グーグルアドセンス審査2016通らない原因8月さらに激変

Google(グーグル)アドセンス審査通らない2016原因の違い

Googleアドセンス審査通らないという点について、私のサイトをご覧いただきありがとうございます。

会社員だけではなく副収入が欲しい方が挑戦してるGoogleアドセンス

素晴らしい収入源であり、社会貢献にもなるアドセンス審査に異変が!

サイト管理人錦織大輝と申します。

Google(グーグル)アドセンス審査を2016年以降で初心者が受ける為の最新情報をご紹介。

この記事では、以下の内容で、アドセンス審査の変化をご紹介しています。

Google(グーグル)アドセンス審査が2016年以降激変していく!

Google(グーグル)アドセンス審査が通らない原因探しのコツ

Google(グーグル)アドセンス審査を通す最新注意点

Google(グーグル)アドセンス審査が2016年8月以降さらに難易度アップ

Google(グーグル)アドセンス審査は2016年10月コンサルでも失敗してる現実

以上の内容についてご紹介していきます。

アフィリエイト実践で少しでも収入を増やすなら、ぜひチェックしておいて下さい。

Google(グーグル)アドセンス審査が2016年以降激変していく!

Google(グーグル)アドセンス審査が通らない時代が来た

Google(グーグル)アドセンス審査が激変の時を迎えました!

過去との決定的な違いをご紹介していきます。

Google(グーグル)アドセンスは審査も世界基準統一傾向!

決して、2016年以降に急変したわけではありません。

徐々にこの動きの序章は始まっていたのです。

しかし、まだまだ実践者が世界基準で見れば少ないGoogleアドセンス。

ですから、日本での表面化してくるタイミングが遅かったということ。

何が変わったのかというと、下の表のとおりです。

  アドセンス審査過去 アドセンス審査2016年以降
無料ブログ 審査対象 審査対象外
独自ドメインサイト 審査対象 審査対象

このように伝えると明確だと思います。

つまり、

2016年以降は、無料ブログを使ったアドセンス審査はほぼ全面廃止の動きが出ている。

これが、過去との決定的な違いと言えるのです。

なぜこんな動きが出ているのか?

この点については、私のアフィリエイト仲間との話で憶測が飛び交っています。

Google(グーグル)アドセンス審査に変化が起こった理由

Googleはアドセンスを立派な収益源の1つとしてこの先もサービスは続く商品。

しかし、「無料ブログという価値が、著しく低下している実態」

これは、ワードプレス普及が大きな原因の1つと言えます。

過去と現在のインターネット事情における決定的な違いといえば、以下のような考え方で当てはめることが出来ます。

過去は、ホームページは会社等しか持っていない広告宣伝の材料。

現在は、ホームページは個人も運営し、情報配信を出来る時代。

このような対象に変わっているのは多くの方も実感してると思います。

だからこそ、「価値を維持する。」時代に入ったのです。

この意味では、無料ブログの排除に繋がったのです。

所有者確認が、隠れてしまう無料サービスにおける責任感の弱さにメスが入った。

この動きにはもう訂正は無いと考えていくべきなのです。

Google(グーグル)アドセンス審査に変化は世界は先駆けていた!

このグーグルアドセンス審査に無料ブログが適応外になったのは、日本はかなり遅いそうです。

・ヨーロッパ圏内

・アメリカ

などでは、もう数年前からこの制度が採用されているのです。

よって、日本の何かが足りないから、アドセンス審査から外された。

こんな誤解をしないで現実を受け入れていきましょう。

では続いて、2016年以降のアドセンス審査が通らない原因探しのコツをご紹介していきます。

 

Google(グーグル)アドセンス審査が通らない原因探しのコツ

Googleアドセンス審査が通らない原因2016

グーグルアドセンス審査が無料ブログを対象としなくなった。

この動きに伴い、有料となる独自ドメインを取得しての審査が必須となった。

「では、この先のアドセンス審査に最も注意すべきことは何か?」

という点についてご紹介していきます。

Googleアドセンス審査に通らない時の原因探し1.記事数

もう多くの実践者が居る事から過去の審査通過のコツの方が目にする機会が多い現代。

ですから、少しでも2016年以降の最新注意をご紹介していこうと思います。

まずは、記事数ですね。

記事数は、過去には5から8記事、10記事、15記事などの情報が飛び交っていました。

しかし、今回アドセンス審査基準変更に伴い、こんな記事数では、審査の対象にもしてくれていないのです。

Googleアドセンス審査に通らない時の原因探し2.文字数

わたしが考えるGoogleアドセンス審査通過に通らない不安を持たない文字数。

それは、1000文字未満。

何故か?

