• 記事って何文字くらい書くの?
  • 記事になぜ文字数が関係あるの?
  • キーワード選定が出来ていれば、seo対策になるのでは?
  • 記事1つの作成の時間がかかりすぎるから多くは書きにくい。
  • 文章的にも関連記事で書けば見やすくなるのでは?
  • 文字数を使った内容もあまり変わらなかった。

記事文字数アフィリエイト2018

ブログやサイトを見て、どのくらい文字があればユーザーは納得してくれるのか?

ページが表示された瞬間から、スクロールを数回行うだけで書いてある情報が少ないと感じたら相手はどう思うのか?

記事文字数アフィリエイト悩み

アフィリエイトに限らず、何を書くのかはその人の自由。

しかし、seoを意識した時には、書いた方が良い情報と書く必要がない情報もあります。

seo対策アフィリエイト

検索結果で上位に表示されなければ、アクセスも集まりません。

しかし、上位表示ばかりを考えたら、何を書いたら良いのかわからないという人は非常に多い。

アフィリエイト記事数実践記

 

サイト管理人錦織大輝と申します。

私は以下のような活動をしてきました。

錦織大輝2015年1月トレンドアフィリエイトアドセンス参入。

2015年9月物販アフィリエイトasp案件取り扱い開始。

2016年2月アフィリエイト個人コンサル生募集開始。

2017年seo対策他集客マーケティングコンサルタント事業としてビジネスコンサルタント活動開始。

2017年10月12月とアフィリエイトセミナーを東京池袋、新宿で開催。

アフィリエイト無料セミナー2017年東京実績

2018年4月は有料アフィリエイトセミナーを東京池袋で開催決定!

2019年はビジネスコンサルティングを主に活動してきました。

現在は、以下のような活動を主にしています。

会社、企業から依頼のseo対策。

企業のLPライティング代行

集客マーケティングコンサルタント活動。

アフィリエイトサイト運営。

アフィリエイトとは、成果報酬型のサービスである。

アドセンスと物販併用でも1000万円はアフィリエイトで稼ぐことが出来るのは実証できました。

アドセンス1000万お金を稼ぐ方法

seo対策業者として企業の集客サポートをするのは以下のような実績が出て来てから。

アフィリエイトサイトseo対策実績2018錦織大輝

seo対策実績2018錦織大輝

この事をただ自分のお金儲けの事しか考えない適当な情報で上位表示して稼げればラッキーみたいな活動は私は否定していきたい。

今回の記事では、アフィリエイト記事の文字数に多い誤解や注意すべきポイントについて、下記の目次で開設しています。

アフィリエイト記事文字数の変化

アフィリエイト記事文字数に多い誤解

アフィリエイト記事文字数の成功方法

結論として、いくらseo対策をまとめたとしてもその通りには検索順位に反映されないこともあります。

文字は多いことがすべてとは限りません。

アフィリエイト記事の文字数の実態

記事文字数とアフィリエイト失敗

まず、自分で記事を作成する時に何を考えておくべきなのか?

相場や実態について解説していきます。

キーワード毎に異なる答え

記事文字数役目とアフィリエイト

まず最初にお伝えしたい内容は、コンテンツの文字数は、キーワードによって大きく異なります。

具体的に、以下の3つに私は分類をしながら考えています。

  • 1500~2000文字以下(物販系)
  • 3000文字以上(集客関係の記事)
  • 5000文字以上(広告を貼り稼ぐためのページ)

上記3つに分類をしています。

1500~2000文字以下のポイント

wordpressでも無料ブログでも結局は、文字を書かなければ他の人が見た時に何も書かれていないと感じられてしまう。

単純に人の目に入った時、少ないなぁと意識しやすいのが、800文字から1200文字。

その根拠は?

Yahooトピックスの中に掲載されているページは、実際1ページに対してそのくらいの文字数で書き進めているケースが多い。

この時、読者は、見出しが複数存在していれば、続きを読み続けてくれるかこうか?

さらには、関連する記事をわかりやすく提示しているのか?

この点が重要になります。

3000文字以上

見出しは意識的に使うようにしましょう

その上で、最適、最速、最短等いかにも怪しいキーワードを発見したら、その記事は読みたくない。

これは簡単で、運営しているのが、比とか個人かという問題。

5000文字以上

実際、私が意識しているのは、基本的に本を作っているような感覚です。

もちろん、これは、自分自身が相手に対して伝えたい事が多い時には書こうとする。

  • 全てを書こうとしない。
  • 見出しという項目をmenuのように考える
  • 最初にある程度、書く内容をピックアップする。

この準備をしていないとどうなるのか?

いくら内容を紹介していても関連する記事が少ない状態になってしまうからです。

あくまで、関連する記事を3つ以上用意する。

これくらいは書かないとそのブログにはリンクが少ないとユーザーはすぐに感じてしまうのです。

実際に約7000文字を書くというのも決して難しいことではないのです。

  • 問題は何を意識して記事を書くか?
  • 読者に何を伝えたいのか?

