Webライターの仕事がつらい,きつい原因【稼げない人の特徴】

スポンサーリンク
  • Webマーケティングなんて知らない
  • Webライターになれば、フリーランスで生きていけるかも!
  • 未経験の人も実践しながら学べるって本当?

そんな甘い世界ではない。

Webライターだけで生活していける人もいます。

一方で、やらなければよかった、失敗した、後悔しているという声も聞こえてきます。

この違いについて、ご紹介します。

今回の記事では、Webライターの仕事が辛い,きつい原因や稼げない人の特徴について、以下の目次でご紹介しています。

Webライターがきつい原因

Webライターとして月収20万円は相当きつい

Webライターを目指すメリット

初心者が稼げるようになるには

自由な人生とWebライターの仕事

スポンサーリンク

Webライターがきつい原因

Webライターはきつい

スポンサーリンク

安定して稼げるようになる人はほんの一握り。

こう断言できる根拠をご紹介します。

収入が不安定

副業にはきつい時間管理

順にご紹介します。

【収入が不安定】

仕事を安定的に獲得できるという保証はありません。

求人ページに掲載されている情報を鵜呑みにしないことも大切です。

【副業にはきつい時間管理】

会社員や本業のある人は、帰宅後に別の仕事をすることになります。

しかし、Webライターの仕事は、単に与えられた課題をこなすということだけではない。

  1. ニーズを調べる
  2. 既存のサイトを調べる
  3. 自分なりにまとめる

この3つを常に意識しなければいけないのです。

かなりの集中力と作業量を求められる。

これが、しんどい理由。

 

Webライターとして月収20万円は相当きつい

 

月収10万円、20万円、30万円、40万円。

数字だけ見れば、作業量を増やせばいいだけと思うかもしれません。

しかし、それが難しいから大変なんです。

超低単価から始まる未経験者

企業が人を使うことをやめた。

リストラによる人件費削減。

この後に、個人が業務委託や副業をするようになった。

企業にとっては、もっといじめやすい対象者になった。

パワハラと言われる心配もない。

仕事の依頼を辞めればいいだけ。

こんな対応で、こき使われている人がいるのです。

1記事作成時間1時間以上では無理

1記事何分で仕上げるのか?

この答えは、30分~50分以内に仕上げたい。

この数字はなかなかハードルが高い。

  • 記事タイトルを考える
  • 見出しを考える
  • 記事内容を考える
  • 記事の見直しをする

全てをスムーズに行えるようになるには、未経験の人なら数年の時間が必要だと思う。

仕事を受けても報酬にならない

仕事がまとまって入ってきた時には、ちょっとやる気になる。

しかし、そのモチベーションはいつまで続くのか?

勢いあまって数社と取引を開始する。

でも実際には、昼夜問わずパソコンの前に釘付けになる毎日。

休みの日も仕事帰りも関係ない。

こんな日々がいつまで続くのか想像したら、「終わりが見えない」

だって、業務をこなさないとお金が入ってこないから。

社会からの孤立と家族間の会話不足

独立しよう

起業しよう

簡単に言いますが、実際にやってみるとかなり孤独です。

ライターとしてフリーランスになった人は、特に人と話す機会が減ります。

なぜなら、外出する時間が減るから。

  • コンビニやドラッグストアで飲み物を買う
  • 昼食、夕飯で「ご馳走様」だけ。
  • 依頼主からの連絡にはすぐに対応

こんな生活をしていると、家族との会話も減ってくる。

 

Webライターを目指すメリット

 

