Webマーケティングとは?初心者向けに簡単にわかりやすくまとめてみた!

スポンサーリンク
  • Webマーケターになりたい
  • 未経験者はどのくらい勉強時間が必要?
  • 今の仕事を続けながら勉強しても対応できるの?

こんな悩みを解消します。

Webマーケター関連記事。

 

アカウントプランナーに向いている人

スポンサーリンク

【現役が解説】アカウントプランナーの仕事内容はきついし激務?向いている人

マケキャン料金

マケキャン評判、口コミ【料金や転職満足度の実態】

今回の記事では、Webマーケティングについて、以下の目次で解説します。

Webマーケティングとは

Webマーケティングの特徴

Webマーケティングの必要性

Webマーケティングの歴史

マーケティングスキル【8つの分野】

Webマーケティングの集客方法

離脱率、回遊率、コンバージョンの改善方法

必要なスキル

パーソナルデータ管理の時代

レポートからの分析、解析

Webマーケティングに必要な用語

スポンサーリンク

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは、簡単に言えば、Web上から集客し、商品、サービス等の購入を促す活動のこと。

ビジネスをする上で、「広告」と呼ばれるサービスはウェブだけではありません。

  • 看板
  • テレビCM
  • ラジオCM
  • 雑誌、地方紙等の紙媒体
  • タクシーやバス等の広告枠への掲載

さまざまなサービスがありますが、あくまでオンライン上で行うサービスに特化したものをイメージするとわかりやすいのではないでしょうか?

マーケティングとは

マーケティングとは、「商品、サービスを売るための活動」を意味します。

商品やサービスを売るためには、何が必要なのか?

顧客に対して、以下のような内容が対象になります。

  • リスティング広告
  • 検索エンジン最適化(検索順位上位表示対策、SEO対策等と呼ばれます)
  • アフィリエイト広告
  • SNS広告

以上のような手段を使って、集客を粉います。

求められるスキルは、

  • 広告の選び方
  • 広告の見直し方、課題の発見と提案力
  • 広告運用
  • 広告の相互作用の検証
  • 広告による成果と今後の戦略

間違った戦略を実行しても、商品、サービスの魅力を感じてもらえません。

「情報発信」の方法と効果が顧客が欲しい状態になるように導くのが仕事になります。

 

Webマーケティングの特徴

Webマーケティングの特徴

Webサイトやブログ、広告に訪れた人の行動の履歴や特徴について解説できるスキルが求められます。

デジタルマーケティングとの違い

デジタルマーケティングという用語もあります。

デジタルマーケティングとは、IoTやフィンテック、デジタルサイネージ、VR等のサービスも扱っております。

Webマーケティングは、デジタルマーケティング内に含まれる以下のサービスに特化した分野です。

  • アフィリエイト
  • SEO
  • Yahoo,Google等検索連動型リスティング広告
  • Facebook,Instagram,TikTok等SNS広告
  • Eメールマガジン
  • YouTube動画広告

等を扱います。

 

Webマーケティングの必要性

Webマーケターの需要

ECサイトと呼ばれるインターネットショッピング。

Eコマーズと呼ばれる電子商取引市場は急速に拡大しています。

EC市場規模

スマートフォンやSNSの普及により、ネットで買い物をする人は増加。

2020年以降は、新型コロナの影響による「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」による外出自粛の動きが加速。

おさまったと思ったら、また感染拡大という繰り返しにより、店舗経営だけでは厳しいという声が広がっています。

  • 食品、飲料、酒類
  • 生活用品
  • 家具
  • 生活家電、AV機器 ,PC,周辺機器
  • 衣類、雑貨
  • 映像や音楽、
  • 自動車、自転車、自動二輪車

など幅広い商品がインターネットを通じてサービスを提供できる時代になりました。

最近は、旅行サービスもVR技術を用いたバーチャルでの体験を企画する会社も増加しています。

 