この2つがせめて用意されていないと準備もなく作業をするのは難しいのです。

記事文字数アフィリエイト2018実践

 

アフィリエイト記事文字数に多い誤解

 

2020年以降にこんなwordpressブログが増えました。

仮の読者とブログ運営者がチャットをしているような感じの会話形式。

この形式は、単純に文章というよりも読者がより簡単に読みやすくすることに気を遣ったスタイルと言える。

しかし、この形式の評価は一瞬でダメになった。

画像の使いすぎに気を配る

 

  • 画像は外部からコピーしたものも多い。
  • 読まなければ!と思わせるほどの内容が無い。

むしろ、最低限の内容にツイート他snsの組み合わせにしている傾向もあります。

これでは、いくら詳細の画像をたくさん使っていても意味がありません。

文字数稼ぎと思われる重複コンテンツ

  • 同じ事実を同じページ内にまとめとして何度も入れる。
  • わざわざ画像を使ってその下に画像に書いてある文字を詳細として入れているケース

これらは一時期には良い評価がありました。

しかし、現在はもうダメです。

レビューですら情報操作

アフィリエイト記事文字数の誤解

では、自分が紹介する商品を購入して口コミを書くというのはどうなのか?

読者のちょっとした疑問や質問にも答えようとするなら、非常に有効な方法文す。

使ったこともないし、基本の知識も全くない状態だから本で調べた内容を掲載しているだけの記事よりもよほど意味がある。

しかし、このレビューにも注意が必要。

意図的にダメな部分を隠すような情報の公開。

一時期は、商品のランキングがアフィリエイターの収益化の絶対的な存在でした。

しかし、これは明らかにインターネットビジネスとしてはおかしいのです。

例えば、3選、5選とユーザーに紹介してランキングを公開。

しかし、その順位はあくまで報酬単価の高い順に並べられただけ。

こんな意図的な情報操作を結論として掲載するアフィリエイターに限って、「一切の責任を負いかねます」みたいな情報を掲載する。

こんな作り方がネットビジネスとして正しいと思っているとしたら、大きな間違いなのです。

 

記事文字数目安とアフィリエイト活動

アフィリエイト記事文字数アドセンス用

記事を書くというのは実際にどういうことが大事なのか?

私が意識していることをご紹介していきます。

3000文字が目安

アフィリエイト記事文字数価値

私は記事を作る時にある程度、自分が何を伝えたいのかをすぐにイメージする。

今回の記事で言えば、少なくとも以下の点については触れておきたいと思ったのです。

  • 各文字数ごとの情報
  • 記事投稿の際に安易に文字を入れる時の思考
  • これまでにノウハウばかりを手にしたコンサル生たちがハマった悩みや理解できていなかった内容

メールやスカイプ音声などを通じて、私に寄せられた質問や悩み相談については最低限投稿しようと思ってご紹介しています。

つまりは、その人の悩みについて、網羅することを最初から考えない。

ある程度しっかりと的を絞っても良いからわかりやすく伝える方が初心者には大事になります。

これができてこそ、次に関連する記事や同じカテゴリーに新しい記事を投稿することができるようになる。

せっかく同じように時間を使って投稿するなら、質にこだわりましょう。

 

記事文字数とアフィリエイト市場変化

記事文字数アフィリエイトの変化

私が2015年からアフィリエイト市場に参入して少なくとも10以上の異なるカテゴリーに存在するジャンルで挑戦してきました。

しかし、この中で順位が高く、アクセスも安定するのはどういう特徴があるのか?

この点もご紹介していきます。

ユーザーの事を考える

記事文字数アフィリエイトのコツ

ただ順位が上位になったからそれで稼げるようになるのか?と言ったらそうではない。

あくまで最初にユーザーが訪れた時には、すべては読まない。

その特徴としては、以下のような流れがあります。

  1. まずスマホで全体をスクロースする
  2. その量や雰囲気で気に入らないと思ったら読まない
  3. 見出しを使っていないとわかりにくいと考える

このようにどんどん自分の知りたいことが簡単にまとめられていないと読まれない。

自分で作った記事を完全リライト

記事文字数以外のアフィリエイトのコツ

この記事も完全にリライトした記事。

過去には全く違う内容が紹介されていた。

しかし、読まれて良かったと思われる対象も時代とともに変わってくる。

具体的には以下のような流れがあった。

  • 読ませてユーザーに感情を揺さぶる記事が有効だった時代
  • 失敗した原因について考える記事
  • 商品レビューに関連するコンテンツ

このように、いったい何を軸として読ませたいのかが同じブログ記事の中でも大きく変わってきたのです。

つまり、コンテンツというのは、その時代のニーズに合わせてライティングは変化していくと言えるのです。

ライバルチェックとは何か?

アフィリエイトサポート2018

文字数に困って作業が中断する人も多い。

その傾向と対策をちょっと最後にご紹介していきます。

  1. まず自分のわかる範囲を全部書き出す
  2. 次にポイントや要素をユーザーにわかるように書いてみる
  3. ある程度自分の中にあるネタが終わったら、ライバルをチェック。
  4. 同じキーワードを狙う記事の中で項目を参考にして追記する。

この流れをもとに作業をすると非常に簡単に文字が増える。

ネットで記事を公開していると、なぜ長文にして網羅することがアクセスの安定化だと思っている人が多くなった。

しかし、これは決してそうとは言い切れない。

それはなぜか?

ネットを使う時間は多くの人が暇つぶし。

真剣に読み始める最初の時間から読み終えるまでに時間がかかると気付かせてしまうと今度は長いと感じるようになってしまう。

だからこそ、程よくタグやリンクを使って次の訪問の機会を作り出すことも大事。

これが本来のアクセスの安定化に重要なノウハウと言える。

 

文字数の悩みを他の記事で見ても参考になりますよ。

知恵袋での質問スレ