• 夢がない
  • どうせ自分なんて
  • 学歴なし、資格なし、スキルなしの自分では無理だろう。
  • 大人になって夢なんてなくなった。

諦める、惰性で生きているというのは、どこか楽。

学生時代には、やってみたことが自分の中で何か持っていたはず。

でも社会人になってから結局人生を諦めてしまう人は多い。

お金、人、モノ、時間。

この4つのいずれも持っている人と持っていない人では人生の中で見つける情報も全く違う。

でも常に自分の心の中で、不満が蓄積されている。

こういう人が目の前のある現実から抜け出そうと思って「人生やり直す方法」を探し始める。

20代30代40代の男女が目の前にある現実と将来の可能性を考える前にやってほしいことがあります。

このサイトは、Webconculアフィリエイター人材育成を主たる目的とした中で、人生の悩みを抱えている社会人、主婦に自分らしく生きる人生を考えるための情報配信を行っています。

サイト管理人錦織大輝と申します。

別にお金がなくてもそれなりの生活を考えることはできる。

別に人に関わるよりも一人で生きているほうが気が楽という考え方もある。

でももしその人生が変わる方法があるなら?それは聞いてみたいと思っている人に伝えたいことを綴っています。

今回の記事では、大人になって夢がない人生を歩む人に伝えたいことを以下の項目でご紹介しています。

夢がない大人の典型例

夢がない大人の心理状態

夢がない大人の脱出方法

なんとなくでも良いからやってみようと思って取り組んでみてください。

夢がない大人の典型例

  • 今までの経験に自信がない
  • 周りの目が気になる
  • 自分のやりたいことが見つけられない

順にご紹介していきます。

今までの経験に自信がない

人生は、みな同じ時間の中で何かを経験している。

その中身が薄いとか濃いという表現をしている人は多い。

例え辛いことや後悔ばかりであったとしてもそれはその経験がきっと役に立つ未来につながっている。

この気持ちを絶対に忘れてはいけないという話を私はよく周りに伝えている。

私も最初は正直この言葉の意味が分からなかった。

でも40代という年齢になって、結局人生には必要ない経験は一つもなかったと素直に言えるようになった気がする。

  • 転職を繰り返す(が続かない)
  • 会社でも家族でもプライベートでも人間関係がうまくいかない
  • 趣味ややりたいことが見つからない

自分の人生で立ち止まってばかりという人もその時間を少し先の未来で振り返るとその意味が見えてくるようになる。

まずは、生きている事にも経験にもすべてに意味がある。

この言葉を意識してほしい。

周りの目が気になる

  • 世間体
  • 親や家系、家族の意向
  • 周りの友達を見て比較してしまう

誰も何も言っていない状態でもいつしか自分が一番ダメな人間と決めつけていたという相談は多くなった。

結局、何か物事に挑戦する時にも自分の人生を考えるより周りの目を意識した上で行動を起こしている。

誰かのためと思ってやっていけるのは、男性だけだ。

女性にはその行動は長続きしない。

 

夢がない大人の心理状態

なんでこんな生き方になって絵しまったのだろう。

こんな疑問を抱く人に伝えたいことをご紹介しています。

失敗を恐れる

社会人になってから、学生時代とは大きく異なる変化が生まれる。

そのキーワードは、失敗だ。

  • ミスが許されない
  • 仕事が覚えられない
  • 仕事ができない

こんなキーワードが実際に年代を問わず多くなっている。

つまり、簡単に言えば、ものごとをこなすことに感動をするよりも、失敗をすることへの恐怖心のほうが高まっている。

これでは、極端に言えば、外に出ることすら、できなくなっていく。

日本の評価の対象と教育方針

学生時代から順位や点数のみに評価されて生きてきた。

ある意味、これは努力という大切さを学んでいるのだと誰もが大人になって気付かされる。

実際に、スポーツ選手の中でも、求められるのは、結果のみ。

メダリストに与えられるメディアからの賞賛やCMオファーなどの待遇。

別にその人たちが本当に努力を積み重ねた事まで否定をしているわけではない。

でももっとメダリスト以外の人たちにもこれからのためにつながる環境を作ることを考えてはくれない。

結果が出ない人は力なきもの。

成功した者のみが、満足をできる。

この仕組みがいつの頃からか、自分の中で限界を感じさせたり、心に壁を作り始めるきっかけになっていないだろうか?