Webマーケティングの歴史

Webマーケティングの歴史

ウェブマーケティングを国内で有名にしたのが、楽天市場だといわれています。

1997年にショッピングモールサービスが開始。

この動きにより、インターネット上で画像の広告を出すという「バナー広告」の認知が広がりました。

GoogleやYahoo広告

リスティング広告と呼ばれるサービスは、2002年以降です。

こちらは、検索結果に基づくニーズに対して、的確な広告を配信するというサービスです。

1998年にGoogleは、ロボット型検索エンジンを発表しました。

その後に、広告サービスを開始。

2007年に急激に加速したきっかけ

iphoneの普及により、個人がパソコンが無くても、手軽にインターネット上のサービスを利用できる環境が整いました。

この動きに伴い、一般向けサービスが加速しています。

スマホ用のアプリ開発が急激に加速したのもこの時期です。

Webマーケティングは歴史が浅い

ウェブマーケティングは、そのサービス開始に合わせて、さまざまな条件の秋風が必要になりました。

  • アカウント開設
  • ユーザーとのつながり
  • 審査の通過条件の解析
  • LPO(ランディングページ最適化)
  • EFO(エントリーフォーム最適化)

などさまざまなツールが開発されたのが、キッカケで一気に広がりました。

 

マーケティングスキル【8つの分野】

マーケティングスキル

マーケティングには、さまざまなスキルが求められます。

  1. 収益プロセスの設計
  2. 各プロセスに対する課題の明確化(滞留数、遷移率の分析)
  3. 収益化におけるボトルネックを把握、改善の方法を提案
  4. ボトルネックを改善した先のライバルの動きをリサーチ
  5. マーケティング施策が失敗した際の次の策や成功の定義を決める
  6. 施策の実行と修正、検証を実施
  7. 振り返りにより、より精度の高いゴールを達成するためのルートを見つけ出す
  8. 安定的な結果を提供するためのプロセスを見つけ出す

マーケティングは、集客しましょうがゴールではありません。

常に変動する時代の流れや広告のルールの改善等の動きに合わせて、幅広い選択肢の中から、その会社のサービスや予算に合わせた提案を行うスキルが求められるのです。

 