所詮キレイ事ではなく、アフィリエイト記事というのは、1000文字以上が当たり前になりつつあります。

審査通過のためだけの記事という判断は出来ます。

しかし、将来に渡り広告主にとっては、広告運用費用を払う対象とされるサイトの記事。

こう考えるなら、あなたが今の自分のサイトに、自分が会社の広告担当者として見ても、広告を出したいか?

ぜひ自問自答してみて下さい。

1000文字未満のサイトの情報の質が高いと言えるか?

この答えをGoogleからアドセンス審査変更に伴い答えが来たのだと思います。

Googleアドセンス審査に通らない時の原因探し2.脱ニュース

芸能関連だけではなく、徐々に著作権等を企業も気配りをする時代。

よって、「過去に使っていた画像が急に掲載不可になる可能性。」

これは、もうアドセンス審査という一過性だけでは危険をともなうようになってきました。

長期の運用に切り替えるためにも、あえて脱ニュースとして扱うべきである。

この考え方は、より安全に運営していくために必須とお考え下さい。

Googleアドセンス審査に通らない時の原因探し3.個性

アフィリエイトで稼げない人も多い2016年。

しかし、挑戦している人は本当に多いと思います。

そして、これからも増え続けていくと思います。

そこで、Googleアドセンス審査にもコピー系記事への基準も高まりを見せています。

よって、似た記事内容に+アルファをするだけではもう小手先と言わざるをえません。

ですから、できるだけ自分の知る知識の中や体験を活かす記事を書いておく。

これが、アドセンス審査の原因探しにも必須になってくる。

こう私はコンサル生にも伝えています。

では最後に、Google(グーグル)アドセンス審査を通す最新注意点をご紹介していきます。

 

Google(グーグル)アドセンス審査を通す最新注意点

グーグル・アドセンス審査通らない対策2016

Google(グーグル)アドセンスにおける審査を通す為のポイントをいかにまとめていきます。

  • Googleアドセンス審査用記事の文字数は1000文字以上を目安
  • Googleアドセンス審査用独自ドメイン名は長期運用ベースで考える。
  • Googleアドセンス審査用記事数は過去の情報より倍以上を目安。
  • Googleアドセンス審査用記事コンテンツは1つのカテゴリにまとめておく。
  • Googleアドセンス審査用記事と考えずアフィリエイト記事をしっかり書いても良い。   
  • Googleアドセンス審査用記事でも雛形は整えておく。
  • 価値を高めていく

こうしたポイントをおさえておけば、Googleアドセンス審査通過後もあなたがサイト運営上困ることは無いと思います。

当然ながら、画像は無料画像のみを使って下さい。

では最後に、アドセンス審査が2016年8月以降さらに厳しくなったという話題についてご紹介していきます。

 

Google(グーグル)アドセンス審査が2016年8月以降さらに難易度アップ

アドセンス審査2016年8月通らない理由

2016年6月変更後の圧倒的な激変にあっけにとられている場合ではありません。

さらに、2016年8月にはさらに厳しくなる傾向になるアドセンス審査の状況が浮き彫りになりました。

実際のアドセンス変更に伴う内容をご紹介していきます。

アドセンスは3枚までは過去話?制限解除の落とし穴

従来2015.2016年とアドセンスを実践してきた私。

当時は、アドセンスは1記事に3つまでという規約が前提条件でした。

しかし、2016年8月下旬以降この3枚までという内容が完全撤廃されます。

つまり、アドセンスは表示させたいだけ数の制限はありません。

いやあ広告主を含めて、アドセンスがとうとう世界基準第2章をスタートさせたのです。

この報道に、感動してる方は大バカ者。

なぜか?