 

夢がない大人の脱出方法

あなたが今の環境から抜け出す方法を知りたいなら、まずは本を読むとかそういうことではないやってほしいことがあります。

繋がるべき人を探す

人生は本当につながる人次第で大きく変わる。

私も自分の人生を振り返ると、いつも「誰か」に救われてきた。

  • 過去の偉人や哲学者の発想
  • 現代で活躍する人たちの発言
  • 自分の周りで尊敬できる上司や仲間の思考

これからも多くの人たちとつながりながら、新しい発想を手に入れたい。

つまりは、人が変わる原点は、「人」に始まるのだと私は伝えたい。

誰に関わるかだけで大きく変わる。

今の自分の周りがもし夢なんて叶わないのが当たり前と語り合うのであれば、それは、縁を切るべき対象だと伝えたい。

プラス思考で、考え方をシェアする関係

これが本当の意味で必要になっているのだということに気付いてほしい。

心の声を聞く

  • 潜在意識
  • スピリチュアル

こんな表現が目立つ世界ではあるが、自分がなんでもいいから夢を設定する。

その結果にたどり着くための一歩を具体的にノートなどに計画を記入する。

そして、しっかりその内容を必ず体験していく。

私も悩んでいた時に常に結果を追い求めていた時期がある。

その自分は、本当に辛いし、苦しい。

でもまずは自分をしっかり持つことが何より大事。

そう考えると、結局は、自分をしっかり見つめ直すことが原点になる。

自分の強みとか長所、アピールポイントなんて探し出すのは簡単。

それよりも、今の自分のネガティブな発想の原点はなんなのか?

この答えを知らないままの人生では誰も根本的には変われない。

その自分を含めてすべてを受け入れた時、人生は初めて自分でコントロールできるようになる。

この考え方を少しでも意識してほしい。

もしあなたが一人で抱えていて、誰にも相談ができないと悩むなら、いつでも無料で人生相談を対応しています。

最後に一つ。

あなたが生きていることにも理由があるし、人は必ず幸せになるために生まれてきた。

漠然とした今の思考も未来のために経験しなければいけないこと。

いろいろ迷っているあなたにもその思考の先にある選択肢が少し先の未来に関わる人を選ぶ候補になる。

こう考えていけば、1つも無駄な思考はない。

たくさん悩んでたくさん迷って、答えをすぐに出す必要はない。

でも常に少しでも明るい未来につながるために今がある。

だから、今悩んでいる自分すら愛おしいと自らを大切にしてあげてほしい。

これが一番人生の中で大事なんだと思う。

コロナ禍は諦めの理由ではない

2020、2021と毎日がコロナの影響で怯える日々になった。

でもそれは私にとっては少しも影響しない。

全く関係ないと言っても過言ではない。

なぜか?

それは、結局はインターネットでビジネスを行うスキルを手にしているから。

ネット上での活動でも、閲覧者というユーザー(人)に関わるための道は開ける。

問題は自分自身の存在を一人でも多くの人に伝える行動を起こすこと。

たったこれだけのことをなぜわからないとか失敗を恐れて行動をしない?

本当にもったいないことをしているということも気付いてほしい。

どんな職業に就職しても結局は、その商売を通dケルためには誰かがお客さんになっていることが絶対条件だ。

だったら、ネット上で人の心に伝わる方法を考えることを伝えるスキル。

自己ブランディングこそが、これからの自分の人生の時間を豊かにする武器になるのでは?