Webマーケティングの集客方法

Webマーケティング集客方法

Webマーケティングにおける主なサービスをご紹介します。

SEO対策

SEOとは、search engine optimizerの略語。

日本語に訳すと、検索エンジン最適化となります。

ユーザーが関連するキーワードで検索をする際、検索結果の上位に表示させるための施策を行うサービスです。

E-A-Tとは?GoogleのSEO対策で高品質コンテンツになるおすすめの施策方法

リスティング広告

リスティング広告については、以下の記事で解説しています。

リスティング広告とは

Googleリスティング広告のやり方【自分でできる?】

アフィリエイト広告

アフィリエイトとは、簡単に言えば、提携するという意味です。

つまり、個人ブログやメールマガジンに会社の商品やサービスを紹介してもらうことで、誘導してもらう方法のこと。

成果報酬型のサービスになっていますので、顧客からの問い合わせや資料請求、商品購入などのアクションが発生した際のみ費用が発生するのが特徴です。

一方で、アフィリエイト広告は、消費者庁から指導や指摘を受ける場面もあります。

アフィリエイトとは?メリットデメリットとやるべき事まとめ

アドネットワーク広告

Google関連サイトやYahoo以外にもさまざまな検索エンジンがあります。

複数の広告媒体に対して、広告配信を行うサービスがアドネットワーク広告です。

SNS広告

Facebook,Instagram,TwitterなどのSNSユーザー向けに配信する広告です。

地域、年齢、興味関心のある内容を属性として、絞り込みながら配信することができるサービスもあります。

リターゲティング広告

一度、広告ページに訪れたターゲットに対し、バナー広告で最大30日、60日等一定の期間内で、不定期に広告を配信するサービスです。

しかし、ジャンルによっては、このサービスが配信不可能になっております。

メールマーケティング

Webサービスを利用した顧客が、資料請求やメールアドレスの登録等を行っています。

この動きに合わせて、ユーザーが商品を買い物かごに入れたくなるサービスを提供する。

例えば、期間限定キャンペーン、新商品の案内、クーポン配信等があります。

webセミナーの開催

コロナ禍になってから、オンラインサロンやセミナーの開催が活発化。

【認知とブランディング】

  • 直接、店舗に足を運ぶことなく、セミナー等に参加できる。
  • 退席も自由
  • 出席、離籍も自由
  • 業務を行いながらも流し見や流し聞きが可能

こうしたメリットがあります。

ベンチャー企業だけでなく、採用担当のブランディングや人材獲得のための学生向けセミナー等も有効です。

【toBに対する効果】

法人営業を行う際にも、こんな悩みがあります。

「土日祝日など企業側の勤務と店舗の勤務形態が合わない。」

こうした時にも、会場を用意する必要がありませんので、会場費も不要。

下準備として、机、椅子、プロジェクター等の機器設備の搬入も運搬も不要。

自分たちのオフィスの一室を利用して、いつでも簡単に先方にアプローチが可能になりました。

【検討中の方への繰り返しの接触機会】

ホームページやブログを読んでいる顧客に対しては、積極的に商品の特徴や他社との違い等をアピールしやすくなります。

直接人と人が話せる環境を用意することで、単純接触効果が期待できます。

【ニーズの発掘】

社内では、見えていなかった顧客側の心理や不安の材料等を発見することも可能です。

たった30分や1時間の中でも商談がまとまってしまうこともありますが、それ以外にも課題定義や解決策までをさまざまな企業から情報収集することが可能です。

SNS対策

インターネットの利用環境は、人それぞれ。

  • ほとんどを検索することで問題解決する人。
  • ほとんどをSNS上の書込みから情報収集する人。

どちらか一方のみに絞り込むだけでなく、幅広い潜在顧客を発掘することは中長期的な計画を立てる際に有効です。

自社サービスの認知、興味関心、教育、検討、行動という流れを作り出すためには、さまざまな仕掛けが必要です。

特に、ユーザーの口コミや感想には、SNSやアドネットワーク広告が有効です。

他にも、SEO対策ではなかなかライバルに勝てない新規ドメインの取得後には、多くのユーザーから興味関心を引き寄せることも可能です。

フェーズ 広告の最適化
認知 アドネットワーク、SNS広告、
興味関心 リスティング広告
教育 SEO対策
検討 リターゲティング広告
行動(購入、資料請求等) メールマーケティング

上記はあくまで一例となりますが、それぞれの広告の特性を活かすことが重要です。

 

離脱率、回遊率、コンバージョンの改善方法

Webマーケの分析、解析

では具体的には、どのように改善をするべきかについて解説します。

直帰率の見直し方

直帰率とは、Googleアナリティクスという無料ツールでデータの取得が可能です。

【直帰率が低い原因】

  • タイトルや説明文と内容がマッチしていない
  • ユーザーの求める情報にマッチしていない
  • サイト表示速度などユーザーの求める条件に合っていない

などがあります。

【直帰率を改善する方法】

改善方法は、以下のようなものがあります。

  • LPO(ランディングページ最適化)
  • SEM(Search Engine Marketingの略)で、検索エンジン上で行うマーケティングの総称を意味します。

外部施策や内部施策等さまざまな視点から見直しは可能です。

離脱率の改善

直帰とは、他のページを見ることなく、そのまま離脱した状態。

離脱とは、そのページから完全に関係のないページに移動してしまった状態。

【離脱をする理由】

  • ページ内の構成がわかりにくい
  • 価格やサービスがその人に合っていない
  • 情報が伝わっていない
  • 今ではない

などいろいろな理由があります。

【離脱率を下げる方法】

  • 回遊率を高めるという見方
  • コンバージョン率を高めるという見方

それぞれにやるべきことがあります。

コンバージョン率の改善

コンバージョンとは、そのページに訪れた方が実際にメールフォームからお問合せや予約、商品の行動、資料請求など具体的な行動を起こした状態です。

【コンバージョン率が低い原因】

  • 他の会社の魅力に勝てない
  • その商品の魅力が伝わっていない
  • どうすればいいのかユーザーがわからない
  • 問合せをすることに抵抗がある(迷っている)

【コンバージョン率の改善方法】

  • 分かりやすい説明
  • 行動しやすいフォームの工夫
  • 問合せを気軽にできる環境、条件の見直し

などがあります。

ストレスを感じさせないためには何が必要なのか?を具体的に考えることが大切です。

 

必要なスキル

Webマーケティングスキル

Webマーケティングには、さまざまな分野があります。

学生が起業する分野の中でもWebマーケティングはまだまだ専門のサービスが少ないのでチャンスがあります。

どういう部門に強いのか?