「それでもWebライターになってよかったと思えることもたくさんあります。

  • 自由な時間が増えた
  • 自分で稼ぐ力が身につく
  • 収入がコントロールできるようになる
  • 組織の人間関係のストレスがない

順にご紹介します。

自由な時間が増えた

まず朝と夜の通勤時間が無くなる。

これはかなり大きい。

  • 身支度
  • 通勤ラッシュ
  • 自然災害や事故による遅延

通勤していた時にはいろいろあったけど、今はその時間がない。

これは、かなり楽。

自分で稼ぐ力が身につく

パソコン1台あれば仕事は可能。

SEOライティングで上位に表示させることができれば収益化の道は広がる。

例えば、

  • 自分のメディアを売却する
  • スポンサーを募集して広告を貼る
  • アドセンスやアフィリエイトで稼ぐ

などスキルの近い道はいろいろあります。

女性が在宅ワークを本業にする生き方

収入がコントロールできるようになる

フリーランスのWebライターになると、収入のコントロールをしやすい。

何故なら、新規で営業をする必要がなくなるから。

「毎月何本くらいの入稿でお願いします」

このくらいのスタイルで納品できる本数をコントロールできるようになると楽になる。

組織の人間関係のストレスがない

フリーランスと会社員で決定的に違うのは、人間関係。

会社員時代の上司、同僚、部下とのめんどくさいやり取りがない。

  • 周囲に合わせるのがめんどくさい。
  • 自分のペースで仕事をこなして帰りたい。

こんな人は、やりがいと生きがいを感じられるはず。

 

初心者が稼げるようになるには

 

きれいごとを抜きにして、初心者がやっていけるようになるにはどうすればいいのかをご紹介します。

  • WordPressを使う
  • ライティングを学ぶ
  • 自分のメディアで募集する
  • 紹介案件で稼ぐ

順にご紹介します。

WordPressを使う

まず最初に身につけるスキルは、WordPressでの記事の入力操作。

なぜか?

多くの企業が人材募集をするのが、WordPressでの操作。

スキルシートなどを提出する際にも重要になります。

ライティングを学ぶ

ライティングとは何か?

何が違うのか?

まず、基礎文章力という言葉があります。

しかし、記事の書き方は時代とともに変わります。

だからこそ、一過性ではなく、長期的に対応可能なスキルを身につけることが大切。

自分のメディアで募集する

自分のスキルが身についたら、自社メディアで情報を発信することも大切。

  • アドセンスで稼ぐ
  • アフィリエイトで稼ぐ
  • メルマガで自社商品を販売する

誰かからお金を受け取るのか?

この対象を広げる活動が安定への近道。

紹介案件で稼ぐ

企業とフリーランスを結びつけるマッチングサービスも広がっています。

  • クラウドテック
  • WorkShip
  • Wantedly
  • レバテック

など会社もたくさんあります。

ハードルは高いですが、稼げるようになると一気に収入も変わります。

自由な人生とWebライターの仕事

 

  • 自分の時間がほしい。
  • 家族との時間がほしい。
  • 会社に依存したくない

こう思ったら、Webライターは資格を取るよりも可能性が広がります。

自分の時間がほしい。

自分の時間は、自分でコントロールできるような生き方を選びたい。

だったら、自分で仕事を取ってこれるようになればいい。

そのためには、スキルが必要。

無資格でも始められるからこそ、おすすめです。

家族との時間がほしい。

家族との時間は、外出の頻度を減らせば可能になります。

在宅ワークで対応可能。

パソコン1台あれば、外出先でも無線Lan等のネットワークがあれば仕事ができる。

こういう仕事を探せば、家族との時間も増やせます。

会社に依存したくない

会社に依存するのは、収入がそれしかないから。

副業で掛け持ちバイトをするよりも将来は明るいはず。

人と関われば、その分ストレスもたまる。

新型コロナの感染も心配。

だったら、家の中にいながら、よくよくは在宅ワーク対応の会社に就職することも可能。

このほうが、依存せずに気楽に過ごせる。

自分のスキルを高めてから始めたい。

こんな人向けに育成講座を開始しました。

SEOライティング講座【無期限個別指導】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
私へのご依頼も対応しております。

アフィリエイトコンサル無期限講座

コメントを残す

サブコンテンツ

サポートメニュー

管理人氏名:錦織大輝
錦織大輝プロフィール
提供サービス

超初心者で、意味も用語も知らない方でも無期限対応!
コンサル受講希望の方へ
無料相談随時受付中

アフィリエイト講座セット決済済み又は銀行振り込み希望の方へ


Skype音声通話又は銀行振り込み口座確認を希望の方へ

銀行振り込み先確認者は、希望のプランと振込先確認というメッセージでご連絡ください。
Skype音声はあくまでも決済完了者のみコンタクトを取っております。


skype希望の方は、まずは、chatにてご連絡ください。
24時間以内に確実にご回答させていただくことをお約束します。

このページの先頭へ