内容が含まれていると健康や財産を脅かされるリスクのある対象がすべて関係します。

YMYL対象ジャンル

  • 医療
  • 保険
  • 金融

上記のようなジャンルは、ショッピングのような対象でもかなり中止される傾向があります。

 

 

E-A-Tが関係ないジャンルもある

EAT関係ないジャンル

必ずすべてのジャンルやカテゴリーが対象ということではありません。

例えば、

  • 個人ブログ
  • 趣味ブログ

こうした対象であれば、そこまで専門性や権威性を求めらることがありません。

しかし、ビジネスとして提供されているのであれば、検索エンジンマーケティングを意識することが大切です。

 

E-A-T評価改善には時間がかかる

もし万が一、E-A-Tの影響で順位を大きく下げたというページがある場合は、どうしても時間がかかりやすい。

単純に急に評価を変えるというのは難しいと思っておくことも大切です。

 

E-A-T評価改善に役立つ簡単な施策

EAT対策

自社メディアの信頼を取り戻すには何をしておくべきなのか?

この点ですぐにでも開始できる内容をご紹介していきます。

専門分野別に分ける

ジャンルもネタも問わずにすべてを同じURLで紹介するブログを雑記ブログと呼ぶ。

このような形になっているのであれば、改善する方法はあります。

例えば、

美容情報と旅行情報を混ぜているのなら、それぞれの分野で完全にURLを分けるという考え方があります。

こうすることで、共存ではなく、専門サイトが誕生するのです。

SSL化は標準化させる

Googleha,ユーザー体験(UX)の工場を目的に、HTTPS化を推奨している。

HTTPS化とは、暗号化された安全な通信方式をWebサイトに導入すること。

ネット上によくあるのが、

  • 資料請求
  • 問合せフォームの入力情報

個人情報を入力する場合の安全性を意味します。

サイト運営者とコンテンツ著者

Webサイト全体の信用のために必要なのが、サイト運営者情報。

その記事の執筆を担当した人が誰なのかを明確化するのが、コンテンツ著者。

誰が何を伝えているのか?

今の時代はこれがとても重要になってきたのです。

つまりは、どちらも掲載がないただのペンネームだけが記載されたサイトやブログには情報の信頼性がないのです。

この方法には、サーバー、ドメインの契約をした管理画面内にあるメニューでも代用することが可能。

それが、Whois情報の公開。

「Whois情報」とは、インターネットゆざーが誰でも確認が可能な下記のような情報です。

  • 登録者名
  • 登録年月日
  • 契約有効期限

こうした情報を公開させておくことが可能です。

オリジナルデータを公開する

どうしても同じネタを扱うと、似たような表現になってしまう。

でもその中でも少しでも専門性とオリジナルを融合したい。

こうなった時に役立つのが自分たちの経験や検証に基づく分析内容ややデータの開示。

これは、図や表を用いた表現をすることでより品質の高いコンテンツとして評価を受けやすくします。

SNSはフル活用

簡単にできる事としては、SNSを利用した運営者の知名度アップ(ブランディング)です。

被リンクを増やすためにも効果的です。

記事の鮮度を大切にする

昔公開したコンテンツが年号も内容も当時のままになっている情報はあり前んか?

特に3年、5年と年数が経過している記事は要注意。

もうすでに亡くなっているサービスやその内容が古いと分かってしまうような情報は基本的には更新をするようにしましょう。

指名検索増加も効果的です

例えば、パソコンが欲しい時、

社名を入れて検索する人もいます。

ブランド名、企業名、製品名等を特定の商品で検索する。

これが権威性として認められやすくなります。

わかりやすいのは、Googleサーチコンソール(GSC)の検索パフォーマンスで実際に指名検索が増えているかを確認することも大切です。

 

参考資料
Googleガイドライン

スポンサーリンク
私へのご依頼も対応しております。

アフィリエイトコンサル無期限講座

コメントを残す

サブコンテンツ

サポートメニュー

管理人氏名:錦織大輝
錦織大輝プロフィール
提供サービス

超初心者で、意味も用語も知らない方でも無期限対応!
コンサル受講希望の方へ
無料相談随時受付中

アフィリエイト講座セット決済済み又は銀行振り込み希望の方へ


Skype音声通話又は銀行振り込み口座確認を希望の方へ

銀行振り込み先確認者は、希望のプランと振込先確認というメッセージでご連絡ください。
Skype音声はあくまでも決済完了者のみコンタクトを取っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

このページの先頭へ