見込み客の育成が得意

属性の発掘が得意

コンバージョンへの誘導が得意

など多彩なチャンネルへの知識があるだけでなく、専門特化したサービスを提供する会社は少ないように感じます。

 

パーソナルデータ管理の時代

パーソナルデータ

近年、インターネット広告の質も大きく変わりました。

具体的には、ランディングページに掲載する情報の中身です。

  • ファーストビューに打ち出すべき情報は何か?
  • 関連性の高い見出しとは何か?
  • お客様の声は本当に信じてもらえているのか?
  • 価格は適正だと判断されているのか?

など「パーソナライゼーション」に注目する広告戦略が重要になってきました。

検索結果もその人の思考によって、若干異なります。

つまり、一度サイトに訪れたことがあるページの内容に応じて、機械的に分析、解析した結果が表示されています。

ただ単に、競合他社にだけ目を向けて一方的な戦略を立てるだけでは不十分。

まずは、対象の個人に注目することが大切です。

 

レポートからの分析、解析

Webマーケティングレポートと分析解析

マーケティングには、レポートが必須。

  • 費用対効果はどうやって分析するのか?
  • ページ内は、どこまで人が熟読しているのか?
  • 土のパーツで離脱が目立つのか?

など細かな情報をPDCAサイクルに沿って、見直しておくことが大切です。

 

Webマーケティングに必要な用語

Webマーケティング基礎用語

Webマーケターになることを目指すのであれば、まずは以下の3つの用語をチェックしておきましょう。

検索エンジン

検索エンジンとは、GoogleやYahoo、MSNなどインターネット上の情報を検索するシステムのことを意味します。

【検索エンジンの利用割合】

2021年11月における検索エンジン使用率(シェア)の割合をまとめています。

検索エンジン 過去12ヶ月の平均
Google 75.29%
Yahoo 24.21%
bing 0.20%
baidu 0.08%
DuckDuchGO 0.15%
Naver 0.01%
その他 0.07%

iphoneは普及しましたが、Safariを利用している人は少ない。

これは意外だと思われている企業も多いですが、実際にはYahooとGoogleで9割以上を占めているのが現実。

つまり、こうした検索エンジンの特徴だけでなく、使用されているブラウザの特徴も知っておくことが大切です。

スコアリング

スコアリングとは、見込み顧客の属性や行動を評価すること。

  • 興味関心を示す内容
  • アプローチの優先順位
  • 自社との相性

などをスコアにしていくことで、より精度の高い反応が取れるようになります。

マーケティングオートメーション【MA】

MAとは、顧客一人ひとりの関係構築を通じた収益の向上が目的。

  • 営業の自動化
  • 収益プロセスの効果測定

等を分析、解析しようとしている企業が導入しています。

顧客関係管理システム【CRM】

顧客関係管理システムとは、自社の従業員やサービスと顧客の接点を記録するシステム。

簡単に言えば、お客様の相談窓口をID・PASSを設けるシステムにしたり、スレッド化するなど、見やすくすることも関係します。

リード

リードとは、見込み顧客のこと。

「リードを獲得する」なんて表現で使われたりもします。

展示会、イベント開催等で個人情報を入手する。

来店された顧客にSNSの登録をしてもらうなど、見込み顧客にするための仕組みをつくるための戦略によく使われます。

参考資料

経済産業省

スタットカウンター

スポンサーリンク
スポンサーリンク
私へのご依頼も対応しております。

アフィリエイトコンサル無期限講座

コメントを残す

サブコンテンツ

サポートメニュー

管理人氏名:錦織大輝
錦織大輝プロフィール
提供サービス

超初心者で、意味も用語も知らない方でも無期限対応!
コンサル受講希望の方へ
無料相談随時受付中

アフィリエイト講座セット決済済み又は銀行振り込み希望の方へ


Skype音声通話又は銀行振り込み口座確認を希望の方へ

銀行振り込み先確認者は、希望のプランと振込先確認というメッセージでご連絡ください。
Skype音声はあくまでも決済完了者のみコンタクトを取っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

このページの先頭へ