ただでさえ、実力主義と言われているアメリカの企業であるGoogle。

何でもかんでもサービスの大判振る舞いのはずはありません。

その分、価値のないサイトではペナルティを厳格化。

つまり、「広告主にとって価値のないサイトには掲載を停止させていただきます。」

新基準ができた事により、大きくアドセンス市場ではなく、SEO対策の観点が変わろうとしてます。

アドセンス審査が2016年8月以降さらに厳しくなるならどうすればいい?

私もこの点については、正直確信をもってすべてをお伝えすることはできません。

なぜか?

Googleは、アドセンス担当者がついても、実際にアドセンス審査と対応部署は違うから。

つまり、審査担当者と直接コンタクトをとれる機会を持つ方はほぼ皆無と言っても過言ではないのです。

そして、アドセンス担当者がすべてを情報を横流しで教えてくれることはありえません。

しかし、ヒントになる内容程度であればなんとなくは伝わります。

・実際に更新している頻度(記事数の課題)

・公開してる記事のオリジナリティ強化(目視チェックの増加)

・情報の信ぴょう性だけではなく、広告主の利益につながる記事であるか?(内容の質)

このようなポイントは、2016年8月以降はさらに確実に強化されていくことを視野に入れた対策が必要。

つまり、アドセンスはアドワーズ広告主の利益に沿わないサイトは排除対象としている。

この意識を十分に自覚しながら、各記事を更新したり後悔していく必要が問われているのです。

ぜひ今後のアドセンス審査にも注目して、ふるいにかからない安定感のあるサイト運営を目指していきましょう。

以上が私がこの記事でご紹介したかった内容。

この記事を見てわからないことやこれからアドセンスをやってみたいと思う方はお気軽にご相談下さい。

・稼ぐための有料コンサル

・稼げない時の無料サポート

いずれかの内容でしっかりご紹介していきます。

しかし、

「アドセンス審査がとおらないから原因を教えて下さい。」

この情報は、有料コンサル生限定のご案内となっています。

1つだけ原因をご紹介しておきます。

自分らしい記事を書くのは、ただの日記も時間の問題で通らなくなります。

2016年はGoogleアドセンス審査における悩みが6月以降もますます増えることが容易に予想されます。

有料コンサルを受けてるのに、原因を教えてくれません。

こんな相談も私の元に盛んに届くようになりました。

私は独自ルートを持ち、SEO業者等にもコンタクトを取っています。

今の有料コンサルを解約して私のコンサルを受ける方も多い2016年。

ぜひあなたの今を改善し、少しでも稼げる環境をご用意できると私は確信しています。

 

Google(グーグル)アドセンス審査は2016年10月コンサルでも失敗してる現実

グーグル・アドセンス審査に通らない2016年10月相談体験

2016年10月という時期にこのパーツを追記しています。

2016年10月も新しいコンサル希望者の仲間が続々と集まってきている私の2刀流マスターズ講座。

まずはアドセンス審査を通過させたいと思いコンサルを受けても落ち続けたコンサル生!

2016年10月のコンサル生の中には、こんな方もいました。

記事の添削をしてもらっていますが、落ち続けています。

どうしたらアドセンス審査に受かりますか?

もうこの答えに無料で情報公開をしている事はありませんので、もし本気でということでしたらという事でコンサルをご案内しました。

そして、支払いを終えた時、彼のサイトを拝見して、受からない原因は、いくつか該当がありました。

すぐ修正をするように依頼をしています。

なぜこのポイントを過去のコンサルをした人は見落としているのか?

こんな質問を彼から頂きました。

しかし、この答えには、仕方ないという声も含まれると伝えています。

何故か?

以下のような条件の方の場合は、アドセンス審査に落ちる原因を見抜くのも難しくなるケースが有るのです。

・過去のアドセンス審査から何年も経過している。

・最近はもうアフィリエイトコンサルをしていなかった。

➢久々の再開という形でアドセンス審査対策から対応をしてる人

こうしたケースでは、感覚の違いではなく、本当に知らないケースもあり得ると思います。

私も2016年8月最初の頃は正直焦りました。

しかし、コンサル生の努力を一緒に支えている間に自分なりの答えから、確信に変わりました。

アドセンス審査に落ちた時決定的に違う受かる人と落ち続ける人の差

アドセンス審査に落ちた時、その後の対応力で、この人は受かると解る瞬間があります。

その違いの中心は、メンタルです。

アドセンス審査に受かる人の気持ちというのは、清々しいほどです。

・落ちる前提くらいでいますから、大丈夫です。

・アドセンス審査前の添削をもう一回この記事が不安なんで見てもらっていいですか?

➢人を疑うより、まずは自分の愚直な行動に疑問と疑いを持って行動につなげる気持ち。

こうした行動を見ていると、私自身も次こそは通してあげたいと思えます。

私の添削の目が行き届かなかった過去には悔いるシーンもありました。

しかし、2016年10月に入り、一発通過を果たしてくれた方のお陰で、全てがスッキリしました。

アドセンス審査は、広告主の為の審査である。

この気持ちを持って取り組んでみて下さい。

本気で稼ぎたい方は、月収10万保証付きコンサル生期間限定募集にて、ご紹介しておりますので是非参考にしてみてください。

私は情報商材をあなたに紹介する事はありません。

「あなたが個性を活かし、アドセンスで副収入を稼ぐ」

このサポートをさせていただくだけです。

それでは最後に、

「本音で語ろう!」

飾らない、社交辞令ゼロの稼ぐ為の情報をこれからも配信していきます。

私のコンサル生が2016年10月アドセンス審査一発通過をしました。

報告画像付で審査通過者の実戦までの様子をご紹介してますので、お役立て下さい。

当サイト人気コンテンツ

人生やり直したいがアフィリエイトのきっかけNo1ワードプレス記事内画像挿入方法物販アフィリエイトとはトレンドアフィリエイトアクセスアップアフィリエイトコンサルの全貌

6 Responses to “グーグルアドセンス審査2016通らない原因8月さらに激変”

  1. 森末 より:

     音声ありがとうございました。

     今回も新たな気づきを得ることができました。方向性はしっかり決まりましたので、引き続き楽しんでいきます。

     方法よりも先に必要な原動力。この部分が理解できるのが何よりの強みですね。また、よろしくお願いします。

    • wpmaster より:

      毎回私もコンサルしながら教わることがあり助かります。
      初報酬から月収10万円までは成功恐怖を捨て去り当たり前を語りあえるよう私も全力でサポートします
      今後もよろしくお願いいたします

  2. 尾上浩昭 より:

    先生、私は75歳のパソコン音痴老人です。

    グウグルアドセンスに興味がありご相談します。

    1 パソコン初心者でも頑張れば何とかなりますか。

    2 費用はいくらでしょうか。

    • wpmaster より:

      尾上様
      コメントにてお問い合わせいただきましてありがとうございます。

      パソコン初心者のレベルにより指導料等も異なると思います。

      一度スカイプ音声にて、ご状況や尾上様の個性をおきかせ頂けたらと思います。

      コンサルの費用は、サイドバーの2刀流マスターズ講座のバナーから募集ページがございますので、ご確認下さい。

      ご年齢は全く関係ありませんので、お気軽にいつでもお声掛け下さい。

  3. 菊川 より:

    本日、初めて錦織様とお話させて頂き大変勉強になりました。
    今後はコンサル生として様々な事を学べると思うとより一層やる気がみなぎってきております。
    今後とも是非ご指導をよろしくお願いいたします。

    • wpmaster より:

      菊川様
      昨日は、お疲れ様でした。

      素敵な家族計画をお持ちのパパであり、
      今後の人生計画を真剣に悩まれてる事
      が伝わってきました。

      1つ1つ着実に進めていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

応援ありがとうございます。

Facebookページ

最近のツイート

このページの先頭へ

FX ブログ